記事 4089番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/7
言葉の森が考える新しい教育の可能性
森川林 2020/05/13 15:28 

 言葉の森は、30年以上前の設立当初から、オンライン教育の可能性ということを提唱してきました。
 コロナウイルスによる自粛規制に対応するために、即席で作られたオンライン教育ではありません。

 では、言葉の森のオンライン教育が、世間一般のオンライン教育とどこが違っているかと言うと、そもそも本来の目的が違うのです。
 今行われているオンライン教育は、空間や時間を超えるオンラインということが目的になっています。
 感染症対策のために学校に行けないから、自宅でオンライン学習をするとか、その時間の授業に合わないからオンラインの授業を動画で見るとかいう形のオンラインです。

 言葉の森の考えるオンライン教育の本来の価値は、共通の興味や関心を持つ人がコミュニケーションが取れることになるということです。
 大事なのは、参加者のコミュニケーションであり、参加者が相互に作るコミュニティ機能なのです。

 学校や塾で行われている20人や30人の集団をオンライン教育で教えたとしても、生徒と生徒のコミュニケーションは密度のの高いものにはなりません。
 先生が面白い授業を工夫して、一方的に子供たちに教えるという形の学習が中心になります。

 そういう授業は、子供にとっては受け身で聞くことが中心ですから、気楽で楽しいものですが、学習の密度は高くありません。
 その学習密度の薄さを埋めるために宿題が出されるようになりますが、その宿題は子供の実力に合ったものというよりも、易しい問題も難しい問題も一律に出される場合がほとんどなので、これも学習時間の割に無駄の多い勉強になっています。

 このような密度の薄い勉強をして成績を上げるために、子供たちの学習時間は、ますます長くなる傾向にあるのです。

 言葉の森のオンライン教育は、子供たちが自分で勉強に取り組むことを中心にしています。
 だから、できない問題は何度も繰り返し、できる問題は特に問題を解く必要はなく、問題と答えを照合して済ませることができます。
 そして、答えを見ても理解できないときに、両親に聞いたり先生に聞いたりする仕組みがあればいいのです。

 言葉の森のオンライン教育の大きな特徴は、子供たちが自分の学習や自分の考えをみんなの前で発表し、互いにコミュニケーションを交わす時間をとっていることです。

 勉強ができるということは、社会生活の一つの基礎ですが、現実の社会生活の中ではその勉強的な事柄を周りの人に伝え、他の考えや意見を吸収し、他の人との協力によって新しいものを作り出していくというコミュニケーション力と創造力が必要になってきます。
 優れた授業を聞いて勉強ができるようになるというだけでは不十分で、他の人と一緒に協力したり対話をしたりする能力が必要になってくるのです。

 言葉の森のオンライン教育は、単に時間や空間を超えた学習を目的としているのではなく、同じ関心を持ち、同じくらいの学力のある子供たちがコミュニケーションを交わしながら勉強を進めていくことを目的にしています。

 今後求められる学力は、知識や技能よりも、自分で個性的、創造的なものを作り出していく面が重視されてきます。

 このため、言葉の森では、学習の基本となる国語、算数・数学、英語などの教科の学習も自主学習クラスで行っていますが、子供たちの創造的な関心を発達させる創造発表クラスや、子供たちの思考力、表現力、感受性を伸ばす作文教育や、そこから派生した読解教育、暗唱教育に力を入れているのです。

 近い将来、AIの普及によって、これまで勉強の中心だと思われてきた知識は、人間が頭の中に詰め込んでおくものではなく、ある肝心のポイントだけを把握し、あとはAIに任せるという形のものになってきます。

 分かりやすく言えば、例えば、入学試験であらゆるものを持ち込み可、辞書でもスマホでもノーパソでもすべて持ってきてよい状態で入試に臨むというような形になるということです。

 今の社会生活は、こういう未来の入試と同じスタイルになっています。

 何でも持ち込み可の入試では、答えの丸写しができてしまうと言う人がいるかもしれませんが、そもそも丸写しできるような知識は、問題として出されるようなものではありません。
 自分の持っている知識と調べた知識を組み合わせて、新しくオリジナルなものを作り出せる学力が問われるような入試になっていくのです。

 こういう未来の学力に対応するのが、創造発表クラスや作文読解クラスの学習です。
 そして、その未来の学力の土台となる基礎的な知識はもちろん必要なので、国語、算数・数学、英語、理科、社会などの教科の学習は、能率のよい自主学習クラスでカバーしていくのです。

 言葉の森のオンライン教育では、子供たちがオンラインで学ぶと同時に、先生や事務局もオンラインで仕事をするようになります。

 この3月から、コロナウイルスによる休校対応のために、「朝のオンラインスクール」を立ち上げました。
 参加している子供たちの7割ほどが、言葉の森の生徒で、3割は生徒の兄弟や昔在籍していた生徒やあるいは初めて言葉の森に参加するという生徒でした。

 そして、教える先生の方も、言葉の森の作文指導を長年してきた先生ももちろんいますが、生徒の保護者の方や、Facebookで言葉の森のことを知っていたという方が、いろいろな形で参加してくれました。

 言葉の森は、この新しいオンライン教育のスタイルを発展させて、作文読解クラス、創造発表クラス、自主学習クラスの教育を広めていきたいと思っています。

 朝のオンラインスクールは、今後の自粛解除に伴って、一部の午前中の時間帯を覗いて縮小します。
 子供たちがここで身につけた学習スタイルは、今後、夕方16時から21時ごろまでの自主学習クラスや創造発表クラスや作文読解クラスで継続していかれるとよいと思います。

 また、朝のオンラインスクールでお手伝いをしてくれた講師の方も、今後、夕方の「森のオンラインスクール」に参加していただけるとよいと思います。

 現在、森のオンラインスクールは、時間割を改定中ですのが、詳細が決まり次第ホームページなどでお知らせします。
(つづく)
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定6月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンラインスクール(0) 言葉の森のビジョン(51) 

コメント欄

森川林 2020年5月13日 16時52分  
 久しぶりの記事です。
 朝のオンラインスクールが始まったため、パソコン10台ほどの操作だけですが、それらの操作に時間がとられるため、なかなかほかの仕事ができなくなりました。
 いずれ、オンライン教育だけでなく、事務局体制もオンラインでやっていく予定です。

 朝オンは、毎日のべ100名ほどの生徒が参加しています。
 5人以内の少人数で、実習+個別指導+交流という学習スタイルは、生徒も先生も初めてという人が多かったのですが、みんなすぐにこの勉強の仕方に慣れたようです。

 今、全国各地でいろいろなオンライン教育が始められていますが、言葉の森のような5人までの少人数クラスで対話と触れ合いのある教育を行っているところはほかにないと思います。

 10人以上の生徒を相手にしたオンライン授業は、どんなに授業を面白く工夫しても、個々の子供にとっては無駄の多い、退屈な、参加のできない、くたびれるものになると思います。
 これに対して、朝オンは、密度の濃い学習のわりに子供たちはくたびれません。
 それは、自分から参加できる面が多いので、勉強というよりも友達との交流という面が強いからだと思います。

 この新しいオンライン教育を、これからも進めていきたいと思います。


サッカー少年母 2020年5月22日 13時45分  
初めのうちは、緊張しながら参加していたようですが、言葉の森で勉強するのが毎日のリズムになってきました。顔なじみができ、他の都道府県のお友達の話をきけるのが刺激になっているようです。算国理社助かっていますが、作文は特にすばらしいです。作文を毎日続けることで、自信がついたようです。

森川林 2020年5月29日 10時46分  
 サッカー少年母さん、ありがとうございます。
 少人数のクラスだから、友達のような関係になるのも早いですね。
 このコメントは、質問掲示板の方にも転載させていただきますね。

コスモス 2020年5月30日 11時47分  
 朝オンで記述のクラスをいくつか担当させてもらいました。
 生徒さんたちが、読むのも、文章の中で大事だと思われる箇所を見つけるのも、要約するのも、日に日に速くなっていく様子を素晴らしいと感じました。
 似た話の題材についても、参加当初はちょっぴり自信がない様子でしたが、次第に自分で考えるようになり「先生、○○について書くことにします!」と積極的に発言してくれるようになりました。
 自分が書いたものをみんなの前で発表するのも良かったように思います。お互いに刺激になるし、時折、友だちの発表を聞きながらうんうんと頷く姿も見られました。
 自分で考える力、それを表現する力、そして伝える力を楽しみつつつけていけるのは本当に素晴らしいですね♪
 講師としても生徒さんたちの成長ぶりに学ばせてもらうことた多かったです。ありがとうございました。

森川林 2020年6月1日 8時26分  
 コスモス先生、ありがとうございます。
 子供たちって、本当に成長が早いですね。
 私が教えている子でも、最初は苦手だった算数が、どんどん得意になって今は難しい問題もすらすら説明できるようになりました。
 詰め込む勉強では、詰め込まられることに我慢できる子しかできるようになりませんが、発表する勉強ではみんな自分なりに成長していくのですね。

コメントフォーム
言葉の森が考える新しい教育の可能性 森川林 20200513 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
すせそた (スパム投稿を防ぐために五十音表の「すせそた」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
港南台の通学教 メグ
 昨日、初めてオンラインクラスに参加した 6/4
オンライン教育 森川林
 まえ先生、ありがとうございます。ああい 6/3
オンライン教育 まえ
朝オン、子供たちの力に驚かされることばか 6/2
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■【至急重要】講師のZoomにパスワードが設定されていますが 5月11日
■朝のオンラインスクールが5月7日から始まります 5月6日
■鳥の村の資料室に、小1~中3、プレ受験作文の解説をいれました 5月5日
■創造発表祭(無料)、5月2日から6日まで連日開催 5月2日
■創造発表祭の参加お申し込みで、5月1日10:25以前にご送信いただいた方は再度ご送信お願いいたします 5月1日
■創造発表祭(無料)、連休中の5月2日~6日、連日開催 4月30日
■明日オン4/28で終了、4/29~5/1休み、5/2~5/6午後3時創造発表祭(無料)、5/7~新朝オン再開、その後休校解除後も午前中の朝オンは継続 4月28日
■オンライン創造発表祭(参加無料)、連休中5月2日~6日連日開催 4月23日
■一斉指導学習から個別確認学習へ――新しいオンライン学習の仕組み 4月18日
■学校や家庭で導入するパソコンは、現状ではクロームブックやiPadでないものを 4月17日
■新型コロナウイルスとこれからの社会の提案 4月15日
■明日のオンラインスクールで、平日20:00から保護者懇談室、20:30から講師懇談室を開きます 4月12日
■【重要】初めて明日オンに参加される方は、最初に初心者クラス(無料)にご参加ください 4月10日
■【重要】明日のオンラインスクールでの勉強の仕方【動画】 4月8日
■【至急】「明日オン」の4月6日(月)の登録又は取消は、お電話又は質問掲示板で 4月6日
■【至急】明日オンの19時以降の送信ができないままでしたm(_ _)m――直り次第ご連絡します 4月6日
■学校の休校対応、小1~中1の全教科の対話型学習「明日のオンラインスクール」受け付け開始 4月5日
■自主学習という勉強の仕方 4月4日
■新年度からのオンラインスクールを新方式で運営――オンライン講師説明相談会を開催 4月1日
■【重要】作文画像のアップロードの仕方の変更――やりやすくなりました 3月31日
■言葉の森の目指す教育改革と新しいオンライン学習 3月30日
■プログラミングや英語は手段。目的は…… 3月30日
■作文で親子の仲が悪くなるという話 3月29日
■本日3.29の朝日新聞1面下に「小学校最後の3年間」の本。発売即重版! 現在「家庭教育」部門第4位 3月29日
■4月からの森オンラインスクールは日中のクラスも開始――朝オン、春オンのクラスを統合 3月29日
■作文だけ×の評価になった子の話 3月28日
■【重要】3月末の春合宿は中止です 3月27日
■【合格速報】鎌倉学園高校 3月27日
■【合格速報】順天高校 3月26日
■算数・数学を得意にする勉強法――昨日の保護者懇談会から 3月26日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。