記事 4159番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2021/1/25
新年の挨拶――言葉の森の2021年の方針
森川林 2021/01/01 04:21 

 明けましておめでとうございます。

 言葉の森が今後どのような方針で運営していくかということを説明し、新年の挨拶に代えさせていただきます。

 言葉の森の目標は、明日の日本を支える、思考力、創造力、共感力のある子供たちを育てることです。
 そして、その中でも特に重要な創造性を育てる教育を日本に広めることです。
 なぜなら、この世界の価値の根本にあるものは創造だと思うからです。
 詳しい説明は省略しますが、言葉の森はこの創造性の教育のために、これまで作文指導、創造発表指導、暗唱指導、読書指導などに取り組んできました。
 そして、この創造性の基礎となる学力を育てるために、自主学習の指導を行ってきました。

 しかし、2020年3月のコロナによる混乱があるまでは、オンライン教育に参加できる人はあまり多くありませんでした。
 ところが、3月以降の学校休校に伴い、リモートワークと並んでオンライン学習が広がるにつれて、言葉の森のオンライン教育の優れた点が多くの人に理解されるようになりました。

 言葉の森のオンライン学習の特徴はいくつもありますが、主なものは次の四つです。
 第一に、同レベルの5人程度の少人数クラスによる学習交流があること、
 第二に、個々の生徒に対応したは個別指導があり、自分で考えさせる教育が行われていること、
 第三に、小1~中3までの全学年の国語・数学・英語・作文・創造発表・暗唱・読書などの全教科プラスユニークな独自教科が、ワンストップで低価格で自由に学べること、
 第四に、どの教科も先生が一方的に講義をするのではなく、生徒が自主的に参加する形で行われていること、
などです。

 そこで、言葉の森は今後、オンラインの自主学習クラスを広げ、日本中の子供たちがこの優れたオンライン教育を受けられるようにしたいと思っています。
 そして、その学力的基盤の上に、子供たちの個性と創造性を育てる教育を進めていきます。
 そのために、単なる座学だけではなく、自然や人間との触れ合い、理科実験や工作の取り組み、などができる機会を作っていきます。

 当面、この新しいオンライン教育を支える講師を森林プロジェクトで募集します。
 そして、多くの子供たちがこの新しい教育を受けられる体制を整えていきたいと思っています。

 それでは皆さん、今年も元気にやっていきましょう。
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定1月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森のビジョン(51) 挨拶(0) 未来の教育(31) 

コメント欄

森川林 2021年1月1日 4時38分  
 約3か月ぶりの投稿です。長い休養期間の間に、言葉の森の今後の方針をたっぷり考えました。
 同レベルの5人までの少人数クラスで、毎回読書紹介と個別指導を行い、ワンストップで全教科も作文も自由に学べる、受講料4000円程度のオンラインの学習塾というのは、たぶんどこにもありません。
 そして、学習方法は、自分で考えさせる、安易に教えない、先生の講義ではなく生徒の発表中心、デジタルではなく紙ベースのテキスト、1冊を完璧に仕上げる、というやり方です。
 新年から、この新しいオンライン教育を広げていきたいと思っています。


森川林 2021年1月1日 4時54分  
 国語力をつける方法は簡単です。それは、難しい文章を繰り返し読むことなのです。
 ところが、この勉強法をひとりでできる人はほとんどいませんでした。
 そこで、自主学習クラスを作り、問題集読書の指導をすることにしたのです。
 ところが、この自主学習クラスの方法が、数学にも英語にもあらゆる教科に効果を上げるkとがわかりました。
 今後、自主学習での学力強化の基盤の上に、言葉の森の目標である創造教育を広げていきたいと思っています。


コメントフォーム
新年の挨拶――言葉の森の2021年の方針 森川林 20210101 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
なにぬね (スパム投稿を防ぐために五十音表の「なにぬね」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
コメントは24時間以内に表示
【合格速報】開 A.K
受験勉強で大変困難な状況だと思います。2 1/18
新年の挨拶―― 森川林
 国語力をつける方法は簡単です。それは、 1/1
新年の挨拶―― 森川林
 約3か月ぶりの投稿です。長い休養期間の 1/1
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■【お知らせ】年末年始の予定 12月27日
■総合化の考え方 12月20日
■読書好きな子供の作文 12月17日
■【合格速報】同志社国際高校・英理女子学院 12月15日
■【お知らせ】体験学習の件 12月12日
■【お知らせ】電話の受付時間 12月10日
■【合格速報】法政大学国際高校 12月9日
■小さいころから大切にしているもの 12月8日
■【合格速報】成城大学経済学部  12月7日
■要約は三文抜き書きから 12月5日
■効力感を育てるには 12月4日
■受験作文で知っておいた方がよいこと 12月3日
■作文のマンネリ化? 12月2日
■【合格速報】慶応義塾大学文学部(自己推薦) 11月27日
■【合格速報】東京薬科大学 薬学部 11月11日
■コロナ後に来る新しい社会と新しい産業 10月7日
■マイクロビットでコロコロサイコロを作ろう――次はJavaScriptとPythonも 10月6日
■【合格速報】国際基督教大学 10月5日
■プログラミングは遊びのような勉強 10月2日
■読解検定9月説明会資料 9月26日
■本日9月24日(木)20:15~プログラミング講師研修第2回 9月24日
■受験作文のオープンアドバイス――表現の工夫で実力以上の差 9月24日
■本を読まない子供たち。抜本的な対策は、読書紹介と付箋読書 9月16日
■やる気の出ない中学生に、いかに作文を書かせるか 9月15日
■ポストコロナ時代の生活は、終身雇用、定年なしの仕事で 9月14日
■ポストコロナ時代の子育てに必要な新しい学力とは 9月12日
■受験作文のコツ2「構成の仕方を身につけよう」 9月11日
■【連絡】プログラム講師研修の第1回会合 9月10日
■受験作文のコツ「書き出しの意見をどう書いたらいいか」 9月9日
■ひらがなのまだ十分に書けない1年生にどう作文を書かせるか 9月9日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。