中学高校でも、もっと作文の授業を―構成作文の提案(その1) 言葉の森の提案する新しい教育 問題集読書と四行詩の自習登録のページ(生徒父母向け記事) 読書する子を育てるには―読み方よりもまず読むこと 中学生の勉強と親の姿勢

記事 967番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/8/17 
中学高校でも、もっと作文の授業を―構成作文の提案(その2)
森川林 2010/07/18 21:33 



 言葉の森の作文指導の特徴は、小学校低中学年では項目指導、小学校高学年から中学生高校生にかけては構成指導を中心にしていることです。実は、ここに、日本の中学高校における作文教育の不足を克服するための鍵があります。(前回からつづく)



 項目指導というのは、例えば、作文の中に、「たとえを入れる」「会話を入れる」「思ったことを入れる」という指導です。

 今でこそ、そういう指導をするところも増えてきましたが、言葉の森が最初にこの項目指導を始めたとき、保護者からも専門家からも多くの批判がありました。それらの批判を一言で言うと、「何を書くかまだわかっていないうちから、『今日の作文に会話を入れる』という指導をするのはおかしい」というものでした。

 なるほど、と思う人も多いと思います。しかし、この批判の根底には、「作品としての作文」という考えがありました。言葉の森が考えているのは、「教育としての作文」ということです。つまり、作文を書くのは、作品を作るためではなく、文章を書く力をつけるためだという考えだったのです。

 小学校低中学年では、この内容本位の作品作文と、構成を重視した項目作文との差はそれほど大きくはありませんが、中学生、高校生になると、この差はきわめて大きくなります。そして、ここに、中学生、高校生の作文の授業の少なさを克服するポイントがあるのです。

 今の中学や高校では、作文の授業はほとんどありません。たまに授業があったとしても、課題を与えて自由に書かせるだけという指導なので、書き上げた作文に対しては、作品としての出来不出来を見たり誤字の有無を指摘したりするような評価になります。

 しかし、これが実に大変なのです。国語の授業を担当する先生に、日常的にそのような指導や評価をする余裕はまずありません。

 ここで、言葉の森の構成作文が生きてきます。

 構成作文とは、具体的には、次のような形の作文です。

 「第一段落で身近な実例と意見、第二段落で理由1と体験実例、第三段落で理由2と社会実例、第四段落で反対意見に対する理解と名言。以上の四段落で作文を書く」

 このような構成方法をあらかじめ指示して指導すれば、生徒自身が作文を書きやすくなるとともに、先生がその作文を評価しやすくなります。

 言葉の森の構成作文を、「起承転結」や「序論・本論・結論」などの構成方法と同じように考える人がいます。しかし、そうではありません。「起承転結」や「序論・本論・結論」などは、作品を作るための構成ですが、言葉の森の構成法は、それよりも、文章を書く力をつけるための練習方法としての構成法です。

 中学、高校でも、この構成作文を取り入れれば、もっと多くの授業が可能になると思います。それは、生徒の一作品を丸ごと評価するのではなく、それぞれの段落ごとに評価することができるようになるからです。例えば、800字の文章を最後まで読んでから評価するのではなく、200字まで読んで第一の評価をし、400字まで読んで第二の評価をするということができるようになります。

 更に、ここに自動採点ソフト「森リン」の評価を加えれば、中学や高校でも、毎日、作文の指導ができるようになると思います。

 現在の日本の作文教育のいちばんの問題は、作文を書かせる回数が少ないというところにあります。(その反対に、小学校低学年で、作文を書かせる回数が多すぎるという問題もありますが)。この作文教育の隘路を克服するのが、項目作文と構成作文なのです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 言葉の森の特徴(83) 

コメント欄

コメントフォーム
中学高校でも、もっと作文の授業を―構成作文の提案(その2) 森川林 20100718 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
らりるれ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「らりるれ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
言葉の森が森林 nane
 寺子屋オンラインも森林プロジェクトも、 8/15
言葉の森が森林 森川林
 私(森川林)は自分の力では大したことは 8/15
幼児や低学年の nane
 低学年のころは、勉強よりも、思考力を育 8/14
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■中学高校でも、もっと作文の授業を―構成作文の提案(その1) 7月18日
■言葉の森の提案する新しい教育 7月16日
■問題集読書と四行詩の自習登録のページ(生徒父母向け記事) 7月15日
■読書する子を育てるには―読み方よりもまず読むこと 7月15日
■中学生の勉強と親の姿勢 7月14日
■通信クラスで、問題集読書と四行詩の自習を開始(生徒父母向け記事) 7月13日
■お父さんお母さんも、暗唱の練習を(生徒父母向け記事) 7月12日
■メディアとしての教育 7月11日
■公立中高一貫校の受験コースの歴史(つづき) 7月10日
■公立中高一貫校の受験コースの歴史 7月9日
■製造業を超えて―日本の未来産業は何か 7月8日
■頭をよくする勉強、成績をよくする勉強(その2) 7月8日
■世界共通語となる可能性を持った日本語 7月7日
■頭をよくする勉強、成績をよくする勉強(その1) 7月6日
■無理のきく勉強法(2)―だれでもできる暗唱の仕方 7月5日
■無理のきく勉強法(1)―構成図を使った作文の書き方 7月4日
■本日7月3日20時8分に、体験学習のファクスを送ってくださった方へ 7月3日
■暗唱で頭がよくなる―解く勉強から読む勉強へ 7月3日
■夏休み中も休まずに続けることが大事(生徒父母向け記事) 7月2日
■言葉の森の作文小論文受験コース 7月1日
■自給自足経済のもとでの教育 6月30日
■受験生は夏が勝負―公立中高一貫校受験生は家族の対話を 6月29日
■個人主義的教育を超えて―社会に貢献するための教育 6月28日
■日本をよりよい国にするために 6月26日
■小4までは、競争ではなく親の褒め言葉で 6月25日
■感動のはやぶさ 6月24日
■「作文の丘」の「戻る」リンクで改行が消えるバグを直しました 6月23日
■付箋読書の具体的な方法 6月23日
■FREE(フリー)という考え方―発表と交流のある作文指導 6月22日
■夏休みの読書感想文をどう考えるか 6月21日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare