勉強に熱心な子供たち――手段としての勉強から目的としての勉強へ 11月25日(土)のプレゼン作文発表会、及び、練習・リハーサルの仕方 本を繰り返し読むことの大切さ(2)――数多く読むよりも繰り返し読むことで理解力が深まる オンライン教育とZoom 新しいオンライン教育(facebookページより)

記事 3093番  最新の記事 <一つ前の記事  2017/11/20 
小1から始める親子作文とは
森川林 2017/11/20 07:18 


 小学校1、2年生のころは、まだ作文が自由には書けない子がほとんどです。
 作文力の土台は読む力ですから、読む量がまだ不足しているうちは、作文は書けません。

 ところが、日本語は世界でも珍しい言文一致の度合いが強い言語ですから、口に出したことを文字にすれば、作文らしいものは一応誰でも書けるのです。
 しかし、それを作文として見てしまうと、いろいろな表記ミスが出てきます。

 例えば、句読点は、口に出す言葉にはありません。
 また、会話のカギカッコも、段落もありません。
 微妙なのは、小さい「つ」ですが、これも口に出す言葉では音として出てきません。
 だから、子供が最初に書く作文らしきものには、こういう表記ミスが出てきてしまうのです。

 しかし、もしそこでこれらをミスとして直そうとすれば、子供はなぜそれを直さなければならないかわかりません。
 それは、子供の書く文章が、口頭の文章をもとにしているからです。

 年齢が上がると、書く文章は、読む文章をもとにしてきます。
 すると、表記の仕方もわかってきます。
 しかし、聞く文章や言う文章をもとにしているうちは、書く文章は表記上のミスがあって当然なのです。

 では、どうしたらいいかというと、読む文章の量を増やすことです。
 しかし、これを一般的な読書として量を増やすだけでなく、子供が書く作文の中で読む文章を増やしていくのです。
 これが、親子作文の出発点です。
(つづく)


この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
親子作文コース(9) 

記事 3092番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/11/20 
勉強に熱心な子供たち――手段としての勉強から目的としての勉強へ
 2017/11/16 07:05 


 思考発表クラブの子供たちの勉強の様子を見ていると、どの子もとても熱心なことに驚きます。
 勉強内容の画像のアップロードなどで、お母さんの協力があるので、そういう親子のやりとりが励みになっている面もあると思います。
 また、参加している同じくらいの学年の友達とのいやりとりが楽しいということもあると思います。
 どの子も、よく準備したことを自分なりに深く考えて発表しているので、それらの発表を聞いているだけでも勉強になるぐらいです。

 そこで、三つのことを考えました。

 第一は、思考発表クラブの発表が毎週だと負担が大きいかもしれないので、月に1回程度は、それまでに最もよかったと思う発表をコピーして、全体会で発表し直すということです。
 今の思考発表クラブは、曜日と時間が決まっているので、他の曜日や他の時間の生徒の発表を見学する機会がありません。
 そこで、新しい発表を休む代わりに、他の曜日や時間の発表も見学できるというような機会を作るといいかと思っています。

 第二は、オンライン作文の生徒も、ただ作文を書くだけでなく、月に1回程度は、自分の作文を発表する機会を設けてもいいのではないかと思いました。
 プレゼン作文発表会という企画のミニ版のようなものを定期的に行い、それを刺激にして毎週の作文に意欲的に取り組めるようにしたいと思います。

 第三は、自主学習クラスの生徒も、やはりただ自学自習をして先生にチェックしてもらうだけでなく、月に1回程度、参加者どうしで互いの勉強の報告会を行い、そこで、自分が勉強したことをもとに、似た問題を作り発表するというような場を設けたいと思いました。

 こういうオンラインの小発表会を定期的に行い、また年に1,2回は、もっと参加者の規模を大きくした文化祭のようなものを開きたいと思っています。

 作文や勉強は、何かの手段として行うだけでなく、それ自体を一つの目的のように行うようになるのが理想です。
 言わば、作文の文化や勉強の文化を作るというような形で、取り組んでいきたいと思っています。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森のビジョン(51) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 16,301件
新着コメント1~10件
小1から始める nane
 小学1年生のころは、親が指示したことが 7:34
小1から始める 森川林
 新しい勉強は、小学1年生から始めると、 7:29
勉強に熱心な子 nane
 子供たちの発表とそのあとの相互の感想を 11/16
勉強に熱心な子 森川林
 手段としての勉強とは、何かのために苦し 11/16
11月25日( nane
 Zoomという選択肢はあることは知って 11/14
11月25日( nane
 プレゼン作文発表会は、急遽google 11/14
11月25日( 森川林
 25日のプレゼン作文発表会のリハーサル 11/14
本を繰り返し読 nane
 うちの子2人が、熱中して繰り返し読んで 11/11
本を繰り返し読 森川林
 大人になって、座右の書と言われるような 11/11
オンライン教育 nane
 先日、ブレンデッド教育という本を読みま 11/10
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■小1から始める親子作文とは 11月20日
■勉強に熱心な子供たち――手段としての勉強から目的としての勉強へ 11月16日
■11月25日(土)のプレゼン作文発表会、及び、練習・リハーサルの仕方 11月14日
■本を繰り返し読むことの大切さ(2)――数多く読むよりも繰り返し読むことで理解力が深まる 11月11日
■オンライン教育とZoom 11月10日
■新しいオンライン教育(facebookページより) 11月9日
■本を繰り返し読むことの大切さ――数多く読むよりも繰り返し読むことで理解力が深まる 11月9日
■プレゼン作文とプレゼント作文(facebookページより) 11月8日
■やがて「三十にして立つ」子供たち――子育ての年齢区分 11月8日
■思考発表クラブの様子(facebookページの記事より) 11月7日
■創造的な発表が熱意と実力を引き出す――プレゼン作文発表会の日常化について 11月7日
■自作の仮想通貨で運営する言葉の森の新プロジェクト構想 11月6日
■引力は距離の2乗に反比例する――子供とスマホ 11月5日
■作文で大事なのは復習ではなく予習 11月4日
■熱意を持って取り組める教育 11月2日
■これまでの勉強と、これからの勉強 10月31日
■親も苦労する子供の理科実験をFacebookグループなどの情報共有で 10月29日
■自分でやらせるか親がやってあげるか 10月26日
■説明文読書に図書館を利用。読解問題の文章を読むときの記号付け(懇談会の話から) 10月25日
■集中力のない子の問題 10月24日
■小1オンライン相談会最初の話(動画) 10月22日
■プレゼン作文発表会 11月25日(土)午後1:30~3:00――田舎のおじいちゃんやおばあちゃんも見学できます 10月20日
■雨の日は明るい笑顔で――子育てで最も大事な子供の幸福感 10月20日
■受験作文コースの練習の仕方(1) 10月19日
■小1オンライン相談会で出された質問から(2) 10月18日
■小1オンライン相談会で出された質問から(1) 10月17日
■学力向上の秘訣は雨だれ岩をも穿つ 10月16日
■個性、挑戦、感動、共感のある体験実例は、親子で考える 10月13日
■これから脚光を浴びる学力は作文力 10月12日
■意欲的な勉強ができる仕組み 10月11日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。