子供の反抗期にどう対処するか――家庭に犬や猫のペットがいると家庭がなごむ 小3からの理科の勉強、プログラミング――保護者懇談会の話から 言葉の森の勉強は中学1年生から意見文に 【合格速報】静岡聖光学院中学 朝日小学生新聞の作品欄の入選は、毎回ほぼ8割が言葉の森の生徒

記事 3216番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/10/21 
親子の対話は読書よりも効果がある
森川林 2018/03/01 07:58 

 子供の頭を良くするのは読書と対話です。

 読書は、ある程度難しい本を楽しく読めるようにならないと力がつきませんが、親子の対話は、もっと直接的な効果があります。
 それは、親が子供の反応を見ながら、その子の理解できる範囲で難しい話を面白おかしく話すことができるからです。

 作文の勉強で力がつくのは、作文の予習シートなどで、この親子の対話ができるようになるからです。

 ところが、この親子の対話が難しいと考えるお母さんもいます。
 その理由は三つあります。

 第一は、親が子供の話を聞き出そうとしていることです。

 子供にはまだ予備知識が少ないので、親子の対話の中心になるのはあくまでも親の方です。
 子供は、その親の話を聞きながら、だんだんと自分らしい考えとその考えを表す語彙力を身につけていくのです。

 第二は、親が準備をしていないことです。

 子供が小学校低学年のころは話す内容が身近なことなので、それほど準備をしなくても面白い話はできます。 しかし、子供が中学年になり感想文の課題を書くようになると、親もある程度その文章を読んで自分なりに子供の興味持ちそうな話を考えておく必要があるのです。

 例えば、パスツールの話で、子供が、「お母さん、発酵と腐敗とどう違うの」などと聞いてきた場合、親が準備なしに辞書的な知識を話すだけでは、多くの場合そこで話は終わってしまいます。

 しかし、事前に準備がしてあれば、子供の興味を持ちそうな面白い話ができますし、場合によってはそこから親子の実験、観察などへと話を発展させていくこともできます。

 子供に面白い話をしてあげるための材料を探すということは、決して時間のかかる面倒なことではなく、大人であれば少し努力すれば実行できるむしろ楽しいことなのです。

 第三は、親の話が知識や意見中心になり、子供が興味を持たなくなる場合があることです。

 知識や意見が話の中心になると、その話は親の個性が感じられる話になりません。
 本を読めばわかるような話をいくらしても、子供は興味を持たないのです。

 大事なことは、親が自分の体験談を話すということと、そこにできるだけ自分の創造的な考えを入れるということです。
 子供と話すときこそ、そういう努力と工夫が必要なのです。

●言葉の森 受講案内 ●言葉の森 講師育成講座

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
対話(45) 

コメント欄

森川林 2018年3月1日 8時5分 1 
 読書で難しい本を読ませるのは大変ですが、親子の対話で難しい話を面白く話すことは比較的簡単にできます。 そして、その対話の中で、子供の理解力、語彙力、表現力が伸びていくのです。


nane 2018年3月1日 8時9分  
 子供が、作文の予習として、「お母さん、○○のことで、何か似た話ある」と聞いてきたとき、親は、あっさり「ない」とか、「自分で調べなさい」とか言わないことです。
 こういうときこそ、親子の知的な対話を始めるチャンスなのです。


コメントフォーム
親子の対話は読書よりも効果がある 森川林 20180301 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
すせそた (スパム投稿を防ぐために五十音表の「すせそた」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
主要教科は学校 nane
 勉強が面白くなるのは、世界の不思議さに 10/19
主要教科は学校 森川林
 学校時代の勉強は、確かに社会に出ても役 10/19
書く勉強よりも nane
 内容をざっと理解すればよいというときは 10/18
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■子供の反抗期にどう対処するか――家庭に犬や猫のペットがいると家庭がなごむ 2月28日
■小3からの理科の勉強、プログラミング――保護者懇談会の話から 2月27日
■言葉の森の勉強は中学1年生から意見文に 2月26日
■【合格速報】静岡聖光学院中学 2月26日
■朝日小学生新聞の作品欄の入選は、毎回ほぼ8割が言葉の森の生徒 2月26日
■小1から楽しく勉強して帰国子女受験の準備ができる海外生徒向け作文クラス 2月25日
■読書力をつける作文とは 2月24日
■起業できる未来のオンライン教育 2月24日
■作文が好きになり、読書力も国語力も伸びる 2月23日
■昨日の発表会はバレエの話に 2月23日
■作文の本質は書くことではなく考えること――音声入力の方法 2月22日
■誤字対策は漢字問題集ではなく作文練習で――作文の印象点を左右する漢字力(3) 2月21日
■もっと字を丁寧に書かなきゃ、と言うよりも(facebookページより) 2月21日
■【合格速報】上智大、杏林大、帝京平成大 2月20日
■字を上手に書くコツ――作文試験の印象点を左右する漢字力(2) 2月20日
■作文試験の印象点を左右する漢字力――文字の上手下手は無関係(1) 2月19日
■保護者懇談会の参加を受付中(生徒の保護者以外の方も参加できます) 2月18日
■2月4週の発表交流会の参加申し込みを受付中(生徒以外の方も参加できます) 2月18日
■3月から始まるオンライン学習の説明動画 2月17日
■作文試験合格のコツは、字数ぴったりに書く力 2月17日
■【合格速報】名城大学附属高校 2月16日
■【合格速報】芦屋国際中 2月16日
■帰宅の遅いお父さんが帰りの電車の中から参加できるオンライン学習の授業参観 2月16日
■【合格速報】湘南学園中学校・捜真女学校中学部 2月15日
■言葉の森のオンライン学習の紹介ページができました 2月15日
■【合格速報】横浜市立南高校附属中 2月15日
■消える競争、育つ共創 2月15日
■作文は高校3年生からうまくなる 2月14日
■【合格速報】東京学芸大学附属国際中等教育学校、三田国際中学、八雲学園中学   2月13日
■【合格速報】長崎県立諫早高等学校附属中学校 2月13日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare