ゲストさん ログイン  ログアウト  登録 
オンラインクラス2月4週保護者懇談会資料 オンラインスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4199番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2021/5/18
オンラインクラス2月4週保護者懇談会資料
森川林 2021/02/22 15:15 


  1. 3月1週から新年度の教材で勉強できます。
    ・現年度の教材をそのまま使っていてもかまいません。
    ・新年度の教材のスキャナ化が遅れていますが、3.1週までにアップロードする予定です。
  2. 国語の小4・5・6の教材を途中で変更しました。
    ・「小学練成テキスト」から「小学実力錬成エフォート」へ(理由は、読み応えのある長文を増やすため)
    ・もし「小学錬成テキスト国語小4・5・6」が届いている方がいたらご連絡ください。
  3. 3月からの新講座の予定
    ・国語読解は、国語の勉強に加えて、読解検定の問題の解き方の指導します。
    (火1800 中根+講師A)
    ・プログラミングは、ScratchとMicro:bitが終わった人のためにJavaScriptを開始します。
    (月1800 中根+講師B)
    ・理科実験工作は、創造発表と似ていますが次の点が違います。
    1)参考図書をもとに実習の時間を作ります。(ただし参考図書以外のこともできます)
    2)発表は月1回とします。(ただし毎週発表することもできます)
    3)理由は、初めての人も参加しやすくするためと、毎週発表の負担を少なくするためです。
    (水1800 中根+講師C)
  4. 春期講習は3月22日~4月5日の予定です。(朝9時から受講できます。教科、回数は自由選択)
  5. 自主学習クラスはどの講座も有料体験が2回できます(ただし作文クラスは除く)。
    ・有料体験2回3,300円。
  6. オンラインクラスの受講の仕方は、「森オンの手引」に動画で説明を載せています。
    https://www.mori7.net/morion/
    (生徒関係リンクの16番)

▼動画の説明
https://youtu.be/L7kBNTe5uVs
 読解検定5月
国語力がつく読解検定5月★無料!

学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生徒父母連絡(78) 

コメント欄

コメントフォーム
オンラインクラス2月4週保護者懇談会資料 森川林 20210222 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
せそたち (スパム投稿を防ぐために五十音表の「せそたち」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~5件
言葉の森のDX nane
 言葉の森は、設立当初からデジタルトラン 5/1

言葉の森のDX 森川林
DX(デジタルトランスフォーメーション) 5/1

オンライン教育 森川林
 個別指導の長所は、生徒がさぼるわけには 4/27

もし、働かなく グリーン
やりすぎ都市伝説の話どんどん実現してくれ 4/25

オンライン教育 nane
 言葉の森は、40年も前から開いている作 4/23

……次のコメント

過去の記事

過去の1~5件目を表示
■【合格速報】麗澤瑞浪中学校 2月18日

■【合格速報】南山中学校女子部 2月18日

■【合格速報】上智大学総合人間科学部 2月17日

■自主学習クラスの公中講座は理系と文系に。公中講座は小4から。プレ受験作文講座の計画 2月15日

■【合格速報】宝仙学園高等学校・早稲田佐賀高等学校・早稲田本庄高等学校・慶應志木高等学校・慶應義塾高等学校 2月15日

……前の5件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。