プレゼン作文発表会のご案内 直すところを指摘するのは簡単だが、それで上手になる子はいない 小4の思考発表クラブ4.4週の授業 小6の思考発表クラブ4.4週の授業紹介 どんな子でもできるようになる勉強法――そのコツは毎日続けること

記事 2934番  最新の記事 <一つ前の記事  2017/4/28 
家庭がいちばんの個別指導の場
森川林 2017/04/28 05:56 


 子供には個性があります。
 勉強についても、得意な分野があるように、苦手な分野もあります。
 その苦手な分野は、それぞれの理由で苦手になっています。
 同じように教えているのに、できる子とできない子に分かれるのはそのためです。

 そのとき、つい教える側は、同じように教えていてできないのだから、その子の側に問題があると思ってしまいます。
 しかし、それは個性的にできないということなのです。
 こういうときに個別にその子の勉強を見ることができるのはお母さんやお父さんです。

 今は教科書準拠の参考書があるので、その参考書の説明の仕方を参考にすれば誰でも教えられます。
 親は自分の持っている知識で教えるのではなく、参考書や問題集の解説をもとに教えるようにすればいいのです。

 だから、参考書や問題集選びは、解説が詳しいものを第一にすることです。
 学校や塾から渡される問題集があまりよくないのは、解説が詳しくないことです。
 中には、解答をはずした問題集を渡されることさえあります。

 勉強は学校と子供の関係だけでできるのではありません。そこに必ず親の支援が必要になります。
 学校でわからないから塾に行くという考え方では、塾に行っても同じようにわからないことは出てきます。
 その子の個性を個別的に見てあげることができる最良の存在が親なのです。

====
できる問題は皆同じようにできるが、できない問題は人それぞれにできない
https://www.mori7.com/index.php?e=1933

====

 元気な人は皆同じように元気だが、元気でない人はそれぞれに元気がない。(どこかで聞いたようなセリフだなあ)

 他人からいい方法を聞いて、そのとおりにやっても同じような成果が出ないことがあります。
 それは、方法は同じでも、その方法以外のところで人それぞれに違いがあるからです。
 そして、その違いは、本人でなければわかりません。

 勉強でも同じです。
 合っているところは、皆同じように合っていますが、間違っているところは人それぞれの理由で間違っています。
 そのそれぞれの理由を見つけて、それぞれにできるようにするのが勉強です。

 そういう勉強は、小中学生の場合は親が、高校生以上の場合は本人がやらなければできません。(高額の家庭教師なら別ですが)
 だから、勉強は家庭でするのがいいのです。



▽関連記事
「国語の成績を上げるために――読解問題の解き方、記述の仕方」
http://www.mori7.com/index.php?e=1795



 今日は、強風。
 でも、涼しくていい気持ちです。

 「風がないときは皆同じように静かなベランダだが、風の強いときはそれぞれに異なるものが飛んでいく」(レフ・トルストイ)

 今日も、いい一日をお過ごしください。

====

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
家庭学習(92) 

記事 2933番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/4/28 
プレゼン作文発表会のご案内
森川林 2017/04/27 05:51 
プレゼン作文発表会のご案内

           2017年5月27日(土)13:30~15:00 
参加を希望される方は、5月22日(月)までにお電話又は言葉の森のウェブフォームからお申込みください。
youtube動画のアップロードの締切も5月22日までとします。発表会の参加は無料です。



■はじめに

 作文の勉強の目的は、読む力をつけること、書く力をつけること、考える力をつけることです。
 そして、このほかに、もう一つ大きな目的があります。それは、個性を伸ばし、創造性を育てることです。

 作文の評価には、項目ができるように書くこと、目標の字数まで書くこと、正しい表記で書くこと、多様な表現で書くことなどがあります。
 これらの目標ができることは、もちろん大切です。

 しかし、本当は、もっと大事なことがあります。それは、面白い作文を書くこと、自分らしい作文を書くこと、まだ誰も書いていないことを作文に書くことです。
 この自分らしい個性や創造性は、これまで評価される機会があまりありませんでした。

 プレゼン作文発表会は、この個性と創造性を発揮する場です。
 これまでに書いた作文の中から自分らしい内容のものを選び、文章だけでなく、絵や写真や実物や音楽などと組み合わせて、みんなの中で発表していきましょう。
 そして、機会があれば、自分の発表を、田舎のおじいちゃんやおばあちゃんにも見せてあげましょう。

 このプレゼン作文発表会は、通信で勉強する生徒も自宅から参加できるように、youtubeやgoogleハングアウトのクラウドサービスを利用して行います。
 これらのサービスの利用の仕方は、言葉の森が詳しく説明します。
 生徒のみなさん、ぜひふるってご参加ください。


■こんな流れで発表します
【まず、作文を決めます。】
 スマホで撮ったものをアップロードすれば簡単です。

「どの作文にしようかなあ。」
「ネコの話がいいんじゃない。」
「ニャン。」
「パパのことカッコウよく書けよ。」
「ニャニャン。」


【自宅で撮影します。】

 ジジジジジ
「さて、そこで飛行機は……。」
 ジジジジジ
「ニンジンといっしょに飛んでいきました。」
 ジジジジジ
「おしまい。」
「なんかヘンな作文だなあ。」

【撮影した動画をyoutubeに限定公開でアップロードし、そのURLをご連絡ください。】

「さあ、アップロードだ。」
「はじめてね。」
「ワクワクするなあ。」
「いなかのおじいちゃんにも見せようか。」
「有名人になったらこまるなあ。」
「その心配は、まずないでしょ。」

【発表会当日。】

「あ、ぼくのユーチューブだ。」
「なかなかいい線行っているね。」
「次の子は、ドイツから参加するんだって。」
「ほう。そいつは、どいつだ。」
「……。」
「あ、この子は神奈川だ。」
「そりゃあ、かなわんがな。」
「……。」
「静岡の子もいるよ。」
「それは……、しず(お)かに聞かんとな。」
「……。」
「最後のは苦しかったでしょ。」



■参加賞
youtubeに作文の発表をアップロードした方全員に、豪華な参加賞をお送りします。


■youtubeへの動画のアップロードの仕方

 youtubeのヘルプページを参考にしてください。。
https://support.google.com/youtube/answer/57407?hl=ja



■Googleハングアウトの入り方

(1)Googleハングアウトの会場のリンク先をクリックすると、そのままハングアウトに参加できる状態になります。(初めてハングアウトを使用する場合は、アプリのインストールが始まる場合があります。)

(2)参加する前に、マイクをミュートにしておいてください。
参加ボタンとクリックすると参加できます。

(3)カメラは必要に応じてオン又はオフにしてください。

(4)退出する場合は退出ボタンを押します。退出しても、リンク先をクリックすればまたすぐに参加できます。

(5)カメラが使えなかったり、マイクやスピカーの音が聞こえなかったりする場合は、設定を確かめてください。

(6)設定を変えも、マイクやスピーカーが使えないときは、パソコンのスピーカーの音量が最小になっていないかどうかを確かめてください。
 また、カメラがほかのアプリで同時に使われていないかどうかを確かめてください。
 それでもできない場合は、いったん退出してまた参加するか、パソコンを再起動して参加するかしてください。
(再起動すると直ることがよくあります。)

※接続テストは随時受け付けています。言葉の森事務局までご相談ください。


前回の作品の例

 前回は、幼長から高1まで約30名の人が参加しました。そのうちの作品の一部です。
生徒の発表の動画生徒(PN)コード学年所在地

ぼくとかめくんPart2
おられorare小1茨城県

食欲の秋
ぎろろgiroro小3広島県

さんま、くり、ぎんなん!!秋だ
わさびriyoto小3千葉県

目指せ頂上、苦あれば楽あり
しんこsinko小5岐阜県

人生のスパイス
わめもwamemo小6東京都

プレゼン作文発表会以外に、言葉の森で現在行っている企画

 言葉の森では、プレゼン作文発表会以外に、次のような企画も行っています。
 詳しい案内をご希望の方は言葉の森事務局までお電話でお申込みください。

■1.暗唱検定

 約3000字の文章を7分以内暗唱する検定試験。
 枕草子、百人一首など、日本の古典から精選した暗唱長文がウェブで見られます。
 自宅からgoogleハングアウトで随時参加可。
 検定料540円。

■2.思考発表クラブ

 2020年入試改革対応。考える力、発表する力を育てる参加型の高度な勉強。
 読んでいる本の紹介、作文課題の予習を兼ねた構想図作成、算数の似た問題発表などを行います。
 1クラス6~7名までの少人数指導、保護者懇談会あり。月額2,160円

■3.自主学習クラス

 国語問題集読書を中心に、読書、暗唱、算数、スタディサプリなどの自学自習を先生がチェックします。
 家庭で自分のペースで自主的に行う勉強をサポート。1クラス25人までの個別指導。
 月額2,160円。

■4.夏の自然寺子屋合宿

 7月23日から8月23日の間で2泊3日(連泊も可)。
 午前中はオンラインで勉強、午後は自然の中で遊ぶ企画。
 交通は貸切バス。出発は品川1000~合宿所は那須高原~帰宅は品川1730。
 参加費36,720円(交通費含む、消費税含む。連泊の場合は2泊3日ごとに30,240円)
 小中学生対象。保護者も参加できます。

■5.幼長、小1対象の親子作文コース

 まだ文字が十分に書けない子対象。親が作文を書きそれを模倣することによって作文の書き方を自然に習得。
 小1からの作文と読書の習慣づくりに役立ちます。
 現在作文指導を受けている方は、無料でそのまま親子作文コースに移行できます。
 本人が自分で書くようになったら普通の作文指導に戻ります。

■6.作文講師資格講座「森林プロジェクト」

 言葉の森35年間の教材と指導法を提供。小1から高3までの一貫指導教材。
 自宅で子供に作文を教えることができます。
 森林プロジェクトのメンバーの交流や研修があります。
 言葉の森生徒の保護者は54,000円(分割の場合は4,500円×12回))

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
プレゼン作文発表会(20) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,861件
新着コメント1~10件
家庭がいちばん nane
 家庭教育の大切さを主張する人は多いです 6:22
家庭がいちばん 森川林
 家庭こそが子供たちの本当の教育の場です 6:11
プレゼン作文発 nane
 今回からgoogleハングアウトは25 4/27
プレゼン作文発 森川林
 5月27日(土)午後1時半からプレゼン 4/27
直すところを指 touk
作文がうまくなっていく生徒さんは、家庭で 4/26
直すところを指 nane
 作文の勉強で大事なのは、書いたあとでは 4/26
直すところを指 森川林
 実力と成績とは区別して考える必要があり 4/26
小4の思考発表 森川林
 小4の5.1週の課題は、「家族でスポー 4/25
小6の思考発表 nane
 これまでの勉強は、答えを早く見つける勉 4/25
小6の思考発表 森川林
 思考発表クラブは、次の週の作文の予習と 4/25
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■家庭がいちばんの個別指導の場 4月28日
■プレゼン作文発表会のご案内 4月27日
■直すところを指摘するのは簡単だが、それで上手になる子はいない 4月26日
■小4の思考発表クラブ4.4週の授業 4月25日
■小6の思考発表クラブ4.4週の授業紹介 4月25日
■どんな子でもできるようになる勉強法――そのコツは毎日続けること 4月24日
■よい勉強の仕方は意外と単純 4月22日
■小学校低中学年の勉強は時間の余裕を考えて 4月21日
■小3の思考発表クラブ4.3週の授業 4月20日
■田舎の自然の中で行う夏の寺子屋合宿 4月20日
■思考発表クラブで作文の予習の話――掲示板に掲載 4月19日
■子供に作文を教えるために、自分が作文を習う方法もある 4月18日
■勉強をコントールする力をつける――そのための親の勉強観 4月17日
■大事なのは勉強そのものではなく勉強の方法――特に高3生は過去問を 4月16日
■森林プロジェクトで、小4からの英語暗唱講座を企画する予定 4月15日
■国語の成績をよくするためには、物語文でも説明文でも難しい文章を楽しく読める力をつけること 4月14日
■思考発表クラブの体験学習を募集中 4月13日
■動物のいる生活と子供の教育 4月13日
■公立中高一貫校向けの勉強と家庭学習 4月12日
■森林プロジェクトと作文教育文化 4月11日
■国語の成績を上げるなら、まず作文、感想文の勉強から 4月10日
■四行詩の世界 4月10日
■小4からの英語暗唱講座を企画中 4月8日
■言葉の森の教材を使って自宅で作文を教える「森林プロジェクト」の作文講師資格講座 4月8日
■記述問題に強くなる国語問題集読書の50字感想練習 4月8日
■国語力だけでなく、学力全体がぐんぐん伸びる、小1からの日本語暗唱入門 4月8日
■江戸時代の寺子屋と現代の新しい教育 4月6日
■本当の国語力、成績の上の国語力 4月5日
■小学生の学年別作文学習のポイント 4月4日
■勉強の目的は、勉強ができるようになることではなく、その勉強を使って何かができること 4月2日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。