ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 マイナスをゼロに戻す教育ではなく、ゼロをプラスにする教育を――AIテクノロジーとITテクノロジーと新しい理念によって、日本の教育と社会は変わる Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4852番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2023/12/11
マイナスをゼロに戻す教育ではなく、ゼロをプラスにする教育を――AIテクノロジーとITテクノロジーと新しい理念によって、日本の教育と社会は変わる as/4852.html
森川林 2023/11/18 06:51 

ガーデンシクラメン

●動画:https://youtu.be/-06H5XjOzbQ

 生まれたばかりの子供は、足し算も引き算もわかりません。
 成長して自然に覚えるわけでもありません。
 だから、社会の基準をゼロとすれば、マイナスで生まれてきます。

 教育のスタートは、このマイナスをゼロに戻すことから始まります。
 そこまではいいのです。

 しかし、子供が、小学生になり、中学生になり、高校生になっても、このマイナスをゼロに戻す教育が続けられます。

 それは、要求されるゼロの基準が学年に応じて上がってくるからです。
 しかし、そのゼロの基準は、社会人として普通に仕事をしている大人でも、もうすっかり忘れてできなくなっていることがかなり入っています。
 だから、多くの子供たちは、勉強を大変なものと感じているのです。

 その根底にあるのが、教育利権です。

 例えば、国語で言えば、文法や古文や漢文や漢字の書き取りは、概略がざっとわかっていればいいものですが、あえて間違いやすく作られた問題が出されて、生徒に点数の差をつける教育になっています。

 ゼロの基準が、社会人として必要な水準を超えて、子供たちに課せられているのです。

 その仕組みを支えているのは、その仕事で生計を立てている人たちです。
 毎年、誰も求めていない読書感想文の宿題が出るのも、同じ事情からです。

 そして、その人たちを束ねる組織があり、その組織をさらに束ねる大きな組織があり、さらに大きな組織があり、というふうに何重にも組み合わさった利権が、戦後80年近くたった日本に蓄積されているのです。

 これは、教育に限らず、医療にも、農業にも、政治にもある利権構造です。

 この利権構造が、日本の社会の停滞を生み出しています。
 日本の発展が抑制されているのは、さまざまな分野に無数の利権の網の目があるからです。

 その利権を崩すものがあるとすれば、それは政治のリーダーシップです。

 しかし、もうひとつ、利権を崩すことのできるものがあります。
 それは、マイナスをゼロに戻す考え方から、ゼロをプラスにする考え方をすることです。

 マイナスをゼロに戻すことが好きな人は、それをそのまま続けていていいのです。
 その人たちは放っておいて、ゼロをプラスにする仕事をすることです。

 教育で言えば、それが、作文教育であり、創造発表教育であり、新しいプログラミング教育です。
 また、国語、算数数学、英語の教科においても、創造し発表する授業を取り入れていくことです。


 文部科学省の探究学習は、同じような方向を志向しています。
====
  総合的な学習(探究)の時間は、変化の激しい社会に対応して、探究的な見方・考え方を働かせ、横断的・総合的な学習を行うことを通して、よりよく課題を解決し、自己の生き方を考えていくための資質・能力を育成することを目標にしていることから、これからの時代においてますます重要な役割を果たすものである。
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/sougou/main14_a2.htm
====

 しかし、現場の先生や、保護者や、生徒自身が、まだこの新しい教育の方向になじんでいません。
 昔ながらのマイナスをゼロに戻す教育に適応しすぎているからです。

 ゼロをプラスにする新しい教育は、少しずつ広がっていくでしょう。
 それを加速するものが、ITテクノロジーです。

 一方、マイナスをゼロに戻す教育は、少しずつ少なくなっていくでしょう。
 それを加速するものが、AIテクノロジーです。

 世の中を変えるのは、昔も今も、新しいテクノロジーの誕生です。

 例えば、読書感想文の宿題は、ChatGPTの登場によって今後自然に消滅します。
 しかし、そこから、本当の読書感想文の教育が始まります。

 その新しいテクノロジーの誕生を生かすものは、新しい教育の理念なのです。


 創造と発表の新しい学力
総合選抜入試にも対応。探究学習を超えた、新しい創造発表学習。
AI時代には、知識の学力よりも、思考力、創造力、発表力の学力が重要になる。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教育論文化論(255) 

コメント欄

コメントフォーム
マイナスをゼロに戻す教育ではなく、ゼロをプラスにする教育を――AIテクノロジーとITテクノロジーと新しい理念によって、日本の教育と社会は変わる 森川林 20231118 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
えおかき (スパム投稿を防ぐために五十音表の「えおかき」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教育論文化論(255) 
コメント1~10件
言葉の森がオン 森川林
工業製品に関しては国境がなくていいのですが、教育や文化に関し 6:11
合格しなくたっ 森川林
 英語辞書さん、その心意気が大事です。  本気で取り組む人 4:49
合格しなくたっ 英語辞書
2024年度受験生です。私は偏差値59で都立国際高校を目指し 12/10
読書力はすべて 森川林
「なぜ文系も理系も「東大現役合格」は現代文が得意なのか」とい 12/10
受験勉強などは 森川林
 子供たちに、あとまで残る勉強は、読書と作文と対話です。 12/9
創造発表クラス 森川林
中学生以上の子供たちは、ChatGPTを活用して探究学習を進 12/7
小4~小6の 森川林
オンライン授業と対面式授業を比較する人がいますが、その発想は 12/4
音読の宿題は、 森川林
ブンブンどりむの監修者である齋藤孝さんは、よく知りもしないで 12/3
サービスの多い 森川林
「東京、カッペね」の広告。 https://www.mor 12/2
小学456年生 森川林
 言葉の森は、これまでは作文指導がメインでした。  その後 12/1
……次のコメント

掲示板の記事1~10件
コロナワクチン 森川林
 こんな本が、もう出るようになったんだ。 ==== コロ 12/8
小学3456年 森川林
 今日の想像発表クラスの授業に参加したら、かなりレベルが高か 12/7
いろいろなとこ 森川林
いろいろなところで、膿みが出ている。 及川さんのYou 12/3
及川幸久さんの 森川林
 及川幸久さんのYouTubeがBANされたそう。   11/30
【重要】作文個 森川林
 作文個別の生徒の振替について、次のように変更します。 11/30
齋藤孝さんは、 森川林
齋藤孝さんは、いろいろなことに首を突っ込んでいますが、言って 11/30
作文通信教育講 森川林
 作文通信教育講座「ブンブンどりむ」が、毎週数回、朝 11/28
真実を述べよう 森川林
真実を述べようとしている人の文章は強い。 「進行がん患 11/26
ベンフォチアミ 森川林
ベンフォチアミンについて、正しいことをちゃんと研究している人 11/26
なぜ勉強よりも 森川林
 なぜ勉強よりも読書の方が大事かというと、勉強によって人生が 11/23

RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
代表プロフィール
Zoomサインイン






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習