新勉強シリーズ(4)作文力――低学年の楽しく書く習慣が作文力の土台 新勉強シリーズ(3)読む力――難しい文章を読み取る力を無理なくつける スマホアプリのページを更新しました――「昔の作文」など 新勉強シリーズ(2)国語力――国語の勉強は、低学年から毎日の生活の中で 新勉強シリーズ(1)言葉の森――先生との人間的なつながりのある通信教育

記事 2527番  最新の記事 <一つ前の記事  2016/2/11 
これまでの英語と日本語関係の記事
森川林 2016/02/10 11:35 


 今日は、英語と日本語に関するこれまでの記事を紹介します。
 ほかにも、ホームページの右上にある「HPの記事検索」で検索していただくと、多くの記事がごらんになれます。

「勉強の順番は、1に国語2に国語」2015/12/13 21:05
http://www.mori7.com/as/2493.html

「英語を学ぶのは小4以降――帰国子女の日本語教育の基本は家庭」2015/12/01 10:00
http://www.mori7.com/as/2482.html

「中学生の問題集読書の進め方――読解問題の選択肢の分析」2015/11/19 10:32
http://www.mori7.com/as/2472.html

「日本語が学力の中心――帰国子女の日本語教育と暗唱学習」2015/11/16 11:08
http://www.mori7.com/as/2469.html

「外国人と日本語――それぞれの関心に合わせた日本語の本の読書会を計画中」2015/11/08 10:51
http://www.mori7.com/as/2460.html

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。 コメント件数(0)

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
英語教育(8) 

記事 2526番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2016/2/11 
新勉強シリーズ(4)作文力――低学年の楽しく書く習慣が作文力の土台
森川林 2016/02/08 15:52 


 小学校低学年の作文の勉強の目的は、楽しく正しく書く力をつけることです。ところが、作文というものは欠点が目につきやすい勉強ですから、親や先生は、子供が書いた作文の欠点をつい注意して直してしまいます。それが作文嫌いを生み出す原因になっています。
 言葉の森の作文指導では、作文嫌いになる子はほとんどいません。それは、事後の評価よりも事前の指導に力を入れ、子供に何を目標にして書くか教えているからです。だから、多くの子が通信の先生との毎週の電話指導を楽しみに待っているのです。
 この低学年のときの楽しく書く習慣が、高学年の考えて書く作文力の土台になっています。


小1から楽しく書ける作文
毎週の電話指導の通信教育
自宅でできる無料体験学習
スマホアプリ無料提供中!

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。 コメント件数(0)

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(126) 

通学できる作文教室

言葉の森の教室ではありませんが、言葉の森の教材で指導している森林プロジェクトの作文教室です。お問い合わせは、それぞれの教室へお願いします。

【日本国内】

【海外】
メルマガの配信
言葉の森新聞の記事

バックナンバー (週刊)
RSS
RSSリーダーに登録すると
更新情報がわかります。
Yahoo! RSSリーダー
オープン教育 1~5件
オープン広場(全記事)
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■これまでの英語と日本語関係の記事 2月10日
■新勉強シリーズ(4)作文力――低学年の楽しく書く習慣が作文力の土台 2月8日
■新勉強シリーズ(3)読む力――難しい文章を読み取る力を無理なくつける 2月8日
■スマホアプリのページを更新しました――「昔の作文」など 2月7日
■新勉強シリーズ(2)国語力――国語の勉強は、低学年から毎日の生活の中で 2月6日
■新勉強シリーズ(1)言葉の森――先生との人間的なつながりのある通信教育 2月5日
■11月の森リン大賞より 2月4日
■オンエア特別講座モニター募集中 2月3日
■春の遠足(関西地方)は1泊2日、岡山県瀬戸内市の前島で 2月1日
■言葉の森のスマホアプリがダウンロードできます(無料) 1月24日
■暗唱検定用の長文のページ 1月22日
■プレゼン作文発表会の動画とアンケート(久しぶりの記事更新でしたが) 1月21日
■受験作文コースの直前の対策は、これまでの作文を読み返すこと 1月8日
■作文力記述力をつけるには、森リン点で評価し、暗唱検定を目標に 1月7日
■暗唱検定は3000字の予定。skypeのビデオ通話かgoogleハングアウトで自宅から受検。 1月6日
■低学年の間に自主学習の習慣をつけ、小4から自分で勉強できるようにする 1月5日
■株は九勝一敗、事業は一勝九敗――子育ても一勝九敗の分野で 1月4日
■新年の挨拶「大変化の平成28年をどう迎えどのような未来を志向するか」 12月31日
■問題文の接続詞を四角で囲む子――国語の勉強法は他の勉強法とは異なる 12月30日
■満ち潮の時代、引き潮の時代――ブルーオーシャンはどこにでもある 12月25日
■親子の対話の大切さ――「ひきこもりになる子」の記事を読んで 12月24日
■幼児、小1、小2対象の実行課題作文発表会のお知らせ 12月22日
■これから来る経済危機にどう対処するか 3――必需品の経済から文化の経済へ 12月22日
■これから来る経済危機にどう対処するか 2――新しい仕事作り 12月22日
■これから来る経済危機にどう対処するか 1――食料は公園のサツマイモ栽培で 12月21日
■国語は問題文に線を引いて読む 12月20日
■毎日の勉強に役立つタイマーと色塗り自習表 12月19日
■子供が小さいうちに勉強の本質を伝える 12月18日
■初めて暗唱の自習をする子のために、暗唱クラブの構想 12月17日
■生き物と遊ぶ 12月16日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 森新聞検索
g+コミュニティ
寺オンコミュニティ

フェイスブック
▽言葉の森のfacebook
言葉の森
作文ネットワーク
ツイッター
言葉の森@kotomori

新着コメント1~4件
オンエア特別講 yama 2/9
学力日本一と入 森川林 2/5
学力日本一と入 エコール 2/4
新しい教育方法 森川林 2/3
……次のコメント

家庭学習
家庭学習のページ
教育漢字集
常用漢字集

おすすめ記事
おすすめ記事/言葉の森

公立中高一貫校対策
公立中高一貫校受験対策

自習検定試験
自習検定のページ

遊びと行事の課題
実行課題集

プレゼン作文発表会
プレゼン作文

寺子屋オンエア
寺子屋オンエア

幼児作文コース
幼児作文コース

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
リンクの林

算数の通信教育
算数の通信教育のおすすめは、
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
新しい産業(19)
暗唱(102)
生き方(39)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(24)
英語教育(8)
オープン教育(24)
音声入力(10)
音読(19)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(10)
家庭学習(73)
家庭で教える作文(54)
漢字(15)
帰国子女(5)
教育技術(5)
教育論文化論(246)
教室の話題(25)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(26)
高校入試作文小論文(9)
構成図(24)
公立中高一貫校(51)
国語問題(13)
国語力読解力(141)
子育て(104)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(39)
言葉の森の特徴(78)
言葉の森のビジョン(27)
子供たちの作文(57)
作文教育(126)
作文検定試験(2)
作文の書き方(101)
作文発表会(18)
算数・数学(19)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(8)
質問と意見(39)
受験作文小論文(79)
小学校低学年(65)
森林プロジェクト(32)
政治経済(57)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(44)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(3)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(69)
読書(83)
読書感想文(19)
仲間サイト(7)
日本(38)
日本語脳(14)
東日本大震災(15)
facebook(28)
facebookの記事(164)
プログラミング教育(4)
勉強の仕方(111)
未来の教育(21)
MOOC(1)
無の文化(9)
メディア(6)
森リン(100)
問題集読書(31)
幼児作文コース(5)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(377)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。