考える力をつける「楽しい説明文の本」 タブレット教育に対する疑問――真のICT教育とは 考える力を深める新小5・6年の勉強(言葉の森新聞の記事より) のびしろのある子に育てるには 国語の成績が悪い三つの原因と、よくするための三つの対策

記事 2346番  最新の記事 <一つ前の記事  2015/4/27 
「寺子屋オンエア」は、5月から、45分、1時間、1時間半、2時間などのコースも
森川林 2015/04/24 21:37 


 「寺子屋オンエア」は、子供たちが家庭で行う学習を、先生がネットでモニターしながら問題を出したり勉強の仕方のアドバイスをしたりする仕組みです。教科は、国語の問題集読書、算数数学の問題集解き、英語の問題集読書などで、1冊の問題集を何度も繰り返し百パーセント自分のものにするという勉強の仕方をしています。
 これまで、時間の幅が1時間しかありませんでしたが、5月から、45分、1時間、1時間半、2時間のいずれもが選択できるようになります。
 この寺子屋オンエアは、有料ですが、料金は、一つの曜日について1か月4週間で1,080円ですから、通常の学習塾よりもずっと利用しやすいと思います。(時間の幅による料金の違いはありません)
 塾に通ったり、通信教材を利用したりしていると、どうしても1回しかやらないプリントを次々とこなすという勉強になりがちです。できる問題を何度もやり、できない問題も数回しか繰り返さないというやり方では、時間をかけるわりに実力はつきません。
 「でき太くんの算数クラブ」のように、できなかった問題を繰り返せる仕組みを作っているところは通信教育でも力がつきますが、ほとんどの通信教材や塾の教材はそういう仕組みになっていません。そのため、低学年のうちの問題が易しい時期は、勉強に応じて成績が上がりますが、高学年の難しい問題になると、自分で繰り返し学習する勉強の仕方が身についていない子は伸び悩むようになります。
 勉強は、毎日同じようにやるのが原則で、1週間に何回か塾に通っている場合は、それ以外の日を家庭学習でカバーしていかなければなりませんが、塾に行くだけで家庭学習の伴わない生徒は意外に多いのです。
 寺子屋オンエアは、自宅でいながらにして、1時間程度(45分から2時間の間で選)勉強をする仕組みですから、無理なく毎日同じような勉強をする習慣がつきます。1時間の内訳、国語・算数数学・英語・読書が中心ですが、自分で自由に決められます。
 寺子屋オンエアは、1ヶ月の無料体験学習ができます。寺子屋オンエアの受講に必要な機材と教材は、言葉の森から無償貸与します。ご家庭で用意していただくものは、google+のアカウントと、skypeのアカウントと、インターネットにつなげられるノートパソコン又はタブレットだけです。
 詳しい資料をご希望の方は、言葉の森事務局までお問い合わせください。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンエア(4) 

記事 2345番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2015/4/27 
考える力をつける「楽しい説明文の本」
森川林 2015/04/17 11:39 


 学力の中で最も大事なものは、実は成績には表れにくいものです。それは、思考力や創造力といったもので、成績にはすぐには表れませんが、受験期の伸びや社会に出てからの成長に結びつくものです。
 その考える力をつけるための方法は、一つは難しい本を読むことです。もう一つは難しい対話をすることです。しかし、ただ難しいだけでは子供は飽きてしまいます。大事なことは、難しいが楽しいという読書や対話の工夫をすることです。

 ところが、難しいが楽しい本、つまり「楽しい説明文」の本というものは、あまりありません。そういう本は、書店に並べてもあまり売れないからだと思います。
 そして、説明的な内容だが、絵や図の多い学習漫画のような本や、同じく説明的な内容だが、因果関係のわかる構造的な話よりも、知識の列挙が中心になる時事ニュースのような本が多くなってしまうのです。

 そこで、言葉の森では、オープン長文という企画で、主に言葉の森の講師が中心になって、低中学年向けの楽しい説明文の文章を作っています。これは、今後、一般の方の参加もお願いして広げていきたいと思っています。
http://www.mori7.net/marason/marason_sample.php
 また、言葉の森のfacebookグループ「読書の好きになる子の庭」では、説明文の本に限りませんが、参加者がそれぞれ読んでよかった本を紹介しています。
https://www.facebook.com/groups/dokusho/

 一般に、最も豊富に「楽しい説明文」の本が手に入るのは、図書館の子供向けのノンフィクションコーナーです。ここには、科学の本、社会の本、伝記、人生論など、読みやすい説明文の本が豊富にそろっています。
 説明文の本は、ジャンルによって子供の好き嫌いがあります。恐竜の好きな子は、かなり難しい本でも、ルビが振ってあれば恐竜の本を読みます。電車の好きな子、料理の好きな子、昆虫の好きな子など、子供の好みはさまざまです。親が一緒に図書館に行って、子供の好みを考えながら、気に入った本を選べるようにしてあげるとよいと思います。

 私(森川林)が昔読んで、低中学年向けの説明文の良書だと思ったのは、「世界ふしぎめぐり」の小学1年生から3年生までのシリーズです。しかし、これは内容が古くなったこともあり、もう絶版になってしまいました。
 その後、同じような傾向の本として、「なぜだろう、なぜかしら」、「科学なぜどうして」などが出ましたが、文章が易しすぎたり、正しい知識を伝えるということに重点が置かれすぎて知識中心の本になってしまった感がありました。
 今はもっと多くの説明文の本が出ていますが、書名を紹介しても絶版になってしまうことなどがあるので、図書館のノンフィクションコーナーで探すというようにするとよいと思います。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(74) 

通学できる作文教室

言葉の森の教室ではありませんが、言葉の森の教材で指導している森林プロジェクトの作文教室です。お問い合わせは、それぞれの教室へお願いします。

【日本国内】
■千葉県
柏の葉公園
柏の葉公園コミュニティ体育館2F
浅岡佳代 04-7170-1023 kayo.asaoka@gmail.com
http://koma.kayo.pupu.jp/
毎週土曜日9:00-13:00。小学生から高校生まで対象。柏の葉公園のコミュニティ体育館2Fで行っています。場所が変わるときがありますので、見学や体験にいらっしゃるときは必ず事前にお電話ください。1日1回の長文音読を必須とし、教室では作文、小論文の書き方を指導いたします。 (管理)
■東京都
マイサンシャイン
東京都練馬区氷川台3-6-10 石野CRビル202
050-3639-2533
(管理)
こひつじ幼稚園教室
東京都大田区久が原4丁目37-14
03-3755-7106 090-8562-1266 whity_tomo@yahoo.co.jp
随時体験受け付けています。

毎週木曜日
16:00~ 小学1・2年生(1時間)
16:30~ 小学3・4年生(1.5時間)
東急池上線「久が原」駅から徒歩7分
東急池上線「千鳥町」駅から徒歩8分 (管理)
セルモ松陰神社駅前教室
東京都世田谷区世田谷4-2-10
TEL 03-6413-9681 E-mail selmoshowin@gmail.com
http://www.selmo.jp/sc/shoin
(管理)
■神奈川県
言葉の森 お日さま 作文教室
横浜市港北区日吉4-17-22 テラス日吉3F
08065370843 / ohisamasakubunkyousitu@gmail.com
http://ohisamasakubun.jimdo.com/
作文を書くことが楽しくなる教室です。 (管理)
日曜個別作文教室
横浜市港南区港南台(根岸線港南台駅より徒歩3分)★日曜日のご都合がつく時間に月3回
juliarose814@ybb.ne.jp
http://kobetsu-sakubun.jimdo.com/
 作文が苦手な方、入試の作文対応にお困りの方、帰国子女の方など、一般的な通信や通学の作文教室で勉強するには不安があるという方のための教室です。作文、国語の勉強に真剣に取り組もうと考えていらっしゃる方のみを対象に、作文指導歴15年の講師が個別に指導します。授業は、毎週日曜日午前9時から午後5時の間で、ご都合のつく時間帯をお選びいただけます。1回の指導時間は60分~90分程度、原則として月3回の指導となります。入会金5,000円、受講料月額9,000円(受験コースは月額プラス3,000円)。 (管理)
ペガサス本鵠沼駅前教室
神奈川県藤沢市本鵠沼2-13-17-2F
電話 0466-22-5205 (10時~22時)
http://www.juku-pegasus.jp/school/honkugenuma/
神奈川県藤沢市にある自律型個別指導ペガサス本鵠沼駅前教室です。このたび『言葉の森』作文口座を開講することになりました。すべての教科の土台となる国語力と、これからの時代に必要とされる思考力・表現力をつけるのに最適な講座です。ぜひ一度お試しください。 (管理)
元住吉ブレーメン教室
神奈川県川崎市中原区木月
08067733708
http://motosumikokugo.blog.fc2.com/
東横線日吉駅と武蔵小杉の間の駅「元住吉」から、ブレーメン通りを通って約6分。2013年春から、作文教室と国語個別教室を開講します。詳しくはブログをご覧ください。 (管理)
ソフィア個別指導塾
神奈川県川崎市宮前区宮前平3-11-20-104
044-872-8148 平日15:00~21:00
http://www.sophia-kobetsu.jp/
小・中学生向けに完全個別指導をしている塾です。言葉の森は小学生向けに開講しています。 (管理)
■石川県
こほく寺子屋
石川県加賀市柴山町も33番地 湖北地区会館 内
nagaenobuhiko@manabuki.com
http://manabuki.com/terakoya
(管理)
■愛知県
読書作文教室ことばの窓
名古屋市守山区大字下志段味字横堤1390-1 志段味地区会館内
komayu@mori7.com
http://ameblo.jp/asumado/

表現豊かに書く 相手にわかるように書く 自分らしく書く そのための思考力をはぐくむ作文教室です。読書指導や音読にも力を入れています。
現在、しだみ教室 おばた教室 と二か所で開講しています。 (管理)
弓塾
愛知県日進市香久山3-1701 シテイオ香久山107
052-802-9426
mayyuu2358@gmail.com (管理)
■兵庫県
芦屋夢
兵庫県芦屋市公光町10-14 学童型子どもコミュニティ キッズ.com内
0797-25-1557
(管理)

【海外】
■ミャンマー
作文教室のびのび
ヤンゴン、ミャンマー
doremifamilyclub@gmail.com
(管理)
メルマガの配信
言葉の森新聞の記事

バックナンバー (週刊)
RSS
RSSリーダーに登録すると
更新情報がわかります。
Yahoo! RSSリーダー
オープン教育 1~5件
オープン広場(全記事)
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■「寺子屋オンエア」は、5月から、45分、1時間、1時間半、2時間などのコースも 4月24日
■考える力をつける「楽しい説明文の本」 4月17日
■タブレット教育に対する疑問――真のICT教育とは 4月15日
■考える力を深める新小5・6年の勉強(言葉の森新聞の記事より) 4月6日
■のびしろのある子に育てるには 3月29日
■国語の成績が悪い三つの原因と、よくするための三つの対策 3月27日
■ローカルの先にある「道」の文化、そして向上と創造の社会へ 3月26日
■マイルドヤンキーとなる若者――グローバルからローカルへ、そしてローカルから 3月25日
■3月19日~3月24日まで無料体験学習を申し込まれた方に、再度ご送信のお願い 3月24日
■2月以前の昔の「山のたより」の手書き作文のウェブ添削を見るには 3月23日
■生徒コードが4桁に――「ああああ」から「んんんん」まで 3月19日
■勉強は話し声のないところで、テレビはヘッドホンで 3月18日
■理詰めで解く国語――センター試験を例にして 3月17日
■合格情報(続き) 3月16日
■創造力の源は言語と経験 3月14日
■家庭学習のポイント 3月12日
■3.11を思い出す 3月11日
■勉強はベストエフォートで 3月10日
■厚い問題集を1回やるよりも、薄い問題集を何度も繰り返す 3月9日
■大事なのは日本語力――早期の英語教育よりも、まず家庭での普通の日本語生活を 3月6日
■×がつくのはよい勉強、○がつくのはよくない勉強 3月5日
■勉強サプリの時代の先にあるもの 3月4日
■考える力と親子の対話――そのきっかけとしての長文の音読 3月3日
■小1から始めて高3まで作文の勉強を続ける子 3月2日
■NHKの預金封鎖の番組が示唆するこれからの社会 2月27日
■「作文の丘」から送られた手書きの画像、直りました 2月26日
■「作文の丘」から送られた手書きの画像が表示されていない件 2月25日
■作文がなかなか上達しないときこそ褒める 2月24日
■ウェブ添削のやり方が新しくなりました 2月23日
■言葉の森の生徒の各種コンクール入選の記録 2014年 2月22日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 森新聞検索
フェイスブック
▽言葉の森のfacebook
言葉の森
作文ネットワーク
ツイッター
言葉の森@kotomori

新着コメント1~4件
考える力をつけ 森川林 4/17
作文の書き方— さくら 4/8
読書感想文の書 森川林 4/3
読書感想文の書 OM 3/31
……次のコメント

家庭学習
家庭学習のページ

おすすめ記事
おすすめ記事/言葉の森

公立中高一貫校対策
公立中高一貫校受験対策

自習検定試験
自習検定のページ

遊びと行事の課題
実行課題集

プレゼン作文発表会
プレゼン作文

寺子屋オンエア
寺子屋オンエア

幼児作文コース
幼児作文コース

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
リンクの林

算数の通信教育
算数の通信教育のおすすめは、
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
新しい産業(13)
暗唱(96)
生き方(35)
息抜き(17)
いじめ(1)
インターネット(18)
英語教育(5)
オープン教育(23)
音声入力(10)
音読(14)
科学(5)
学力テスト(1)
家庭学習(51)
家庭で教える作文(53)
漢字(14)
帰国子女(5)
教育技術(3)
教育論文化論(214)
教室の話題(24)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(3)
合格情報(19)
高校入試作文小論文(8)
構成図(24)
公立中高一貫校(47)
国語問題(11)
国語力読解力(113)
子育て(97)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(30)
言葉の森の特徴(70)
言葉の森のビジョン(3)
子供たちの作文(51)
作文教育(117)
作文の書き方(97)
作文発表会(15)
算数・数学(9)
自習検定試験(9)
自然災害(1)
実行課題(2)
質問と意見(39)
受験作文小論文(74)
小学校低学年(52)
森林プロジェクト(26)
政治経済(54)
生徒父母向け記事(56)
生徒父母連絡(69)
全教科指導(1)
センター試験(5)
創造が価値の源泉となる社会(8)
大学入試(12)
対話(34)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(4)
読書(74)
読書感想文(17)
仲間サイト(7)
日本(37)
日本語脳(14)
東日本大震災(14)
facebook(28)
facebookの記事(164)
プログラミング教育(4)
勉強の仕方(89)
未来の教育(9)
無の文化(9)
メディア(6)
森リン(90)
問題集読書(16)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(375)

QRコード