12月7日講演会「勉強せずに学力をつける家庭教育のコツ」の内容 学歴インフレと個性 受験作文のオンエア特別講評終わる 暗唱検定の時間を7分以内とします――暗唱についての質問 本当に役立つ教育は、教えないこと、ワンテンポ遅れてあとからついていくこと

記事 2756番  最新の記事 <一つ前の記事  2016/12/10 
ネット教育の現状と今後の展望
森川林 2016/12/08 07:30 


 数年前、ネット教育の大きな可能性として紹介されたMOOCは、大前研一氏の話によると、その後はあまり成功しているとは言えないようです。その原因は、オンラインという仕組みでは、受講者の意欲が長続きしないということにあります。

 大前氏は、新しいネット教育の方向として、カーン・アカデミーのやり方を評価していますが、これも、話を聞く範囲ではそれほど進展するようには思えません。その原因は、やはり受講生の意欲の問題です。

 日本では、ネット教育としてスタディサプリが広がっていますが、これもオンラインの授業をひとりで受講するというだけでは、勉強する目的のはっきしている生徒以外は意欲的に続けることは難しいかもしれません。

 ネット教育の中には、マンツーマンの英会話教育のように、今は成功している例もありますが、これはもともとコストの高かった分野だからできることであって、教育の幅広い分野にわたって適用できるものにはなりません。

 マンツーマンのネット教育は、現在は一応いろいろなところで行われていますが、それはskypeのような便利なネット環境ができたということだけに依拠した新しい教育の仕組みですから、教育環境の大きな進歩ということにはなりません。

 そこで、言葉の森が今考えているのは、次のようなやり方です。

 第一は、ネット教育は、家庭での親子の対話につながる形で進める必要があるということです。ネット上での先生と生徒の人間的なつながりだけでなく、家庭というリアルなつながりが背景にあって初めて地に足のついた教育ができます。

 第二は、教える時間とともに、実習の時間と評価の時間を確保することです。ネットで授業を聞いて、あとで自分ひとりで勉強するという形では、改めて学習する時間をとりにくくなります。ネット上で実習の時間も確保しておくことが必要で、それをオンライン上でチェックすることも必要になります。

 第三は、生徒の発表と交流の場を確保することです。勉強の意欲は、生徒どうしの交流の中で生まれます。交流の中には、勉強の中身とはあまり関係のないものも出てきますが、そういうつながりが勉強の意欲に反映してきます。

 第四は、自学自習の効果的な仕組みを作ることです。これは、江戸時代の寺子屋教育の方法が参考になります。種類の少ない精選された教材で、繰り返し勉強する仕組みを作り、その結果を評価できる仕組みを作ることです。

 第五に、これらの方向を支えるために、ネットとパソコンの利用の仕方をもっと簡素化することです。

 これらの原則をもとに、今、言葉の森のオンエア講座では、次のようなことを行っています。

 第一は、オンラインの子供たちの勉強のあと、父母との自由な懇談の場を設けることです。

 第二は、子供たちがその場で実習を行い、実習の結果を最後に先生に見せるところまでを授業時間内に行うことです。

 第三は、実習の結果を全員が発表できるようにすることです。そのためには、実習の課題の中に誰もが容易にできるものを入れることと、結果のアップロードを容易にできる仕組みを作ることが必要になります。

 この、父母懇談、実習確保、全員発表というやり方を、今後、寺子屋オンエアとオンエア作文にも生かしていくことを考えています。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
ICT教育(1) オンエア講座(41) 寺子屋オンエア(101) オンエア作文(2) 

記事 2755番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2016/12/10 
12月7日講演会「勉強せずに学力をつける家庭教育のコツ」の内容
森川林 2016/12/06 10:54 
 12月7日(水)11:00より、横浜港南台バーズ1Fのドゥファッションプラザで、書籍「小学校最初の3年間で本当にさせたい『勉強』」の販売と、出版記念講演(45分間)を行います。
 以下、その講演の際に使う絵です。


昔の子供は勉強しなかった。


今の子供は夜中まで勉強している。


パズルの知識を詰め込むような勉強が多い。


考える問題と思われているものも知識の問題。


小6生12人、6年間の勉強を24時間でマスター。


高校入試の数学、ほぼ0点がほぼ満点に。


「どうして赤からすぐ青になるのに、青からは黄色になってから赤になるのかなあ」


知的な楽しさがある「理科好きな子に育つふしぎのお話365日」


経験と個性の大切さがわかる「一魚一会」


森の学校で、夏休み・土日の自然寺子屋合宿という未来。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森のビジョン(51) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,372件
新着コメント1~10件
コメントは24時間以内に表示
ネット教育の現 namu
確かに通信教育も、なかなか一人では最後ま 12/9
ネット教育の現 森川林
 ネットワークを利用した教育は、世界的に 12/8
ネット教育の現 nane
 これまでのオンエア講座は、授業の時間が 12/8
本当に役立つ教 namu
確かに「ちょっと待って。」と言うと、解き 12/8
受験作文のオン namu
作文や志望理由書には、書くコツがあります 12/8
学歴インフレと namu
自然から学ぶことはたくさんあります。机上 12/8
12月7日講演 namu
確かに小学生の頃は、ランドセルをおくとす 12/8
12月7日講演 namu
楽しみですね。 12/7
12月7日講演 jun
子供時代の貴重な時間の使い方をもう一度よ 12/6
12月7日講演 jun
シェアします♪ 12/6
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■ネット教育の現状と今後の展望 12月8日
■12月7日講演会「勉強せずに学力をつける家庭教育のコツ」の内容 12月6日
■学歴インフレと個性 12月5日
■受験作文のオンエア特別講評終わる 12月5日
■暗唱検定の時間を7分以内とします――暗唱についての質問 12月2日
■本当に役立つ教育は、教えないこと、ワンテンポ遅れてあとからついていくこと 11月30日
■子供たちが、昼は自然の中で自由に遊び夜と朝は自主的に勉強する「森の学校オンエア」を企画中 11月29日
■創造性と勉強 11月28日
■小学校低中学年の読書は、ためになる本よりも、熱中できる本を中心に 11月24日
■難しい勉強と易しい勉強、大事な勉強と小事な勉強 11月23日
■未来の教育の可能性――豊かな自然のある田舎で日本語教育と国際教育 11月20日
■受験作文コースの生徒の作文特別講評は、毎週土曜日1030から 11月18日
■12月に発売する本の内容 11月14日
■子供には、もともとよくなる力がある 11月12日
■点数の教育ではなく、文化の教育をどう進めるか――暗唱力(7) 11月11日
■事前指導を生かした作文は、実例を増やし、語彙を豊かにし、家庭での対話の文化を作る 11月10日
■オンエア講座「作文と勉強」の曜日増設。無料モニターの追加募集について 11月8日
■暗唱力があれば、作文や国語ばかりでなく数学も英語も思いのまま(6) 11月7日
■暗唱力があれば、作文や国語ばかりでなく数学も英語も思いのまま(5) 11月4日
■森の学校オンエアの未来教育構想 11月3日
■作文を書く前に構想図をどう書くか 11月2日
■家庭でできる先取り学習 10月31日
■講演会、ワークショップ・懇親会、盛況のうちに終わる――ご参加ありがとうございました 10月30日
■お父さん、お母さん、子供の対話のきっかけになる作文課題 10月28日
■形に残るもの、心に残るもの 10月27日
■作文が返却されたあとの家庭での対応 10月26日
■子供が家庭でひとりで学べる解説の豊富な教材があれば、日本の子供たちの学力はもっと改善される 10月24日
■言葉の森ワークショップ・懇親会のお知らせ 10月23日
■公立中高一貫校の受験作文コースの「11.5保護者セミナー」のお知らせ 10月22日
■暗唱力があれば、作文や国語ばかりでなく数学も英語も思いのまま(5) 10月21日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
作文発表会(20)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
仲間サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。