国語の問題文も本も、読むものではなく頭に入れるもの(その1) 国語の問題文も本も、読むものではなく頭に入れるもの(その1) 勉強の始めに5分間読書、勉強の終わりにたっぷり読書 中学生の勉強を作業的なものにせず、目的を持った勉強にさせるために 人工知能に負けない学力を育てる

記事 2609番  最新の記事 <一つ前の記事  2016/6/27 
国語の問題文も本も、読むものではなく頭に入れるもの(その2)
森川林 2016/06/23 18:47 


 国語の試験問題を解く時も、自分の興味を元にした傍線の引き方は有効です。テストの問題文で自分が面白いと思ったところに線を引き、次にその傍線を引いた箇所だけを飛ばし読みすると、その問題文の全体像が頭の中に入ってくるのです。

 読書の場合も同様です。一回目の読書は傍線を引きながら読むので、分速600字で読むとしても1冊の本を読むのにかかる時間は3、4時間です。そして、2回目にその傍線の引かれた箇所だけを飛ばし読みすると、その2回目の読みは15分くらいで済みます。しかし、繰り返し読書はこれで終わりません。2回目にも自分なりに面白いと思ったところに線を引きながら読みます。すると、傍線が二重になるところも出てきます。

 多くの本はこの段階で終わりますが、内容を確実に消化したい本の場合は、3回目の繰り返し読書をします。3回目は傍線が二重に引かれた箇所を中心にノートに書き出すのです。そして、さらに確実に内容を自分のものにしたい本の場合は、その書き出しを元に抽出した箇所ごとに自分の考えを書いていきます。
 この作業を繰り返し読書の4回目とすると、本を確実に自分のものとして消化するには3回から4回繰り返して読む必要があると分かってくるのです。

 繰り返し読書のスタートは本に線を引いて読むことです。そして線を引いて読むための哲学的基礎は『本は読むものではなく頭に入れるものだ』という考えなのです。
 では、図書館で借りてきた本など、自分のものでない本に関してはどうするのでしょうか。そのやり方は傍線ではなくミニ付箋を貼ることです。繰り返し2回目の読書で二重付箋を張った箇所を元にノートに書き出しをすれば、傍線を引いた本と同じようなまとめ方になります。

 ところで、以上述べたことは頭に入れたくなるような文章で書かれたものですから、その文章は主に説明文の本と国語のテストの問題文です。
 小中学生がよく読んでいる本は物語文のことが多いですから、特に頭の中に入れる必要はありません。だから、傍線を引く必要もほとんどありません。
 では、物語文の本はどういうふうに読めばいいのでしょうか。その方法は味わいながら読むことです。その本の中に没頭し、自分がその本の中で生きて経験しているような感覚で読んでいくのです。こういうなりきった読み方が物語文の本を把握するコツです。

 物語文の読書が多い小中学生には、本に傍線を読むことの大切さを実際の読書生活の中で教える機会がなかなか持てません。だから、国語のテスト問題などを利用して、内容をしっかり把握したい文章には傍線を引いて読むということを教えていくとよいのです。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。 コメント件数(2)

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(91) 

通学できる作文教室

言葉の森の教室ではありませんが、言葉の森の教材で指導している森林プロジェクトの作文教室です。お問い合わせは、それぞれの教室へお願いします。

【日本国内】

【海外】
メルマガの配信
言葉の森新聞の記事

バックナンバー (週刊)
RSS
RSSリーダーに登録すると
更新情報がわかります。
Yahoo! RSSリーダー
オープン教育 1~5件
オープン広場(全記事)
更新状況
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■国語の問題文も本も、読むものではなく頭に入れるもの(その2) 6月23日
■国語の問題文も本も、読むものではなく頭に入れるもの(その1) 6月22日
■国語の問題文も本も、読むものではなく頭に入れるもの(その1) 6月22日
■勉強の始めに5分間読書、勉強の終わりにたっぷり読書 6月21日
■中学生の勉強を作業的なものにせず、目的を持った勉強にさせるために 6月20日
■人工知能に負けない学力を育てる 6月17日
■オンエア講座「中学生定期テスト対策」0616資料 6月15日
■オンエア講座「公立中高一貫校受験対策」6/15の資料 6月14日
■オンエア講座「読書感想クラブ」6/14の資料 6月14日
■オンエア講座の紹介、オンエア作文は追加料金無料、森リン採点の仕方(言葉の森新聞6.3週の記事より) 6月12日
■子供の読書生活にkindleを活用する時代 6月10日
■まぐまぐニュースに掲載された記事――公立中高一貫校の受験は、塾に行かなくても家庭でできる(2)――中学生の勉強も家庭でできる 6月9日
■まぐまぐニュースに掲載された記事――公立中高一貫校の受験は、塾に行かなくても家庭でできる(1) 6月8日
■成績と学力とは違う――成績を上げるには成績を上げるための勉強が必要――「中学生定期テスト対策」オンエア講座) 6月7日
■暗唱検定5級の合格者6名 6月6日
■幅広い読書経験と、自分から進んで経験する力を育てる――読書感想クラブ 6月5日
■家庭で取り組む公立中高一貫校受験対策(6/2追加) 6月1日
■「中学生定期テスト対策」オンエア講座の目的と方法(5/31追加) 5月30日
■国語力は必ず上がる――そのあまりにも平凡な方法 5月27日
■勉強のし過ぎによる勝ち負け感覚を克服する――文化の学力 5月23日
■自分で計画を立てて勉強する力をつける、「中1からの中学生定期テスト対策と入試国語」 5月21日
■受験勉強の王道=過去問対策を家庭学習でカバーする、小4からの公立中高一貫校受験対策 5月20日
■幅広い読書力と、個性的な経験力をつける読書感想クラブ 5月19日
■公立中高一貫校受験の理科・社会の勉強の仕方 5月18日
■どんなに作文が苦手な子でもすぐに書けるようになる方法 5月17日
■「中学生の定期テスト対策講座」で、自分で計画を立てて勉強する力をつける 5月12日
■小4からの公立中高一貫校受験対策講座、オンエア方式でスタート 5月11日
■少人数で密度の濃い話ができるオンエア講座――「小1からの読書感想クラブ」 5月11日
■初の暗唱検定「3,000字6分以内」に合格者4名も! 5月9日
■連休を終えて 5月6日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 森新聞検索
g+コミュニティ
寺オンコミュニティ

フェイスブック
▽言葉の森のfacebook
言葉の森
作文ネットワーク
ツイッター
言葉の森@kotomori

新着コメント1~4件
国語の問題文も 森川林 6/24
作文に生かすこ 森川林 6/24
国語の問題文も きょう 6/23
作文に生かすこ わてな 6/23
……次のコメント

家庭学習
家庭学習のページ
教育漢字集
常用漢字集

おすすめ記事
おすすめ記事/言葉の森

公立中高一貫校対策
公立中高一貫校受験対策

自習検定試験
自習検定のページ

遊びと行事の課題
実行課題集

プレゼン作文発表会
プレゼン作文

寺子屋オンエア
寺子屋オンエア

幼児作文コース
幼児作文コース

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
リンクの林

算数の通信教育
算数の通信教育のおすすめは、
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(120)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(24)
英語教育(10)
オープン教育(24)
オンエア作文(1)
オンエア特別講座(33)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(90)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(254)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(58)
国語問題(15)
国語力読解力(152)
子育て(116)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(82)
言葉の森のビジョン(48)
子供たちの作文(59)
作文教育(133)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
作文発表会(20)
算数・数学(21)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(77)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(17)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(91)
読書感想クラブ(7)
読書感想文(19)
仲間サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(30)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(6)
森リン(102)
問題集読書(33)
幼児作文コース(9)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(377)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。