ローカルの先にある「道」の文化、そして向上と創造の社会へ マイルドヤンキーとなる若者――グローバルからローカルへ、そしてローカルから 3月19日~3月24日まで無料体験学習を申し込まれた方に、再度ご送信のお願い 2月以前の昔の「山のたより」の手書き作文のウェブ添削を見るには 生徒コードが4桁に――「ああああ」から「んんんん」まで

記事 2341番  最新の記事 <一つ前の記事  2015/3/29 
国語の成績が悪い三つの原因と、よくするための三つの対策
森川林 2015/03/27 08:00 


 「国語の成績だけが悪かったんです」と、テストを持ってきてくれる中学生がいます。
 子供も親も、たぶん先生も、点数にしか目が向きません。国語のテストの点数がよい子が、国語力のある子と考えてしまうのです。

 テストの中身を見れば、その点数がどういう原因でそうなっているかがわかります。
 成績が悪い原因は、大きく三つに分かれます。
 第一は、勉強していないことです。
 第二は、解き方のコツを理解していないことです。
 第三は、読む力がないことです。
 点数が悪いだけで偏差値上は何も問題がないということもあります。だから、本当は点数ではなく、平均点との差や順位の方が大事なのです。

 第一の「勉強をしていないこと」は、問題を見ればわかります。
 中学生のころの国語は、問題の分野が、漢字、文法、古典、読解、記述などに分かれています。
 定期テストは出題範囲が決まっているのですから、漢字は読みも書きも全部できていて当然です。ここで数問間違えていたら、それは勉強をしていなかったということです。
 次の文法も、古典も、同じです。これは、国語力ではありません。単なる国語的な知識の問題ですから、文法と古典ができていなかったら、そのための問題演習をしていなかったということです。
 こういう言い方はよくないかもしれませんが、先生は点数に差をつけやすくするために問題を出しています。文法と古典は、勉強しているかいないかではっきり差がつき、問題も作りやすいからテストの問題となっているのです。
 一度テストを受ければ、その先生がどういう傾向の問題を出すのかわかるのですから、それを毎回同じように文法と古典で点を落とすのは、勉強の対策ができていないということです。
 漢字、文法、古典で×がいくつかあると、そのあとの記述の問題も自然に辛くなります。逆に、漢字、文法、古典で○が続いている生徒には、先生の心理として、記述も甘めに採点したくなるのです。
 対策は、簡単です。定期テストの前に、時間を取って国語の出題範囲の勉強をすることだけです。

 第二の「解き方のコツを理解していない」場合です。これも、問題と答え方を見ればわかります。
 共通点は、問題文をきれいに、何の傍線も引かずに読んでいることです。そして、選択問題も、ただ合っていそうなものに○をつけて選んでいるだけです。
 読解の点数を上げるには、問題文には必ず傍線を引いて読み、選択肢はどの選択肢についてもなぜその選択肢が○でないかというメモをしておかなければなりません。
 何度も書きますが、テストの多くは差をつけることが目的です。感覚的に合っていそうなものを選べば×になるように作ってあるのがテストです。だから、その裏を読んで、合っていないものを理詰めで消去していって残ったものを○にするのです。
 作文を読んでいると、その生徒の本当の国語力が大体わかります。作文はよく考えて書いているのに、国語の成績が悪いという生徒は、この解き方のコツを理解していないか、理解したつもりになっていても実践していないかのどちらかです。
 こういう生徒は、実際の問題と照らし合わせて1、2時間も説明すれば、すぐに成績が上がります。中1や中2で、数学も英語もよくできるのに国語の成績だけが悪いという人がときどきいます。こういう生徒に解き方のコツを説明すると、次のテストからすぐに成績が上がります。そして、中3になるころには、「苦手だった国語がいちばん成績がよくなった」という嘘のような話になるのです。
 これは、高校生でも同じです。高3の8月ごろというのは、もう実力もほぼ固まってきているころですが、この時期に、国語の苦手だという生徒に、センター試験の解き方などを説明すると、次の回から一気に成績が上がります。しかし、それはもちろん本人の読む力の範囲でのことです。

 第三は、その「読む力がない」という原因です。
 小学生では、文章を音読させてみると、たどたどしくしか読めないというのが、読む力のない状態です。それは、本人のせいではありません。だから、子供を叱るのではなく、親がまず反省して、気長に簡単なところから読書の生活を始める必要があります。
 よく、「うちの子はどんなに言っても本を読まないんです」と、まるで本人が悪いかのように言う人がいますが、小学生の場合、本を読まないのは、子供の問題ではなく親の工夫の仕方の問題です。
 話は変わりますが、今、寺子屋オンエアでは、勉強の前に読んでいる本を見せてもらい、勉強が早めに終わったときはその本を読んでおくようにしています。それだけで、どの子も毎日本を読むようになります。読書は、その生徒にとって難しすぎる本を与えていないかぎり、誰でもすぐにできるものなのです。
 中高生では、さすがにたどたどしく読むという生徒はいません。しかし、中高生の読む力は、難しい言葉を知っているかどうかということに現れます。大学入試でよく出てくる「恣意的(しいてき)」などという言葉がその例です。こういう言葉が読めないということは、意味も理解できていないということです。
 国語の問題文の中に、自分の知らない語句がいくつかあると、その文章を表面では読んでいても、中身が理解できなくなります。特に、高校入試や大学入試の問題文は、やはり点数の差をつけるためにだ作られていますから、文章の最初の方に特にそういう読みにくい言葉が並んでいることが多いのです。問題文を最後まで一息で読めば、全体は理解しやすくなるのですが、語句を知らない生徒は最初の方で時間がかかり、一息に読むということができません。
 読書でもそうですが、最もよい読み方は、できるだけ早く全体を読み終えるということです。時間をかけて何日もかけてじっくり読んでいると、かえって全体像が頭に入りません。国語の問題文も、すばやく読み切ることが大事です。
 では、中高生が読む力をつけるためには、どうしたらよいかというと、それもやはり読書なのです。先ほどの「恣意的」などという言葉が入っている文章を読むことが、読む力をつける最良の道です。しかし、そういう本を実際に読める子はなかなかいないので、そのために、言葉の森がすすめているのが問題集読書です。しかし、この問題集読書も、家庭ではなかなかできません。その理由は、形の残る勉強でないことと、読む力が伴わないうちはやはり面白くないということがあるからです。そこで、これも、寺子屋オンエアで行う勉強の中に組み込むようにしています。

 国語の成績が悪いという場合は、以上のようにいくつかの原因があります。お父さん、お母さんは、点数だけ見て判断せずに、まずその問題の中身を見て、自分も一緒に問題を解いてみてください。そうすると、成績の悪い原因がどこにあるかがわかり、対策も立てられるようになります。

 このように考えると、国語の成績とは、国語力とは少し違うのです。入試が過酷になると、成績と学力は更にずれてきます。それは、どの教科でも同じです。
 次回は、「成績の逆転現象がなぜ起きるか」を書く予定です。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(113) 

記事 2340番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2015/3/29 
ローカルの先にある「道」の文化、そして向上と創造の社会へ
森川林 2015/03/26 21:04 


 世界から日本へ、グローバルからローカルへ、大都会から地元へ、という志向が、若い人たちの間で生まれています。
 ローカルは、生活の必要で成り立っている社会ですから、大きく儲けることもなければ、大きく損をすることもありません。人間のつながりの中で、自分の個性をほどほどに生かしていくというのが、ローカルの社会です。
 町内の相撲大会で優勝して満足するのがローカルの個性です。それ以上のプロを目指したり、オリンピックを目指したりするのではありません。ほどほどの個性に満足して、地に足の着いた生活をしていくのがローカルの人生です。

 しかし、日本の文化の中では、生活の必要は、単なる必要のレベルにはとどまりません。もともとの個性にだんだん磨きがかけられ、やがてその個性が「道」を究めるようになっていくのです。
 日本では、生活産業は、次第に究道産業へと進化していく傾向があります。それは、最初から日本一や世界一を目指すグローバルな発想ではありません。自分の興味を深めていくうちに、次第に自分でしか究められない世界に入っていくという進み方です。

 だから、日本の社会でこれから生まれるのは、グローバルでも、その対極にあるローカルでもありません。グローバルとローカルの対比を超えたところにある「道」の文化が新しい産業として生まれてくるのです。

 これまでの欧米中心の社会で生まれた文化の中には、サッカーやゴルフやバスケットボールのように、単なる遊びから生まれたものであるにもかかわらず世界的な広がりを持つようになったものがありました。
 日本でも、アニメや寿司やカラオケなど、日常の延長から生まれたものであるにもかかわらず、世界的な広がりを持つようになっているものがあります。

 これからは更に、今はまだ現れていない新しい日本文化が次々とローカルの生活の中から生まれてくるのです。

 その根底にあるのは、向上心です。
 欧米の文化の根底にあるのは、勝ち負けの発想です。あらゆるものが、勝つことに向けて収斂していく面があります。
 日本文化にももちろん勝ち負けの発想はありますが、それと同時に、勝ち負けとは別に自分自身を高めることに価値を置く発想があるのです。これが「道」の文化の根底にあるものです。

 「道」の文化は、国内でも一つの産業になりますが、更に世界に向けての輸出産業になる可能性を秘めています。
 しかし、それ以上に大事なのは、「道」の文化が広がることによって、向上心が社会の共通の価値観として認められていくことです。
 そこから、人間にとっても社会にとっても最も本質的な価値となる「創造」が生まれてくるのです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
新しい産業(13) 政治経済(54) 

通学できる作文教室

言葉の森の教室ではありませんが、言葉の森の教材で指導している森林プロジェクトの作文教室です。お問い合わせは、それぞれの教室へお願いします。

【日本国内】
■千葉県
柏の葉公園
柏の葉公園コミュニティ体育館2F
浅岡佳代 04-7170-1023 kayo.asaoka@gmail.com
http://koma.kayo.pupu.jp/
毎週土曜日9:00-13:00。小学生から高校生まで対象。柏の葉公園のコミュニティ体育館2Fで行っています。場所が変わるときがありますので、見学や体験にいらっしゃるときは必ず事前にお電話ください。1日1回の長文音読を必須とし、教室では作文、小論文の書き方を指導いたします。 (管理)
■東京都
マイサンシャイン
東京都練馬区氷川台3-6-10 石野CRビル202
050-3639-2533
(管理)
こひつじ幼稚園教室
東京都大田区久が原4丁目37-14
03-3755-7106 090-8562-1266 whity_tomo@yahoo.co.jp
随時体験受け付けています。

毎週木曜日
16:00~ 小学1・2年生(1時間)
16:30~ 小学3・4年生(1.5時間)
東急池上線「久が原」駅から徒歩7分
東急池上線「千鳥町」駅から徒歩8分 (管理)
セルモ松陰神社駅前教室
東京都世田谷区世田谷4-2-10
TEL 03-6413-9681 E-mail selmoshowin@gmail.com
http://www.selmo.jp/sc/shoin
(管理)
■神奈川県
言葉の森 お日さま 作文教室
横浜市港北区日吉4-17-22 テラス日吉3F
08065370843 / ohisamasakubunkyousitu@gmail.com
http://ohisamasakubun.jimdo.com/
作文を書くことが楽しくなる教室です。 (管理)
日曜個別作文教室
横浜市港南区港南台(根岸線港南台駅より徒歩3分)★日曜日のご都合がつく時間に月3回
juliarose814@ybb.ne.jp
http://kobetsu-sakubun.jimdo.com/
 作文が苦手な方、入試の作文対応にお困りの方、帰国子女の方など、一般的な通信や通学の作文教室で勉強するには不安があるという方のための教室です。作文、国語の勉強に真剣に取り組もうと考えていらっしゃる方のみを対象に、作文指導歴15年の講師が個別に指導します。授業は、毎週日曜日午前9時から午後5時の間で、ご都合のつく時間帯をお選びいただけます。1回の指導時間は60分~90分程度、原則として月3回の指導となります。入会金5,000円、受講料月額9,000円(受験コースは月額プラス3,000円)。 (管理)
ペガサス本鵠沼駅前教室
神奈川県藤沢市本鵠沼2-13-17-2F
電話 0466-22-5205 (10時~22時)
http://www.juku-pegasus.jp/school/honkugenuma/
神奈川県藤沢市にある自律型個別指導ペガサス本鵠沼駅前教室です。このたび『言葉の森』作文口座を開講することになりました。すべての教科の土台となる国語力と、これからの時代に必要とされる思考力・表現力をつけるのに最適な講座です。ぜひ一度お試しください。 (管理)
元住吉ブレーメン教室
神奈川県川崎市中原区木月
08067733708
http://motosumikokugo.blog.fc2.com/
東横線日吉駅と武蔵小杉の間の駅「元住吉」から、ブレーメン通りを通って約6分。2013年春から、作文教室と国語個別教室を開講します。詳しくはブログをご覧ください。 (管理)
ソフィア個別指導塾
神奈川県川崎市宮前区宮前平3-11-20-104
044-872-8148 平日15:00~21:00
http://www.sophia-kobetsu.jp/
小・中学生向けに完全個別指導をしている塾です。言葉の森は小学生向けに開講しています。 (管理)
■石川県
こほく寺子屋
石川県加賀市柴山町も33番地 湖北地区会館 内
nagaenobuhiko@manabuki.com
http://manabuki.com/terakoya
(管理)
■愛知県
読書作文教室ことばの窓
名古屋市守山区大字下志段味字横堤1390-1 志段味地区会館内
komayu@mori7.com
http://ameblo.jp/asumado/

表現豊かに書く 相手にわかるように書く 自分らしく書く そのための思考力をはぐくむ作文教室です。読書指導や音読にも力を入れています。
現在、しだみ教室 おばた教室 と二か所で開講しています。 (管理)
弓塾
愛知県日進市香久山3-1701 シテイオ香久山107
052-802-9426
mayyuu2358@gmail.com (管理)
■兵庫県
芦屋夢
兵庫県芦屋市公光町10-14 学童型子どもコミュニティ キッズ.com内
0797-25-1557
(管理)

【海外】
■ミャンマー
作文教室のびのび
ヤンゴン、ミャンマー
doremifamilyclub@gmail.com
(管理)
メルマガの配信
言葉の森新聞の記事

バックナンバー (週刊)
RSS
RSSリーダーに登録すると
更新情報がわかります。
Yahoo! RSSリーダー
オープン教育 1~5件
オープン広場(全記事)
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■国語の成績が悪い三つの原因と、よくするための三つの対策 3月27日
■ローカルの先にある「道」の文化、そして向上と創造の社会へ 3月26日
■マイルドヤンキーとなる若者――グローバルからローカルへ、そしてローカルから 3月25日
■3月19日~3月24日まで無料体験学習を申し込まれた方に、再度ご送信のお願い 3月24日
■2月以前の昔の「山のたより」の手書き作文のウェブ添削を見るには 3月23日
■生徒コードが4桁に――「ああああ」から「んんんん」まで 3月19日
■勉強は話し声のないところで、テレビはヘッドホンで 3月18日
■理詰めで解く国語――センター試験を例にして 3月17日
■合格情報(続き) 3月16日
■創造力の源は言語と経験 3月14日
■家庭学習のポイント 3月12日
■3.11を思い出す 3月11日
■勉強はベストエフォートで 3月10日
■厚い問題集を1回やるよりも、薄い問題集を何度も繰り返す 3月9日
■大事なのは日本語力――早期の英語教育よりも、まず家庭での普通の日本語生活を 3月6日
■×がつくのはよい勉強、○がつくのはよくない勉強 3月5日
■勉強サプリの時代の先にあるもの 3月4日
■考える力と親子の対話――そのきっかけとしての長文の音読 3月3日
■小1から始めて高3まで作文の勉強を続ける子 3月2日
■NHKの預金封鎖の番組が示唆するこれからの社会 2月27日
■「作文の丘」から送られた手書きの画像、直りました 2月26日
■「作文の丘」から送られた手書きの画像が表示されていない件 2月25日
■作文がなかなか上達しないときこそ褒める 2月24日
■ウェブ添削のやり方が新しくなりました 2月23日
■言葉の森の生徒の各種コンクール入選の記録 2014年 2月22日
■ウェブ添削の改良の予定 2月19日
■合格情報 2月18日
■寺子屋オンエアで勉強の基本を身につけ、同じ寺子屋オンエアで個性を伸ばす 2月17日
■国語力をつける作文指導は、長文を読んでの感想文の指導 2月16日
■12月の森リン大賞より(高校生の部) 2月15日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 森新聞検索
フェイスブック
▽言葉の森のfacebook
言葉の森
作文ネットワーク
ツイッター
言葉の森@kotomori

新着コメント1~4件
考える力と親子 森川林 3/24
考える力と親子 ラウレア 3/23
生徒コードが4 森川林 3/23
生徒コードが4 ラウレア 3/23
……次のコメント

家庭学習
家庭学習のページ

おすすめ記事
おすすめ記事/言葉の森

公立中高一貫校対策
公立中高一貫校受験対策

自習検定試験
自習検定のページ

遊びと行事の課題
実行課題集

プレゼン作文発表会
プレゼン作文

寺子屋オンエア
寺子屋オンエア

幼児作文コース
幼児作文コース

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
リンクの林

算数の通信教育
算数の通信教育のおすすめは、
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
新しい産業(13)
暗唱(96)
生き方(35)
息抜き(17)
いじめ(1)
インターネット(18)
英語教育(5)
オープン教育(23)
音声入力(10)
音読(14)
科学(5)
学力テスト(1)
家庭学習(51)
家庭で教える作文(53)
漢字(14)
帰国子女(5)
教育技術(3)
教育論文化論(214)
教室の話題(24)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(3)
合格情報(19)
高校入試作文小論文(8)
構成図(24)
公立中高一貫校(47)
国語問題(11)
国語力読解力(113)
子育て(97)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(30)
言葉の森の特徴(70)
言葉の森のビジョン(3)
子供たちの作文(51)
作文教育(117)
作文の書き方(97)
作文発表会(15)
算数・数学(9)
自習検定試験(9)
自然災害(1)
実行課題(2)
質問と意見(39)
受験作文小論文(74)
小学校低学年(52)
森林プロジェクト(26)
政治経済(54)
生徒父母向け記事(56)
生徒父母連絡(69)
全教科指導(1)
センター試験(5)
創造が価値の源泉となる社会(8)
大学入試(12)
対話(34)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(4)
読書(74)
読書感想文(17)
仲間サイト(7)
日本(37)
日本語脳(14)
東日本大震災(14)
facebook(28)
facebookの記事(164)
プログラミング教育(4)
勉強の仕方(89)
未来の教育(9)
無の文化(9)
メディア(6)
森リン(90)
問題集読書(16)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(375)

QRコード