新しい価値観で子育てをする 森リン大賞の作品から(高校生の部 7月の第1位) 勉強に対する意欲を持たせるには――作文の勉強にも意欲が必要 短時間で実力のつく勉強をしつつ、遊びの時間をたっぷり確保する 言葉の森のIT化の歴史、そして未来の展望

記事 2692番  最新の記事 <一つ前の記事  2016/9/28 
勉強ができすぎる子の問題
森川林 2016/09/28 06:39 


 小学校低学年から作文の勉強を始めようという子は、一般的にかなりよく勉強のできる子です。
 学校の普通の勉強は、もうすっかりできるので、それ以外の面白い習い事をしたいということで作文教室に来ることが多いのです。

 もちろん、反対に超がつくほど苦手という子も来ます。しかし、そういう子供たちは特に問題がありません。
 毎日の読書と長文音読の習慣をつけて、毎週書く作文のいいところを褒めていけば、必ず上達していくからです。

 問題は、よくできる子の方にあります。
 小学校低学年でよくできるのですから、学校のテストなどは常に百点です。
 何をやってもよくできるので、家庭で学年よりも先に進んだことをしています。そして、その先の学年のこともすっかりできるのです。
 勉強ができるだけでなく、態度もしっかりしているので、学校のクラスでも自然にリーダーのような役割を果たしています。

 そういう模範的なよくできる子のどこが問題になるかというと、そのよくできすぎるところなのです。

 第一は、知的な理解が進んでいるので、実際の行動よりも理解が先になりがちなところです。
 世の中には実際に体験してみなければわからないことがあり、その体験の中で予想とは違ったトラブルや失敗に遭遇するのが普通です。そして、その予想とは違った失敗の経験から、知的な理解以上に多くのものを学んでいくのです。

 しかし、理屈による理解が先行している子は、やらなくてもわかったつもりになるので、実際の行動を省略しがちです。
 小学生のころは、知的な理解が早い子の方が進んでいるように見えるのですが、学年が上がるにつれて、そして将来社会で活躍するようになる時期になると更に、理解よりも行動を優先する人の方が成長が早くなってくる傾向があるのです。

 だから、勉強のよくできる子は、特に、勉強以外の実際の行動の時間を確保してあげる必要があります。
 本をよく読む子の場合は、本に書かれていることの理解で終わらせずに、その本に書かれていることを実際にやってみるような経験を用意してあげるといいのです。

 第二の問題は、勉強が同じ学年の子供たちよりも先に進んでいる子は、クラスの中で浮いてしまう場合があることです。
 そういう子は、子供どうしで遊ぶよりも、大人と話している方が楽しいということがあります。
 しかし、大人は節度を持った話し方をしますから、子供どうしでよくありがちないざこざというものがありません。

 子供は、周囲との時には理不尽なやりとりの中で成長していきます。子供どうしで遊ばない子は、そういうやりとりの機会が少ないまま、大人の中でいい子のまま成長してしまうことがあるのです。
 しかし、もちろんこれは、成長とともに友達どうしの交流は必ず増えてきますから、次第にその子なりに人間関係のバランスが取れるようになります。
 それでも、そこまでの苦労は、本人にとってはかなりあるのです。

 第三の問題は、よくできる子は、傍目にはそう見えなくてもやはり無理をしてよくできる子になっていることが多いことです。
 子供は、本当はくだらない漫画などをだらだら読むような生活もしたいのです。しかし、いい子でいるためには、親が喜ぶようないい本を読まなければなりません。いい本はもちろん面白いのですが、本当はそういう本ばかり読むとか、そういう本しか読まないということは不自然なことなのです。

 今は少子化が進んでいるので、子供は親の目を離れて自由な時間を持つということがなかなかありません。その自由に脱線する時間がないということが、あとで無理として出てくるのです。
 その無理は、軽い場合は、親への反発として出てきます。小学校低学年でいい子であった子ほど、小学4、5年生の自立意識が目覚めるころになると、親の言うことを聞かなくなるのです。
 しかし、親への反発は成長とともに、自然に元に戻ってくるので、それほど大きな問題ではありません。

 無理な生活を続けたもっと大きな問題は、学年が上がるにつれて次第に無気力になってくることです。
 この無気力も軽い場合は、勉強に対する無気力で済みます。小学校低学年のころ勉強のよくできた子が、中学生、高校生となるにつれて次第に勉強に対する関心を失っていくのですから、問題と言えば問題ですが、それは生活に差し支えるほどではありません。しかし、重い場合は、生活そのものが無気力になってしまうことがあるのです。

 今の家庭は、親子だけの核家族で過ごす時間が多いので、祖父母や近所の家族との交流があまりありません。
 そうすると、どうしても親の価値観だけで子育てが進んでしまいがちです。

 だから、親はいつも全体のバランスを考えて子育てをしていく必要があります。
 そのひとつのポイントは、いいことも悪いことも度を過ぎない程度にやることです。
 そして、子供が親の価値観から離れて自由に生活できる時間や場所を必ず確保してあげることです。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 小学校低学年(79) 

記事 2691番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2016/9/28 
新しい価値観で子育てをする
森川林 2016/09/27 06:04 


 世界的な数学者でも、計算ミスをすることがあります。
 文章を仕事としている人でも、漢字をど忘れすることがあります。
 計算と漢字の力は、人並みにあった方がいいものですが、それ以上のものではありません。

 人工知能のロボットが、センター試験で偏差値57.8まで取れるようになりました。
 これまで人間の学力と思われてきたかなりの部分が、機械でも代替できる学力だということがわかってきました。
 すると、人間に残された真の学力とは何なのでしょうか。

 それは、生きる希望や、未来へのビジョンや、新しいものを作り出す力、つまりまだ答えのないものを創造する力です。
 その創造力の土台として、これまでの勉強と思われていたものがあるのです。
 決してこれまでの勉強がゴールなのではありません。

 これからの子育ては、この新しい価値観で子供を見ていくことから始まります。
 しかし、その新しい価値観の教育は、まだ多くの人が模索中です。

 私は、この新しい価値観の子育ては、作文を中心とした読書と対話と経験に結びついていると思っています。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 
メルマガの配信
言葉の森新聞の記事

バックナンバー (週刊)

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 14,510件
新着コメント1~10件
勉強ができすぎ jun
親は、自分の価値観から離れて、子供の視野 12:9
勉強ができすぎ jun
勉強さえできればいいわけではないことは、 11:28
勉強ができすぎ kira
 子どものためにといろいろなプランを立て 8:35
勉強ができすぎ 森川林
 勉強ができない子は、全く問題がありませ 6:48
勉強ができすぎ nane
 子育てのバランスを取るためには、父と母 6:48
勉強に対する意 namu
ダラダラ勉強することは、逆効果ですね。 9/27
科学の面白さを sizu
中学受験の段階で、「私は文系だと思う」「 9/27
森リン大賞の作 sizu
やはり自分の考えだけで書き進めるのではな 9/27
新しい価値観で nane
 これからの勉強のゴールは、受験に合格す 9/27
新しい価値観で 森川林
 将来の入学試験は、辞書持ち込み可、電卓 9/27
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■勉強ができすぎる子の問題 9月28日
■新しい価値観で子育てをする 9月27日
■森リン大賞の作品から(高校生の部 7月の第1位) 9月26日
■勉強に対する意欲を持たせるには――作文の勉強にも意欲が必要 9月26日
■短時間で実力のつく勉強をしつつ、遊びの時間をたっぷり確保する 9月25日
■言葉の森のIT化の歴史、そして未来の展望 9月24日
■どんなに苦手な子でも書けるようになる、どんなに得意な子でもそれ以上に書けるようになる作文指導 9月24日
■わかりやすいのはビジュアル、使えるのは言葉 9月24日
■学校は難しいことをやってできる子とできない子の差をつける場ではなく、誰でもできることを全員にしっかり徹底させる場 9月23日
■受験に作文試験がある場合の家庭でできる早めの対策 9月23日
■貝の年輪を数えた子――読書実験クラブの読み聞かせ 9月21日
■人間の想念の力は強い――だからいつも子供のよい面を見て 9月21日
■考える力を育てる国語・作文と算数数学の勉強 9月20日
■子供たちに科学の面白さを 9月20日
■国語力はすべての学力の基礎、作文力は将来の学力の目標 9月19日
■才能とは時間をかけたこと(Facebookページより) 9月19日
■入試問題の作文を、枠組みから考えるから方法――都立桜修館中の課題を例に 9月17日
■深層学習を生かした小論文の機械採点 9月16日
■小4~小6の「思考国算講座」のみんなの作品の一部紹介 9月16日
■創造の喜びを教育の中に 9月16日
■これからの入試に必要になる作文力――内容以前の誤字、字数、スピードも大事 9月15日
■9月2週の読み聞かせ――ミジンコウキクサ、サンマ、二枚貝の年輪 9月14日
■作文と国語の指導なら言葉の森――作文教室30年の実績 9月13日
■雨ニモマケズ――日本にある豊かな古典の文化資産 9月13日
■国語力をつけるには――国語力を難しい文章を読み取る思考力 9月12日
■科学の面白さを多くの子供に 9月12日
■言葉の森の作文の勉強はなぜ長続きするのか 9月11日
■自分は個人であるとともに他人と同じひとつのものと教えることがこれからの教育の出発点 9月11日
■森の学校オンエア構想――地方創生と教育改革を同時に実現する 9月11日
■反抗期があるのは先進国だけ 9月10日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 森新聞検索

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
作文発表会(20)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
仲間サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。