「勉強の仕方がわからない」という調査結果をどう見るか 2 「勉強の仕方がわからない」という調査結果をどう見るか 1 成績を上げるのは、「毎日の」「復習」 暗唱力がつくと、作文力、読解力、思考力がつく 音読を繰り返して暗唱できるぐらいになると、作文力も読解力もつく

記事 2264番  最新の記事 <一つ前の記事  2014/11/27 
作文検定試験とインターネット
森川林 2014/11/21 17:13 


 言葉の森では、以前、作文検定試験を行なっていましたが、通学の生徒か近距離の生徒しか正式には受検できないという難点がありました。
 通信の生徒も自宅でできればよいのですが、自宅では時間を一律には決められないので不公平に思う人も出てくる可能性がありました。

 しかし、今、寺子屋オンエアで自宅学習をモニターする仕組みができたので、これを応用すれば自宅での作文検定もできるという見通しが出てきました。

 例えば、検定試験の日時だけ決めておいて、その時間に、自宅からネット上の作文検定試験会場に参加してもらいます。
 参加した時点で問題が渡され、その場で課題の作文を書きます。
 書き方は、言葉の森の毎回の指導のように、表現項目を入れて、字数と時間制限のある中で書いていきます。
 書き終えたら、その作文をデジカメなどで撮影してアップロードする形で堤出します。

 小中高生のほとんどは、この試験のやり方で実力判定をしますが、更にその上のレベルを目指す人には、森リン判定も加えます。
 つまり、課題が出されたら、手書きではなく、その場でパソコン入力で書いていくのです。パソコン入力に慣れている人には、手書きよりもずっと楽に速く書けると思います。

 森リン採点の場合は、項目と字数と時間の評価以外に、語彙力の評価が加わります。
 同じように項目を入れて必要字数を書いている人でも、語彙力の差はあります。その語彙力は、普段読んでいる読書や長文の質と量でおおよそ決まってきます。

 また、森リン採点を補佐するものとして、人間の目による評価もありますから、ただ多様な語彙を使えばよいのではなく、その語彙が不自然ではない形で使われている必要があります。

 インターネットによる自宅での作文検定は、まだ環境が整っていない人の方が多いので、一般化するのは少し先になると思います。
 しかし、寺子屋オンエアなどで環境の整っている人は既に何人もいるので、まずそういう人たちからウェブの作文検定を実施していきたいと思っています。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文検定試験(0) インターネット(18) 

記事 2263番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2014/11/27 
「勉強の仕方がわからない」という調査結果をどう見るか 2
森川林 2014/11/20 19:32 


 問題を解く形の勉強がなぜ身につかないかというと、問題を解いて正解だったときはそれはもともとわかっていたことですからその問題を解く時間は無駄だったということになるからです。
 何時間勉強しても、その勉強時間のほとんどが問題を解いて正解だった場合、その勉強時間は何もしなかったと同じことなのです。それよりも読書をしていた方がずっと多くのことが身についたはずです。

 では、問題を解いて不正解だったときはどうかというと、この不正解の問題は、日を置いて四回から五回繰り返す必要があります。不正解というのは、本来そのように根が深いものなのです。
 ところが、小学校低学年のときの不正解は、一度ですぐにわかるものがほとんどですから、学年が上がっても、ほとんどの子供は不正解をそのまま確認して勉強を済ませてしまうのです。

 したがって、本来の勉強の仕方を取り戻すためには、問題を解く形の勉強を改善する必要があります。

 それには、まず第一に、問題を解くのではなく読む勉強を勉強の中心にすることです。それは、読書、長文音読、そして問題集読書です。この形の残らない勉強を勉強の中心とすることです。

 第二に、問題を解く場合は、本人が答えと照合しながら問題を解くぐらいにフィードバックを早くし、不正解だったり理解が不十分だったりした問題には△印をつけ、その不正解の問題を四回でも五回でも繰り返せる仕組みを作っておくことです。

 そして第三に、不正解の問題がなくなるまで、一冊の問題集を完璧に仕上げることです。

 勉強というものは、これまでは勉強する「物」としての教材が重要な役割を果たしていました。よい教材があれば、それがそのままよい勉強結果に結びついていたのです。
 しかし、これから重要になるのは、勉強する「事」」としての勉強の仕方です。
 経済においてと同じように教育においても、供給過剰の時代には、物から事へと重点が移ってきます。

 では、正しい勉強の仕方はどのようにして身につけたらよいのでしょうか。それは、正しい勉強の仕方を知っている人に、子供の勉強の仕方を見てもらうことです。
 勉強を見てもらうのではなく、勉強の仕方を見てもらうのです。

 勉強の仕方さえわかれば、子供は自然に勉強するようになります。その結果、テストの成績も上がるようになります。
 テストを目的とした問題を解く勉強をやめて、勉強を身につけることを目的とした問題を読む勉強を中心にしていくことです。

 言葉の森では、今、寺子屋オンエアという企画で、家庭における自学自習をチェックする仕組みを作っています。それは、この本当の勉強の仕方を身につけてもらうためです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
勉強の仕方(89) 寺子屋オンエア(4) 

通学できる作文教室

言葉の森の教室ではありませんが、言葉の森の教材で指導している森林プロジェクトの作文教室です。お問い合わせは、それぞれの教室へお願いします。

【日本国内】
■千葉県
柏の葉公園
柏の葉公園コミュニティ体育館2F
浅岡佳代 04-7170-1023 kayo.asaoka@gmail.com
http://koma.kayo.pupu.jp/
毎週土曜日9:00-13:00。小学生から高校生まで対象。柏の葉公園のコミュニティ体育館2Fで行っています。場所が変わるときがありますので、見学や体験にいらっしゃるときは必ず事前にお電話ください。1日1回の長文音読を必須とし、教室では作文、小論文の書き方を指導いたします。 (管理)
■東京都
マイサンシャイン
東京都練馬区氷川台3-6-10 石野CRビル202
050-3639-2533
(管理)
こひつじ幼稚園教室
東京都大田区久が原4丁目37-14
03-3755-7106 090-8562-1266 whity_tomo@yahoo.co.jp
随時体験受け付けています。

毎週木曜日
16:00~ 小学1・2年生(1時間)
16:30~ 小学3・4年生(1.5時間)
東急池上線「久が原」駅から徒歩7分
東急池上線「千鳥町」駅から徒歩8分 (管理)
よみうりカルチャー荻窪「小学生の作文教室」
東京都杉並区上荻1-7-1 荻窪駅ビル「ルミネ」6階
03-3392-8891  
http://www.ync.ne.jp/ogikubo/kouza/201307-16010020.htm
国語力の集大成である「作文力」は、あらゆる学力の基礎となる、大切な力です。作文のタネとなる材料の見つけ方や、表現の仕方などを身につけながら、楽しく文章を書きましょう! (管理)
■神奈川県
NSラーニングセンター横浜本牧教室
横浜市中区、本牧地区センター
shizunamu@yahoo.co.jp、070-6974-1296、020-4667-8490(FAX)
http://nslc.web.fc2.com/
小学1年生から6年生までを対象にした教室です。
国語力は全ての学力の土台です。その国語力を楽しく作文を書きながら身につけていきましょう。
きっと算数(数学)や英語も得意になること間違いなしです。
作文、暗唱、読書をメインに指導していきいます。
(管理)
言葉の森 お日さま 作文教室
横浜市港北区日吉4-17-22 テラス日吉3F
08065370843 / ohisamasakubunkyousitu@gmail.com
http://ohisamasakubun.jimdo.com/
作文を書くことが楽しくなる教室です。 (管理)
日曜個別作文教室
横浜市港南区港南台(根岸線港南台駅より徒歩3分)★日曜日のご都合がつく時間に月3回
juliarose814@ybb.ne.jp 080-4418-3694
http://kobetsu-sakubun.jimdo.com/
 作文が苦手な方、入試の作文対応にお困りの方、帰国子女の方など、一般的な通信や通学の作文教室で勉強するには不安があるという方のための教室です。作文、国語の勉強に真剣に取り組もうと考えていらっしゃる方のみを対象に、作文指導歴14年の講師が個別に指導します。授業は、毎週日曜日午前9時から午後5時の間で、ご都合のつく時間帯をお選びいただけます。1回の指導時間は60分~90分程度、原則として月3回の指導となります。入会金5,000円、受講料月額9,000円(受験コースは月額プラス3,000円)。 (管理)
ペガサス本鵠沼駅前教室
神奈川県藤沢市本鵠沼2-13-17-2F
電話 0466-22-5205 (10時~22時)
http://www.juku-pegasus.jp/school/honkugenuma/
神奈川県藤沢市にある自律型個別指導ペガサス本鵠沼駅前教室です。このたび『言葉の森』作文口座を開講することになりました。すべての教科の土台となる国語力と、これからの時代に必要とされる思考力・表現力をつけるのに最適な講座です。ぜひ一度お試しください。 (管理)
元住吉ブレーメン教室
神奈川県川崎市中原区木月
08067733708
http://motosumikokugo.blog.fc2.com/
東横線日吉駅と武蔵小杉の間の駅「元住吉」から、ブレーメン通りを通って約6分。2013年春から、作文教室と国語個別教室を開講します。詳しくはブログをご覧ください。 (管理)
■石川県
こほく寺子屋
石川県加賀市柴山町も33番地 湖北地区会館 内
nagaenobuhiko@manabuki.com
http://manabuki.com/terakoya
(管理)
■愛知県
読書作文教室ことばの窓
名古屋市守山区大字下志段味字横堤1390-1 志段味地区会館内
komayu@mori7.com
http://ameblo.jp/asumado/

表現豊かに書く 相手にわかるように書く 自分らしく書く そのための思考力をはぐくむ作文教室です。読書指導や音読にも力を入れています。
現在、しだみ教室 おばた教室 と二か所で開講しています。 (管理)
弓塾
愛知県日進市香久山3-1701 シテイオ香久山107
(管理)
■兵庫県
芦屋夢
兵庫県芦屋市公光町10-14 学童型子どもコミュニティ キッズ.com内
0797-25-1557
(管理)
■徳島県
高松&徳島 作文
徳島県
aloha-oe@namikosi.shikoku.ne.jp
(管理)

【海外】
メルマガの配信
言葉の森新聞の記事

バックナンバー (週刊)
RSS
RSSリーダーに登録すると
更新情報がわかります。
Yahoo! RSSリーダー
オープン教育 1~5件
オープン広場(全記事)
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■作文検定試験とインターネット 11月21日
■「勉強の仕方がわからない」という調査結果をどう見るか 2 11月20日
■「勉強の仕方がわからない」という調査結果をどう見るか 1 11月20日
■成績を上げるのは、「毎日の」「復習」 11月18日
■暗唱力がつくと、作文力、読解力、思考力がつく 11月17日
■音読を繰り返して暗唱できるぐらいになると、作文力も読解力もつく 11月16日
■やや難しい文章の毎日の音読が国語力の土台 11月14日
■寺子屋オンエアで、国語満点講座も 11月12日
■勉強の教え方の上手な先生は、すぐには教えない 11月11日
■新しい問題集読書の方法――入試問題集読書から国語問題集読書へ 11月9日
■新しい教育とは、新しい人間の見方の発見(その2)人間を歯車としてではなく種子として見る 11月7日
■新しい教育とは、新しい人間の見方の発見(その1) 11月6日
■言葉の森と寺子屋オンエア(その2)寺子屋オンエアと他の教育方法との違い 11月5日
■言葉の森と寺子屋オンエア(その1) 11月4日
■12月の遊びと行事の話題を募集 10月31日
■真のICT(情報通信技術)教育 10月26日
■ICT教育を、人間の主体性を育てる教育にするには 10月24日
■寺子屋オンエアのページを更新。新たに小1から中3までの問題集読書 10月23日
■国語のテストを見れば、成績の上がらない原因がわかる 10月21日
■森リン点を作文指導のひとつの柱に 10月20日
■国語力をつける勉強から、国語の成績を上げる勉強へ その1 10月18日
■国語の勉強のコツ、算数の勉強のコツ 10月17日
■教育の世界でも、物のデフレと文化のインフレが進む 10月16日
■算数も国語も勉強はすべて慣れ 10月14日
■問題集読書を低中学年から計画中 10月13日
■電話指導はもう時代遅れに。新しい時代のオンライン作文指導 10月11日
■自習表のつけ方のコツ 10月8日
■読書にすぐ飽きるのは、面白い本がないからではなく、まだ読む力がないから。大事なのは読む習慣をつけること 10月8日
■理想の勉強スタイル 10月6日
■通学でも通信でもない第三の学習スタイル、ICT教育の今後 10月4日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 森新聞検索
フェイスブック
▽言葉の森のfacebook
言葉の森
作文ネットワーク
ツイッター
言葉の森@kotomori

新着コメント1~4件
コメントは24時間以内に表示
人間にはもとも コクハ 10/26
小学生のころは さくら 10/12
小学生の日記の 森川林 10/3
小学生の日記の ハロー 10/2
……次のコメント

おすすめ記事
おすすめ記事/言葉の森

公立中高一貫校対策
公立中高一貫校受験対策

自習検定試験
自習検定のページ

遊びと行事の課題
実行課題集

プレゼン作文発表会
プレゼン作文

寺子屋オンエア
寺子屋オンエア

幼児作文コース
幼児作文コース

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
リンクの林

算数の通信教育
算数の通信教育のおすすめは、
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
新しい産業(13)
暗唱(96)
生き方(35)
息抜き(17)
いじめ(1)
インターネット(18)
英語教育(5)
オープン教育(23)
音声入力(10)
音読(14)
科学(5)
学力テスト(1)
家庭学習(51)
家庭で教える作文(53)
漢字(14)
帰国子女(5)
教育技術(3)
教育論文化論(214)
教室の話題(24)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(3)
合格情報(19)
高校入試作文小論文(8)
構成図(24)
公立中高一貫校(47)
国語問題(11)
国語力読解力(113)
子育て(97)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(30)
言葉の森の特徴(70)
言葉の森のビジョン(3)
子供たちの作文(51)
作文教育(117)
作文の書き方(97)
作文発表会(15)
算数・数学(9)
自習検定試験(9)
自然災害(1)
実行課題(2)
質問と意見(39)
受験作文小論文(74)
小学校低学年(52)
森林プロジェクト(26)
政治経済(54)
生徒父母向け記事(56)
生徒父母連絡(69)
全教科指導(1)
センター試験(5)
創造が価値の源泉となる社会(8)
大学入試(12)
対話(34)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(4)
読書(74)
読書感想文(17)
仲間サイト(7)
日本(37)
日本語脳(14)
東日本大震災(14)
facebook(28)
facebookの記事(164)
プログラミング教育(4)
勉強の仕方(89)
未来の教育(9)
無の文化(9)
メディア(6)
森リン(90)
問題集読書(16)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(375)

QRコード