本質教育、実力教育、創造教育、文化教育(その1) 子供の学力は家庭で決まる 自習検定を更に本格的に 寺子屋オンエアの体験学習生徒を募集中(言葉の森の生徒対象) 言葉の森を卒業した大学生・社会人のための学問コース

記事 2274番  最新の記事 <一つ前の記事  2014/12/21 
本質教育、実力教育、創造教育、文化教育(その2)
森川林 2014/12/19 20:26 


 家庭教育を立て直す方法の一つが、言葉の森が今行っている寺子屋オンエアです。
 インターネットを利用して、子育てを比較的うまく済ませた年配者が、その子育ての経験を生かし、今子育ての真っ最中の家庭の教育を一緒に見てあげるという形です。
 昔は、子供は、家庭と学校だけでなく、地域の他の大人たちによっても育てられていました。また、兄弟も比較的多い家庭が多かったので、兄弟の人間関係の中での教育も自然に行われていました。
 今は、親一人子一人の関係で、家の中だけで子供たちの生活が営まれている家庭も増えています。すると、親の持っている長所も欠点も、そのまま子育てに大きく反映してしまうのです。

 勉強ができない子がいた場合、それはその子の能力が低いからではありません。ただ勉強の仕方を知らないことと、そのために正しいやり方で勉強をしていないことが原因です。
 日本の教育で、かつて格差がきわめて少なかったのは、正しい勉強の仕方を社会が共有していたからです。それは、さかのぼれば江戸自体の寺子屋教育に行き着きます。
 今の日本で教育の格差が拡大しているのは、正しくない勉強の仕方が広まっているからです。それは、問題を解かせて○×をつけ、テストで評価するという形の勉強法が、家庭教育においても勉強の仕方の主流になっているからです。

 この問題を解かせて採点しテストで評価するという方法は、評価する必要がある場合の一時的な方法です。ところが、これが普段の勉強でも、勉強の仕方の中心になっています。
 問題採点型の勉強が増えたのは、学習塾や通信教育が、指導しやすい便利な勉強の仕方として普及させた面もあります。
 このやり方で勉強していると、理解の早い子と遅い子の差が出てきます。そして、それ以上に勉強の量が成績の差となって表れてきます。すると、量を増やして勉強する子はできるようになるが、量が伴わない子はできるようにならないという状態が生まれてきます。
 これが、教育格差の一つの大きな原因です。無駄な遠回りの多い勉強法で勉強をさせて、子供たちの間に差をつけるような教育が行われているのです。

 では、どういう勉強法がよいのかというと、それは、問題を解く勉強ではなく、参考書を読む勉強です。本当は、教科書を読む勉強でもよいのですが、今の教科書は、先生が教えることを前提にして作られているため、教科書を読んだだけではわからないことが多すぎます。だから、教科書よりも、教科書に準拠した市販の参考書の方が読む勉強の役に立つのです。

 算数数学や理科の場合は、問題を解くということも勉強の中で大きな比重を占めますが、それでも中心になるのは解く勉強ではありません。できる問題をいくら解いても力はつきません。しかし、ほとんどの子供たちは、できる問題をていねいに解く勉強をしています。解く勉強は、勉強というよりも解く作業です。そういう作業のようなことをしているにもかかわらず、子供たち本人はそれが勉強だと思い、周囲の大人もそれを勉強している姿と見てしまうのです。

 算数数学の勉強で大事なのは、できない問題に対応するときの勉強の仕方です。できない問題があったとき、その解法を見て理解し、あるいは解法を見ただけでは理解できない場合は人に聞いて理解し、その理解した解法を何度も読む勉強が算数数学の勉強法です。
 何度も読むためには、1冊の問題集を、できなかったところだけ何度も繰り返す必要があります。しかし、この何度も繰り返すという方法が、学校教育や塾教育や家庭教育ではなかなかできません。
 これまでの教育では、できる問題もできない問題も含めて新しいプリントを次々と解かせ、その定着度をテストで評価するという形の勉強法でないと、多様な生徒を同時に教えることはできなかったからです。

 こういう無駄の多い勉強法も、低学年のときは問題はありません。なぜなら、低学年のときは繰り返しやらなければ身につかないほど難しい勉強はしていないからです。
 しかし、学年が上がるほど、この問題採点型の勉強は、時間がかかるようになります。それはできる問題も何度も新たに解き、その一方でできない問題も1、2回した解き直さないことが多いからです。その結果、勉強にかけた時間によって、できる子とできない子の差が出てきます。そして、できる子はそれなりにできるようになっていくので、本人も、親も、先生も、その学力の差が努力の差によるものだと思ってしまうのです。

■受験教育

 今の教育は、その到達点が受験に合格することに置かれています。
 本質教育は、教育の幹や枝にあたる部分ですが、この本質教育の延長に受験教育があるように思われています。これが単線型の教育観です。
 問題を解く形の勉強法は、受験で問題を解きそれが採点される形に似ているので、低学年からの解く勉強がそのまま高度になり受験の解く勉強になるように思われています。
 しかし、本質教育と受験教育は、本当は異なるものです。本質教育は、勉強の基礎を確実に身につけることが目的で、それは昔風に言えば読み書き算盤の世界ですから、誰もが同じように身につけられるものです。
 受験教育は、差をつけるための勉強ですから、できる子とできない子の差が出てきます。もともと差をつけるために行われているのですから、差はあっていいのです。

 では、その差は何かというと、守備範囲の差です。広い裾野をどれだけカバーしているかという差が、受験勉強の学力の差です。その裾野を広くカバーできる子は、将来社会に出て、やはり広い裾野をカバーする仕事をするといいのです。
 受験勉強の得意でない子は、広い裾野ではなく、狭い裾野をカバーする仕事をすればいいのです。本質教育で、既に誰もが基本的な教育ができていれば、あとは守備範囲の違いが受験勉強の差になって表れているだけですから、自分に合った守備範囲で勉強していけばいいのです。
 この守備範囲の違いというのは、頭のよさの違いではありません。退屈な勉強でも苦にならない子と、退屈な勉強にはすぐ飽きる子の違いです。

 裾野の広さは、山の高さとは別のものです。富士山のように裾野も広く山頂も高い山もありますが、中には裾野だけが広い山もありますし、屋久島のように裾野に比べて高さだけが突出して高い山もあります。
 自分に合った裾野で、その山頂を高くしていくことが、その人の社会に出てからの仕事です。わかりやすく言えば、広い裾野を選んだ人は、大企業に入りそこのトップになるように仕事をしていけばいいのですし、狭い裾野を選んだ人は、中小企業を立ち上げてそこでトップになるような仕事をしていけばいいのです。トップと言っても、社長だけがトップというのではありません。番頭のトップでも、経理のトップでも、技術開発のトップでもいいのです。要するに、誰にもひけをとらない第一人者としての役割を、自分の選んだ場所で確立していけばいいのです。

 受験教育は、本質教育とは似ていますが、本来の性格が異なるものです。
 たとえて言えば、本質教育という幹や枝が、その先をだんだん細く分岐させてて、枝としての意味がないほど細くなった先に、差をつけるための受験教育があるという関係です。
 その細い先まで行ける人は行けばいいのですが、そのような先まで興味がない人は、基礎的な本質教育の枝だけを確保して、別の教育に力を入れていくといいのです。
……つづき

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教育論文化論(214) 

記事 2273番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2014/12/21 
本質教育、実力教育、創造教育、文化教育(その1)
森川林 2014/12/19 09:03 

「春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは少し明りて紫だちたる雲の細くたなびきたる。
 夏は、夜。月の頃はさらなり。……」(枕草子)

 「枕草子」のような文章は、これまでは、国語という教科の中の古典の勉強として、受験勉強の一部のようなものと考えられていました。しかし、これは、受験勉強としてではなく文化の勉強として行われていくものです。
 日本の古典の代表的な作品は、文系の人だけが勉強すればいいのではなく、日本人であれば、理系の人も含めて誰でも、日本文化の共通の教養として味わい身につけていくものです。

 そのようなことを、本質教育、実力教育、創造教育、文化教育という形で述べていきたいと思います。

 現在、勉強というものは、単線的にとらえられています。
 小学1年生で習う漢字の書き取りや算数の四則計算という初歩の教育の発展した延長に、難度の高い受験勉強があるように思われています。
 しかし、勉強の本質は、もっと複線的、多面的、重層的なものです。その重層性は、本質教育、実力教育、創造教育、文化教育という言葉で表されます。
 それを樹木になぞらえると、本質教育が幹や枝、実力教育が葉、創造教育が花、そして文化教育が実と言ってもよいでしょう。根の部分は、教育の前提になる体力や健康で、それを支えるのが周囲の安定した平和な環境です。

■本質教育

 本質教育とは、勉強の基礎です。かつて読み書き算盤と呼ばれていたような、その後の教育の土台を作る国語と算数の教育です。
 現在、この本質教育が、ひとつの危機に陥っています。かつての日本は、国民の経済格差が最も少ない国のひとつでした。しかし今、経済格差の拡大に伴う形で、教育の格差が広がっています。
 PISAの推移を見ると、昔は、点数の分布の傾斜が緩やかで、成績の低い子でも他国に比べればそれほど低くはないという状態でした。今は、低い子は途上国の低い子よりも低いという状態になっています。

 教育の現場では、少学校低学年で先生の言うことを聞けない子が増えているようです。先生の指示ができないということは、教育の前提が失われているということです。これは、先生の指導の力量の問題ではありません。ある集団に、言うことを聞けない人が何パーセントかを超えていると、その集団はもう誰によってもコントロールできないようになります。
 最近は、このように先生の指示がよく聞けない子を、学習障害などというレッテルを貼って済ませている面がありますが、これは障害ではなく教育の失敗としてとらえる必要があります。

 この本質教育の土台は、学校ではなく家庭にあります。家庭の教育が失敗しているのです。
 しかし、それを単に親のせいにすることはできません。家庭での教育は、どの家庭でも多かれ少なかれ欠点を持っています。それは、親がたったひとりで試行錯誤の中で子育てをしなければならないからです。
(つづく)

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教育論文化論(214) 

通学できる作文教室

言葉の森の教室ではありませんが、言葉の森の教材で指導している森林プロジェクトの作文教室です。お問い合わせは、それぞれの教室へお願いします。

【日本国内】
■千葉県
柏の葉公園
柏の葉公園コミュニティ体育館2F
浅岡佳代 04-7170-1023 kayo.asaoka@gmail.com
http://koma.kayo.pupu.jp/
毎週土曜日9:00-13:00。小学生から高校生まで対象。柏の葉公園のコミュニティ体育館2Fで行っています。場所が変わるときがありますので、見学や体験にいらっしゃるときは必ず事前にお電話ください。1日1回の長文音読を必須とし、教室では作文、小論文の書き方を指導いたします。 (管理)
■東京都
マイサンシャイン
東京都練馬区氷川台3-6-10 石野CRビル202
050-3639-2533
(管理)
よみうりカルチャー荻窪「小学生の作文教室」
東京都杉並区上荻1-7-1 荻窪駅ビル「ルミネ」6階
03-3392-8891  
http://www.ync.ne.jp/ogikubo/kouza/201307-16010020.htm
国語力の集大成である「作文力」は、あらゆる学力の基礎となる、大切な力です。作文のタネとなる材料の見つけ方や、表現の仕方などを身につけながら、楽しく文章を書きましょう! (管理)
■神奈川県
NSラーニングセンター横浜本牧教室
横浜市中区、本牧地区センター
shizunamu@yahoo.co.jp、070-6974-1296、020-4667-8490(FAX)
http://nslc.web.fc2.com/
小学1年生から6年生までを対象にした教室です。
国語力は全ての学力の土台です。その国語力を楽しく作文を書きながら身につけていきましょう。
きっと算数(数学)や英語も得意になること間違いなしです。
作文、暗唱、読書をメインに指導していきいます。
(管理)
言葉の森 お日さま 作文教室
横浜市港北区日吉4-17-22 テラス日吉3F
08065370843 / ohisamasakubunkyousitu@gmail.com
http://ohisamasakubun.jimdo.com/
作文を書くことが楽しくなる教室です。 (管理)
日曜個別作文教室
横浜市港南区港南台(根岸線港南台駅より徒歩3分)★日曜日のご都合がつく時間に月3回
juliarose814@ybb.ne.jp 080-4418-3694
http://kobetsu-sakubun.jimdo.com/
 作文が苦手な方、入試の作文対応にお困りの方、帰国子女の方など、一般的な通信や通学の作文教室で勉強するには不安があるという方のための教室です。作文、国語の勉強に真剣に取り組もうと考えていらっしゃる方のみを対象に、作文指導歴14年の講師が個別に指導します。授業は、毎週日曜日午前9時から午後5時の間で、ご都合のつく時間帯をお選びいただけます。1回の指導時間は60分~90分程度、原則として月3回の指導となります。入会金5,000円、受講料月額9,000円(受験コースは月額プラス3,000円)。 (管理)
ペガサス本鵠沼駅前教室
神奈川県藤沢市本鵠沼2-13-17-2F
電話 0466-22-5205 (10時~22時)
http://www.juku-pegasus.jp/school/honkugenuma/
神奈川県藤沢市にある自律型個別指導ペガサス本鵠沼駅前教室です。このたび『言葉の森』作文口座を開講することになりました。すべての教科の土台となる国語力と、これからの時代に必要とされる思考力・表現力をつけるのに最適な講座です。ぜひ一度お試しください。 (管理)
元住吉ブレーメン教室
神奈川県川崎市中原区木月
08067733708
http://motosumikokugo.blog.fc2.com/
東横線日吉駅と武蔵小杉の間の駅「元住吉」から、ブレーメン通りを通って約6分。2013年春から、作文教室と国語個別教室を開講します。詳しくはブログをご覧ください。 (管理)
■石川県
こほく寺子屋
石川県加賀市柴山町も33番地 湖北地区会館 内
nagaenobuhiko@manabuki.com
http://manabuki.com/terakoya
(管理)
■愛知県
読書作文教室ことばの窓
名古屋市守山区大字下志段味字横堤1390-1 志段味地区会館内
komayu@mori7.com
http://ameblo.jp/asumado/

表現豊かに書く 相手にわかるように書く 自分らしく書く そのための思考力をはぐくむ作文教室です。読書指導や音読にも力を入れています。
現在、しだみ教室 おばた教室 と二か所で開講しています。 (管理)
弓塾
愛知県日進市香久山3-1701 シテイオ香久山107
052-802-9426
mayyuu2358@gmail.com (管理)
■兵庫県
芦屋夢
兵庫県芦屋市公光町10-14 学童型子どもコミュニティ キッズ.com内
0797-25-1557
(管理)
■徳島県
高松&徳島 作文
徳島県
aloha-oe@namikosi.shikoku.ne.jp
(管理)

【海外】
メルマガの配信
言葉の森新聞の記事

バックナンバー (週刊)
RSS
RSSリーダーに登録すると
更新情報がわかります。
Yahoo! RSSリーダー
オープン教育 1~5件
オープン広場(全記事)
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■本質教育、実力教育、創造教育、文化教育(その2) 12月19日
■本質教育、実力教育、創造教育、文化教育(その1) 12月19日
■子供の学力は家庭で決まる 12月18日
■自習検定を更に本格的に 12月16日
■寺子屋オンエアの体験学習生徒を募集中(言葉の森の生徒対象) 12月15日
■言葉の森を卒業した大学生・社会人のための学問コース 12月13日
■受験コースの作文、最終チェック(言葉の森の生徒対象) 12月12日
■国語は問題を解くのではなく何度も読むこと、算数数学はできなかったところだけを何度も解くこと 2 12月5日
■国語は問題を解くのではなく何度も読むこと、算数数学はできなかったところだけを何度も解くこと 1 12月4日
■学力をつけるには、正しい勉強法がすべて 11月27日
■作文検定試験とインターネット 11月21日
■「勉強の仕方がわからない」という調査結果をどう見るか 2 11月20日
■「勉強の仕方がわからない」という調査結果をどう見るか 1 11月20日
■成績を上げるのは、「毎日の」「復習」 11月18日
■暗唱力がつくと、作文力、読解力、思考力がつく 11月17日
■音読を繰り返して暗唱できるぐらいになると、作文力も読解力もつく 11月16日
■やや難しい文章の毎日の音読が国語力の土台 11月14日
■寺子屋オンエアで、国語満点講座も 11月12日
■勉強の教え方の上手な先生は、すぐには教えない 11月11日
■新しい問題集読書の方法――入試問題集読書から国語問題集読書へ 11月9日
■新しい教育とは、新しい人間の見方の発見(その2)人間を歯車としてではなく種子として見る 11月7日
■新しい教育とは、新しい人間の見方の発見(その1) 11月6日
■言葉の森と寺子屋オンエア(その2)寺子屋オンエアと他の教育方法との違い 11月5日
■言葉の森と寺子屋オンエア(その1) 11月4日
■12月の遊びと行事の話題を募集 10月31日
■真のICT(情報通信技術)教育 10月26日
■ICT教育を、人間の主体性を育てる教育にするには 10月24日
■寺子屋オンエアのページを更新。新たに小1から中3までの問題集読書 10月23日
■国語のテストを見れば、成績の上がらない原因がわかる 10月21日
■森リン点を作文指導のひとつの柱に 10月20日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 森新聞検索
フェイスブック
▽言葉の森のfacebook
言葉の森
作文ネットワーク
ツイッター
言葉の森@kotomori

新着コメント1~4件
2009年のセ シグレイ 12/18
2009年のセ シグレイ 12/18
2009年のセ 森川林 12/17
2009年のセ シグレイ 12/15
……次のコメント

おすすめ記事
おすすめ記事/言葉の森

公立中高一貫校対策
公立中高一貫校受験対策

自習検定試験
自習検定のページ

遊びと行事の課題
実行課題集

プレゼン作文発表会
プレゼン作文

寺子屋オンエア
寺子屋オンエア

幼児作文コース
幼児作文コース

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
リンクの林

算数の通信教育
算数の通信教育のおすすめは、
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
新しい産業(13)
暗唱(96)
生き方(35)
息抜き(17)
いじめ(1)
インターネット(18)
英語教育(5)
オープン教育(23)
音声入力(10)
音読(14)
科学(5)
学力テスト(1)
家庭学習(51)
家庭で教える作文(53)
漢字(14)
帰国子女(5)
教育技術(3)
教育論文化論(214)
教室の話題(24)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(3)
合格情報(19)
高校入試作文小論文(8)
構成図(24)
公立中高一貫校(47)
国語問題(11)
国語力読解力(113)
子育て(97)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(30)
言葉の森の特徴(70)
言葉の森のビジョン(3)
子供たちの作文(51)
作文教育(117)
作文の書き方(97)
作文発表会(15)
算数・数学(9)
自習検定試験(9)
自然災害(1)
実行課題(2)
質問と意見(39)
受験作文小論文(74)
小学校低学年(52)
森林プロジェクト(26)
政治経済(54)
生徒父母向け記事(56)
生徒父母連絡(69)
全教科指導(1)
センター試験(5)
創造が価値の源泉となる社会(8)
大学入試(12)
対話(34)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(4)
読書(74)
読書感想文(17)
仲間サイト(7)
日本(37)
日本語脳(14)
東日本大震災(14)
facebook(28)
facebookの記事(164)
プログラミング教育(4)
勉強の仕方(89)
未来の教育(9)
無の文化(9)
メディア(6)
森リン(90)
問題集読書(16)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(375)

QRコード