小1~小3の読書実験クラブの読み聞かせの動画の例「肌の色の違い」 日本の若い世代に新しい文盲が生まれているのではないかと、ふと 頭をよくする作文の勉強法(その5)――家族で盛り上がる小1の親子作文 ご質問やご相談は掲示板で自由に。分野別の貴重な情報も掲載 頭をよくする作文の勉強法(その4)――親子で作文の話題作りを楽しむ

記事 2644番  最新の記事 <一つ前の記事  2016/8/29 
小学校低学年のときほど長続きする作文の勉強を
森川林 2016/08/29 06:05 


 作文の勉強というものは、子供が小学校低学年の間は誰でもそれなりに教えることができます。

 それは第一に、低学年のころは、その日にあったことがそのまま作文の題材になるからです。題材選びが簡単にできるのです。
 子供たちは、毎回「今日のこと」というような題名で書いても飽きません。毎日が楽しい生活で、その生活自体が価値ある題材に思えるからです。

 これが学年が上がり、小学4年生ぐらいになると、子供なりに他の人に読まれて価値あるものと思われるような題材を選びたいという気持ちが出てきます。すると、「書くことがない」という場合も出てくるのです。

 言葉の森での作文課題は、小学2年生までは自由な題名、小学3年生以上は題名課題と感想文課題になっています。これは、それぞれの学年の子供たちの実態に合わせたものです。

 低学年の子どもたちの作文指導がしやすい第二の理由は、このころの子供たちは、直すことがたくさんあるからです。
 書かせて、間違いを直せば、それがそのまま指導のようなものになります。
 しかし、これは作文の指導というよりも、原稿用紙の使い方と日本語の表記の仕方の指導にすぎません。

 子供たちの作文指導が難しくなり始めるのが小学3、4年生ごろからで、本格的な作文指導になるのが小学5、6年生からです。
 子供が5年生になると、考える力がついてくるので、子供自身よりよいものを書こうと思うようになります。すると、作文を書くことが急に難しく感じるようになってくるのです。

 子供たちに自由に作文を書かせると、学年に応じて字数はどんどん伸びていきます。しかし、字数の伸びは小学4、5年生までで止まり、6年生になると、今度は字数が下がってきます。
 それは、書く課題が難しくなるということもありますが、それ以上に、子供たちがよりよいものを書こうとして考える作文になるので、長く書けなくなるということなのです。

 だから、小学1年生の作文は、この小学6年生の考える作文につながる形で指導されなければなりません。
 言葉の森の作文指導では、小学1年生から勉強を始めた生徒が、高学年になり、更には中学生になり、高校生になるまで同じ先生のもとで勉強を続けることができます。
 だから、最初は書くことが苦手だった子が、やがて楽に書けるようになり、考える力もついていくのです。

 ところが、こういう先の流れまで意識しながら作文指導をしている教室はあまりないと思います。
 小学生の作文教室は、小学生までで終了です。中学生までカリキュラムがあるとしても、実際には中学生まで続ける子は多くありません。まして、高校生まで指導できるカリキュラムがあり実際に高校生も指導しているという教室はほとんどないと思います。

 小学1年生から3年生のころは、誰が教えてもそれなりに面白い作文が書けるので、それで問題がないように思ってしまうのです。

 問題が出てくるのは、小学5年生で感想文の難しい課題が出てくるころです。
 更に、公立中高一貫校の入試に出てくるような課題に取り組むようになると、書ける子と書けない子の差がはっきり出てきます。

 学習塾などでは、このときの作文が書けない子に対する指導は、たぶんないと思います。もちろん、よく書ける子に対する指導もありません。
 作文を書かせて、よく書けた作文とあまりよく書けていない作文を並べて、それぞれの生徒の努力でよく書けるようになれというような指導になってしまうことが多いと思います。

 作文は、低学年のときは誰でも教えられます。しかし、高学年になると同じようには教えられません。
 だから、学校でも、作文指導は低学年のときはよく行われますが、高学年になるとだんだん教えられなくなり、中学生や高校生になると、ほとんどの学校では全く作文の指導というものはなくなってしまうのです。
 本当は、学年が上がるほど作文指導は大事になってきますが、実際は学年が上がるほど作文指導というものがなくなっていくのです。

 習い事は6歳からという言葉があります。6歳のころから始めた習い事は、一生続けられるものになります。
 だから、この小学校低学年の時期の習い事の選び方は、先まで続ける展望で選ぶことが大事です。
 ただ小学1年生の子供を教えるのではなく、その子が小学校高学年になり、更には、中学生、高校生になったときのことも考えて教えていく必要があるのです。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 小学校低学年(79) 

記事 2642番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2016/8/29 
小1~小3の読書実験クラブの読み聞かせの動画の例「肌の色の違い」
森川林 2016/08/28 22:19 


 読書実験クラブは、小学1年生から小学3年生対象のオンエア講座です。
 最初に、参加した生徒それぞれから、今読んでいる本を紹介してもらいます。

 次に、先生が本の一部を何本か読み聞かせをしたあと、みんなに自由に構想図を書いてもらいます。
 その構想図をもとに、あとで、その場にいなかったお父さんなどに、生徒が読み聞かせの話を説明できるといいと思います。

 先生が読むのは、主に説明文の本なので、家で似た例を観察したり、工作をしたり、実験をしたりすることもできます。
 もし、そういう観察、工作、実験などがあれば、それを次の週に発表してもらいます。

 読み聞かせを、本を読むだけで終わらせずに、記述や実験や発表に結びつけ、子供たちが主体的に参加する読書の機会にしていきたいと思っています。

https://youtu.be/NQxxSRfpBBM


この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンエア特別講座(41) 読書感想クラブ(9) 
メルマガの配信
言葉の森新聞の記事

バックナンバー (週刊)

RSS
RSSリーダー

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■小学校低学年のときほど長続きする作文の勉強を 8月29日
■小1~小3の読書実験クラブの読み聞かせの動画の例「肌の色の違い」 8月28日
■日本の若い世代に新しい文盲が生まれているのではないかと、ふと 8月28日
■頭をよくする作文の勉強法(その5)――家族で盛り上がる小1の親子作文 8月27日
■ご質問やご相談は掲示板で自由に。分野別の貴重な情報も掲載 8月27日
■頭をよくする作文の勉強法(その4)――親子で作文の話題作りを楽しむ 8月25日
■頭をよくする作文の勉強法(その3)――玉子焼き作りを題材にした低学年の作文の例 8月24日
■頭をよくする作文の勉強法(その2)――作文をきっかけにした親子の対話作り 8月23日
■頭をよくする作文の勉強法――最初の目標は、書くことが苦にならなくなることだが 8月22日
■公立中高一貫校向けの受験作文コースがスタートします 8月21日
■「まず感想文コンクールありき」の宿題ではなく、子供のことを考えた宿題を 8月20日
■オープン教育掲示板の紹介――Facebookグループ、Google+コミュニティとも連動 8月19日
■寺子屋オンエアで毎日の自学自習の習慣を 8月5日
■7月4週の読書実験クラブ「折って折ってまた切って」――本日8月2日の参加者募集中 8月2日
■受験作文コースの募集を開始 7月31日
■「オンエア講座+スタディサプリ」にモニター参加を希望される小4~中3の保護者の皆様へ 7月25日
■夏の合宿、好天のうちに無事終了 7月24日
■これからの学力は作文力――その基礎は親子の遊び 7月22日
■読み聞かせの動画「肌の色、シカのつの、シオマネキ、時計」 7月20日
■これからの時代の最も能率のよい勉強法――スタディサプリを活用した家庭学習 7月18日
■家庭学習で余裕のある密度の濃い教育を――森の学校オンエア 7月17日
■森の学校オンエア、3つの本講座スタート 7月15日
■国語の思考力、数学の思考力 7月13日
■足あとが肥料になる家庭教育 7月12日
■甘い子育てと辛い子育てをバランスよく 7月11日
■小1から中3までのオンエア講座を今後広げていきます 7月10日
■中学1~3年生は、第一に自分で計画を立てて勉強するという自覚、第二に国語の難読力 7月5日
■小学4~6年生は、学校の勉強ではものたりないはず。考える勉強を行う機会を作る 7月4日
■小学1~3年生の学力は、問題集を解くことによってではなく、少し難しい読書と対話によって育つ 7月4日
■微妙になりつつある中学受験という選択肢――むしろ家庭学習で中高一貫校並みの勉強を 7月1日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 森新聞検索

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク

Twitter
言葉の森@kotomori

新着コメント1~5件
小学校低学年の 森川林
 小学生の子供に作文を教えることは、普通 6:14
小1~小3の読 森川林
 物語文の本のいいところは、想像がふくら 8/28
日本の若い世代 森川林
 タブレット教育などは、さも新しいことの 8/28
頭をよくする作 森川林
 本格的にやる習い事は、6歳から始めるの 8/27
作文の書き方— 森川林
 それはよかったですね。  夏休みの残 8/25
……次のコメント

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
オンエア作文(2)
オンエア特別講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
作文発表会(20)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想クラブ(9)
読書感想文(19)
仲間サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
幼児作文コース(9)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。