記事 3828番  最新の記事 <一つ前の記事  2019/8/22 
内在化する勉強、表面に留まる勉強
森川林 2019/08/20 16:42 

 勉強の中には、その子の能力として内在化していく勉強と、表面的な知識の蓄積にとどまる勉強とがあります。

 小学校低中学年の勉強の中心は、漢字の読み書きができることと計算問題に慣れることが中心になるので、漢字や計算が勉強の中心であるかのように思いがちです。

 しかし、それは、後からでも間に合う、ある意味で表面的な勉強です。

 小学校低中学年のうちこそ、その後の学力として内在化する勉強をしていく必要があります。
 その一つが暗唱で、もう一つが読書です。

 また数字の感覚をつけるためのそろばんのような学習も、ある意味で内在化する勉強です。


 サマーキャンプで暗唱の練習をすると、みんなで一斉に練習をすることが励みになるせいもあって、ほとんどの子がごく短時間のうちに目標の字数までの暗唱ができるようになりました。

 今回はカウンターという数えた数が確実にわかるものを使ったせいもあり、普段よりも暗唱のできる速さが増したようです。

 この暗唱の力がつくと、物事を言語的にとらえる感覚が増していきます。
 それはその後の学力の基礎となる力です。

 だから、この暗唱力に読書力が加われば、国語の基本的な学力はできたと言ってもいいのです。

 この基礎学力の上に、漢字の練習などがあるのであって、漢字の読み書きが先にあるのではないという順序関係を正しく理解しておくことが大切です。

 漢字の読み書きと似ているものが、ことわざの知識です。
 ことわざを知ることは、言葉を豊富にする面がありますが、それもやはり表面的な知識です。

 内在化した国語力は、そういう知識を蓄積することとは違います。
 暗唱した文章が自然に口をついて出てくるとか、読書に熱中して呼ばれても気がつかないとかいうことが内在化した本当の国語力なのです。


■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20190820  
 暗唱については、まだ科学的な研究がほとんどなされていません。
 だから、多くの人は、「ただ文章を覚えるだけでしょ」とか、「年をとったからもうできない」などと言うのです。
 そうではなく、暗唱は、人間の言語力を高め、精神性を高める効果があり、それは何歳になってもそうなのです。
 しかし、そのためには、子供時代にある程度の暗唱力をつけておく必要があります。


nane 20190820  
 言葉の森が暗唱の大切さを書いていると、これから、同じようなことを言う人も出てくると思います。
 しかし、この暗唱についても、やはり哲学が必要で、有名な文章であればどんなものでもいいというわけではありません。
 文章の表現の面だけでなく、内容の面や、更にはその内容の背後にある精神性の面もまた大事なのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
暗唱(121) 

記事 3827番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/8/22 
小学1年生の生徒に読書感想文の宿題を出す愚
森川林 2019/08/20 05:57 

 サマーキャンプに参加した生徒の中で、小学1、2年生なのに感想文の宿題があるという子がかなりいました。
 小学1、2年生で感想文の勉強をするというのは、教育的にほとんど全く何の意味もありません。
 子供が自分の力で書けるわけがないので、結局親がほとんど手助けをしなければ書けないような親の宿題になっているからです。

 そういうことが分かっているのかいないのか、いまだに小学校低学年で感想文の宿題を出す学校があるのです。
 小学1、2年生で感想文の勉強することが、本気で大事だと思っている国語の先生がいるとしたら、その人は国語の勉強というものについて何もわかっていない先生です。

 しかし、たぶん多くの先生は上から言われて感想文の宿題を出させられているという事情があるのだと思います。

 それに対して保護者はどういう対応したらいいのかというと、これは子供の宿題としてはやらずに、親が全部書いてあげればよいのです。
 そして、子供はそのぶん楽しい読書をしていれば十分なのです

 低学年に読書感想文の宿題に出すことについては、既に何十年も前からその弊害が指摘されているのに、いまだにそういう学校が残っているということに日本の教育界の遅れを感じました。

 今の教育界は、横文字の教育論をありがたがるような面があると同時に、物の考え方の根本が大きく遅れているのです。

 若い先生が、もっと現実に合った日本的な新しい教育を作り出していかなければならないと思います。


 ちなみに、言葉の森の感想文指導は、今の学校で行われているような場当たり的なものではなく、誰でも書ける方法論を持ったものです。


■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20190820  
 感想文の勉強が意味を持つのは、小学5年生になってからです。
 しかし逆に、小学校高学年から中学生にかけての考える力が伸びる時期に、学校の作文感想文指導はほとんど行われなくなります。
 それと対応するかのように、感想文の指導などをする時期でない低学年に、感想文の宿題が出されているのです。


nane 20190820  
 小学校低学年での読書感想文の宿題などは、もうとっくになくなっていると思いましたが、まだそういう宿題を出している学校があることに驚きました。
 宿題を出すなら、子供が宿題としてやれるような指導を授業の中でやっていなければなりません。
 しかし、授業の中で指導ができないのに、宿題だけを出しているのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書感想文(19) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
内在化する勉強 nane
 言葉の森が暗唱の大切さを書いていると、 8/20
内在化する勉強 森川林
 暗唱については、まだ科学的な研究がほと 8/20
作文の書き方— ヒカトラ
ありがとうございました。頑張ってみます。 8/20
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■内在化する勉強、表面に留まる勉強 8月20日
■小学1年生の生徒に読書感想文の宿題を出す愚 8月20日
■自主学習クラスの4週目の実力テスト、テスト用問題集の購入、勉強結果のアップロードのお願い 8月19日
■8月の発表交流会は、8月第4週 8月19日
■8月の読解検定は、8月31日(土)9:00~、18:00~ 8月19日
■算数の勉強は軽く何度も教えて解法に慣れること――同様のことは国語にも 8月18日
■「小学生のための読解・作文力がしっかり身につく本」の重版決まる 8月17日
■サマーキャンプ報告会を開催します 8月17日
■公中検模試9月の参加申し込み受付中 8月17日
■ハイパー作文8.3週「学ぶ喜び」の解説と動画を入れました 8月16日
■8.3週の授業の動画を「資料室」にアップロードしました 8月15日
■読書習慣が学力を決める――「致知」9月号を読んで 8月15日
■「サマーキャンプ掲示板」に画像と動画のリンクを載せました 8月13日
■9月2週から幼長、小学1、2年生の生徒向けの発表学習クラス(家庭文化コース)が始まります 8月12日
■言葉の森のフリーミアム教育(永年無料9月2週から) 8月11日
■合宿の様子は後日Googleフォトにアップロード 8月9日
■サマーキャンプ前半の話 8月9日
■算数の勉強と川遊び 8月2日
■那須の川遊び 7月31日
■未来の教育は紙ベースのオンライン教育 7月30日
■【重要】8月からの寺子屋オンラインクラスの担当交代等のお知らせ 7月29日
■8.1週の授業の動画をアップロードしました 7月29日
■音読の文章の種類について――子供が毎日自分でできる説明文の音読を中心に 7月29日
■子供の教育の目標は成績ではなく個性と実力と不屈の精神を育てること 7月28日
■書く力は読む力より遅れて成長する――書く語彙を増やす音読と対話 7月26日
■暗唱の新しいツール、数取り器 7月25日
■音読は文章を文脈の中で読む読み方 7月24日
■音読の学年 7月23日
■保護者懇談交流会のリンク先を直しました 7月22日
■先生の役割 7月21日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺オン作文クラス(2)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。