記事 4103番  最新の記事 <前の記事  2020/7/9
夏のオンラインスクール開講、申し込み受け付け中
森川林 2020/07/02 18:08 

 夏休み期間中、子供たちの学習と交流を両立させる試みとして夏のオンラインスクールを開催します。
 その代わりに2020年のサマーキャンプはありません。

 夏のオンラインスクール(以下夏オン)は、4月から7月の学習の総まとめを友達どうしの交流のあるオンラインの少人数クラスで行います。

●少人数オンライン学習の特徴

 学校や塾で行われる授業は、先生の講義を一方的に聞く形のものが多く、生徒一人ひとりが発言する機会はなかなかありません。
 これは、学校や塾のオンライン授業でも同様です。

 これに対して、夏オンは、オンライン教育でありながら、
(1)定着度の高い紙ベースの自主学習
(2)生徒一人ひとりに対する個別指導
(3)生徒どうしの発表や交流
を実現する全く新しい形のオンライン学習です。

 今後コロナウイルス第二波が発生し、通学形式の学習が十分に行われなくなった場合でも、通学型の授業以上の学習密度と子供たちの参加意欲を引き出す教育になります。

 今回の夏オンは小1から中1の学習をカバーするとともに、小5小6の公立中高一貫校受験希望者向けの受験対策のコースも併せて設置しています。(中2中3を参加対象から外したのは、中2中3の生徒の多くは既に現在通学の学習塾などで夏の学習を続けるために夏オンに参加する余裕がないと思われるためです。)

●受講料

 受講料は1コマ(45~60分)990円で、入会金はありません。
 教材は各自で必要なものをご用意ください(別途注文ページあり)。
 8月1日から8月23日までの期間、希望する講座を自由に申し込めます。
 受講の申し込みは、授業のある日の前日まで可能ですが、定員は1講座6名までとしているので先着順となります。
 参加者の少ない講座は、子供たちの交流の場をつくるために、他の講座と合同クラスにする場合があります。
 受講料は、言葉の森の生徒は毎月の受講料と一緒に自動振替を行います。
 言葉の森の生徒以外の方は、言葉の森からの請求後お振込みをしていただく形になります。

●各教科の概要

▼教材サンプル
 国語・算数・英語・理科・社会・漢字・受験作文・公中理系・公中文系については、使用する教材のサンプルがウェブのページからご覧いただけます。

▼国語・算数・英語・理科・社会
 国語・算数・英語・理科・社会は、各学年とも塾専用テキストです。
 事前に教材注文のページからご注文くださるようお願いします。→教材注文のページ
 教材がご自宅に到着するまでの間は、ウェブのページから必要な部分を印刷してご使用いただけます。
 国語・算数・理科・社会は、小1から小3までは標準的なテキストです。
 発展問題もありますが、特に難しい問題はありません。
 小4から小6までは、国私立中受験にも対応できる受験用テキストです。
 ただし、授業の中では標準問題を中心に学習します。発展問題は、各生徒が任意に学習してください。
 中1の国語・数学・英語・理科・社会は発展型のテキストで、高校受験に対応する問題も含まれています。

▼公立中高一貫校受験対策
 公中文系・公中理系は、公立中高一貫校受験対応のテキストで、夏まで受験対策を完了させます。
 受験作文は、塾専用のテキストをもとに、読解・記述・作文の練習を行います。
 原稿用紙の使い方も含めて、作文の基礎から学習します。

▼暗唱
 暗唱小1-6は、小1から小6までをを対象とした暗唱練習です。
 初めて暗唱の学習に取り組む方、既に暗唱はできていて先に進みたい方、いずれも対応できます。
 教材は、暗唱ページからプリントしてご利用ください。→暗唱ページ

▼漢字
 漢字小3-6は、進級式の漢字練習で、小6までの漢字書き取りを各自のペースで進めることができます。
 漢字練習は、夏以降の自宅学習にも活用でき、小6まで使うことができます。

▼感想文
 感想文小3-6は、下記のいずれかの本をご用意ください。教室では販売しません。
 あらかじめ本を読んでおき、家庭で似た例の準備などをして授業に臨みます。
 1日400字のペースで、3日間で1200字の感想文下書きを仕上げます。
 清書は、家庭で行うことも、教室で行うこともできます。
 ただし、清書は文章のつながりやまとめの感想を修正する必要があるため、有料3300円で対応しています。

▼読書
 読書小1-4は、それぞれの生徒が自分の読みたい本を何冊か用意して参加します。
 読書の時間の間に、自分の読んだ本の紹介と質問感想の時間を設けます。

▼自由研究
 自由研究小1-4は、小学生が取り組みやすい自由研究を多数紹介します。
 紹介例を参考に、それぞれの生徒が自分で決めた自由研究を行い発表をします。
 授業では、実習の時間の後半に、発表と質問感想の時間を設けます。

●担当講師

 各講座を担当する講師は、生徒の参加状況がほぼ確定するまでは未定です。
 受講は固定担任制ではなく選択受講制ですので、途中で受講する講座を変更することができます。

●時間が限られている場合、どの教科を選んだらよいか

 算数が特に得意な生徒以外は、算数数学を選んでください。
 算数数学は、積み重ね型の勉強なので、少しでも分からないところが残っていると、その後のことが分かりにくくなるからです。
 小5小6で、公立中高一貫校受験を考えている生徒は、公中理系を選択してください。公中理系は、差のつきやすい勉強だからです。
 特に得意な教科も苦手な教科もないという生徒は、国語を選んでください。
 問題文の比較的難しい文章を読み取る練習で、あらゆる教科の基礎となる国語力をつけます。

●学年別夏オンお申し込みページ

小1の夏オン
小2の夏オン
小3の夏オン
小4の夏オン
小5の夏オン
小6の夏オン
中1の夏オン

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20200703  
 夏のオンラインスクールを開講します。
 夏オンでは、1学期の勉強の総まとめを行いますが、勉強だけではなく友達との交流の時間も充実させています。
 それは、5、6人までの少人数で互いのコミュニケーションを生かす場があるからです。
 学習方法の中心は、自主学習と先生による個別指導ですから、苦手な子も、得意な子も、自分のペースで勉強を進めることができます。
 従来の勉強法では物足りなかった人は、ぜひ夏オンにご参加ください。

nane 20200703  
 言葉の森の少人数オンラインクラスは、未来の教育の理想になると思います。
 自分でどんどん勉強を進めることができると同時に、いつでも先生に質問することができるからです。
 また、先生による毎回の確認チェックで、その子の勉強の定着度が即座にわかります。
 従来型の授業では、1か月か2か月の学習のあとの定期テストでなければ、その子の勉強の定着度はわかりませんでした。
 そして、テストによる評価だけでは、今後どういう勉強をしていけばよいかわかりませんでした。
 少人数オンラインクラスでは、毎回、先生によるチェックがあり、しかも、一緒に参加する友達との間の交流があるので、勉強が自然に進むのです。


あお 20200706  
こんにちは。受講を申し込みたいのですが、この講座は言葉の森の生徒さんだけでしょうか? 申し込みに生徒コードが必要だったので。

森川林 20200706  
 あおさんへ。
 この講座はどなただも受講できます。
 生徒コードは、読解検定で取得したものがあればそれをいれてください。
 生徒コードがまだない場合は、鳥の村で登録をしてください。
https://www.mori7.net/tori/lin.php?nae=touroku

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンラインスクール(0) 夏のオンラインスクール(0) 

記事 4102番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/9
エデュナビで「小学校最後の3年間」が紹介
森川林 2020/06/26 11:53 

 エデュナビのサイトで、「小学校最後の3年間」の本が紹介されました。

「個性を生かして仕事をする」大人に育てるために小学校最後の3年間でできることとは?

「小学校に上がったばかりの頃は何でも素直に言うことを聞いていたのに、学年が上がるにつれてだんだん言うことを聞かなくなってきた…」
このような悩みを抱えている親御さんは多いでしょう。

特に、小学校4年生頃のギャングエイジを迎えた子どもは、扱いが難しいもの。「幼いうちからしっかりとしつけをしておくべきだった…」と後悔している人もいるかもしれません。

しかし、作文教室の草分け的存在である「言葉の森」を開講し、小学生から大学受験生まで1万3000人もの子どもたちを育ててきた中根克明先生は、今回ご紹介する『小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと』において、「親のしつけが重要になってくるのは、むしろこれから」と述べています。

子どもの成長に合わせ、親はどう対応していくべきか、本書にはそのヒントが詰まっています。

(以下、小見出しのみ紹介します。森川林)

小学4、5、6年生は対等な信頼関係を築くチャンス
読書と作文で「考える力」を育てれば、学力は必ず伸びる
ゲームは禁止すべき?でも子どもの心配事は「時がきたら解決する」ことばかり
小学校中高学年ならではの友だち関係の悩みとその対処法
「個性を生かして仕事をする」大人に育てるのが目標



この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20200626  
 小学校最後の3年間は、子供が自立する時期です。
 小学3年生まで、親の言うことをよく聞いて素直に従っていた子が、小学4年生ごろから自分の考えを主張するようになります。
 これを、「親の言うことを聞かなくなった」と見るのではなく、「自分の考えを主張するようになった」と見ることが大事です。
 ここから、新しい親子関係が始まるのです。


nane 20200626  
 私は、言葉の森の設立当初から、教育の目的は、個性を生かして仕事をする大人になることだと考えていました。
 しかし、当時は、そういう考えは一般的ではありませんでした。
 今もまだ、個性を生かした仕事というのは、言葉の上だけでの話のように思われています。
 しかし、コロナウイルスの問題が登場して、個性を生かした仕事という考えが現実的なものとして考えられるようになってきました。
 だから、教育はこれから大きく変わっていくと思います。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
メディア(8) 

記事 4101番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/9
オンライン夏期講習、8/1~8/23。作文、感想文、主要五教科、公中受験など
森川林 2020/06/11 14:13 

 言葉の森では、今年は、サマーキャンプを行うかわりに、オンライン夏期講習を行います。

■期間と時間
 8月1日(土)~8月23日(日)
 月~金曜は、9:00、10:00、11:00、13:00、14:00
 土・日曜は、9:00、10:00、11:00
 (いずれも45~60分授業)

■対象学年
 小1~中1。

■教科
 作文、感想文、国語、算数数学、英語、理科、社会、公中理系、公中文系、読解記述、暗唱、読書、創造発表など。

■受講形態
 自由選択制なので、ご都合のよい日を選んで受講できます。
 ただし、1クラス5、6名の少人数クラスですので、受付は先着順になります。

■会場
 学年と教科によって会場が異なります。
 いずれもZoom会場ですので、自宅から参加できます。

※詳細が決まり次第、申し込みフォームを公開します。
 受付は、しばらくお待ちください。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20200611  
 夏休みは、集中して勉強できる時期です。
 遅れている教科を取り戻したり、得意な教科を更に得意にしたりということが自由にできます。
 しかし、一斉授業形式の夏期講習では力はつきません。
 自主学習と先生の個別指導によって、密度の濃い学習することが大切です。
 言葉の森のオンライン夏期講習は、1クラスの定員5~6名で、一人ひとりの進度に合わせた学習ができる夏期講習です。


nane 20200611  
 受験勉強は特に、夏休みですべてが決まります。
 9月の模試で大体の傾向がわかり、そのあとはほとんど変わりません。
 だから、夏休みにどれだけ密度濃く取り組んだかということが重要です。
 密度濃く取り組む方法は、自学自習です。
 自分でどんどん勉強を進めて、わからないところだけを先生に聞くのです。
 そして1冊の問題集を完璧に仕上げることです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
夏期講習(0) 

記事 4100番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/9
リアルを超えるオンライン――少人数対話型オンライン教育の3つの特徴
森川林 2020/06/09 10:20 

 コロナウイルスによる学校休校対応のために創設した朝のオンラインスクールによって、少人数対話型のオンライン教育の学習が多くの人に知られるようになりました。

 Zoomによる少人数の対話型オンラインクラスでは、これまでの学校や塾の一斉指導ではできなかった学習が可能になりました。

 その第一は、それぞれの生徒が個別に、自分で決めた範囲の自主学習を進めることができる点です。
 このことによって、朝のオンラインスクールでは、短期間のうちにその学年の学習内容をかなり先まで進めることができた人が多かったと思います。

 第二に、先生による個別指導の時間が、ブレイクアウトルーム機能を利用することによって確保できるようになったことです。
 リアルな教室では、例えば、5、6人の生徒がいた場合、そのうち1人又は2人だけを個別に指導することはかなり難しいものです。
 個別の話し声が、ほかの生徒の学習の妨げになるからです。
 その点、オンラインでは、ある生徒はある部屋で、別の生徒は別の部屋でと、個々に話をすることができます。

 しかし、このブレークアウトルーム機能を個別指導に活用できるのは、生徒数が5、6人に限定されている場合だけです。
 時どき、10人程度のオンライン教育を「少人数個別指導」と呼んでいるところがありますが、10人では個別指導はまずできません。

 第三に、5、6人の少人数クラスでは、子供どうしの対話による学習意欲の活性化が可能なことです。
 特に、オンライン教育では、全国から広範に生徒を募集することができますから、気の合った子供どうしが同じクラスで勉強するという機会が生まれるようになります。

 すると、本人がひとりで勉強するよりも、また、先生が励まして勉強させるよりも、また、外からの競争や賞罰で勉強させるよりも、子供たちが自然に友達との切磋琢磨の中で勉強する雰囲気になってくるのです。
 このことがよく表れているのが、子供たちによる読書紹介の時間です。

 この少人数クラスの力学というものは、これまでの教育ではほとんど取り上げられていませんでした。
 それは、そういうものがあるとわかっても、それを活用する方法がなかったからです。
 それが、ここに来て、Zoomによる少人数対話型のオンライン教育をする中で、教育の新しい重要な要素としてわかってきたのです。

 森のオンラインスクールの自主学習クラスの特徴は、以上のように、第一に能率のよい自主学習、第二に先生による個別指導、第三に生徒どうしの交流による切磋琢磨と、更にそれに加えて、みんなの前で発表することによるコミュニケーション力の向上などが可能になることです。

 このように考えると、少人数対話型のオンライン教育は、リアルな教育ができないからやむを得ず行う代替的なオンライン教育ではなく、リアルな教育を超えたオンライン教育であることがわかります。

 そこが、これまで行われてきた世間一般のオンライン教育と、森のオンライン教育との大きな違いなのです。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20200609  
 Zoomを使ったオンライン教育によって、教育の新しい要素がわかってきました。
 それは、子供たちの学習意欲が、少人数の交流の中で生まれるということです。
 賞罰による意欲づけでなく、交流による自然な意欲が、これからの子供たちの学習の中心になってくると思います。

nane 20200609  
 小中学校の勉強の中身そのものは、それほど面白いものではありません。
 それでも、なぜ子供たちが勉強するかというと、そこに一緒に勉強をする友達がいるからです。
 何かができたり、できなかったり、苦労したり、うまく行ったりすることが、友達と一緒だからこそ、楽しくできるということなのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンラインスクール(0) 言葉の森のビジョン(51) 

記事 4099番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/9
【重要】7月からの「森のオンラインスクール」勉強の仕方説明会
森川林 2020/06/08 20:11 

 森のオンラインスクールの授業は、これまで、どのクラスも全教科全学年を教える体制にしていました。

 しかし、7月から指導を充実させるために、教科ごとのクラスに切り替えます。

 また、教科の種類についても、国語、算数数学、英語のほかに、読解記述、公中理系、公中文系、暗唱、読書など、多様な教科を学習できるようにしていきます。

 さらに、従来の「固定担任制」の受講だけでなく、単発の受講ができる「選択受講制」による受講も取り入れました。

 以上の説明会を下記の日程で行います。
 ▽
6月22日(月)20:15~
  23日(火)20:15~
  24日(水)20:15~
  25日(木)20:15~
  26日(金)20:15~

 会場は、「8.会場中庭」です。
 ▽
https://zoom.us/j/156334327

 参加申し込みフォームはこちらです。
 ▽
https://www.mori7.net/jform_pre.php?f=hog202006

 自主学習クラスに参加されている保護者の方は、必ずご参加くださるか又は動画をご覧ください。
 これからオンラインのが自主学習を検討される方も、ぜひご参加ください。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンラインスクール(0) 生徒父母連絡(78) 
新着コメント1~3件
昔テレビで一億 かいわれ
テレビ等の営利が絡んだ扇情的・短絡的な報 7/6
夏のオンライン 森川林
 あおさんへ。  この講座はどなただも 7/6
夏のオンライン あお
こんにちは。受講を申し込みたいのですが、 7/6
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■夏のオンラインスクール開講、申し込み受け付け中 7月2日
■エデュナビで「小学校最後の3年間」が紹介 6月26日
■オンライン夏期講習、8/1~8/23。作文、感想文、主要五教科、公中受験など 6月11日
■リアルを超えるオンライン――少人数対話型オンライン教育の3つの特徴 6月9日
■【重要】7月からの「森のオンラインスクール」勉強の仕方説明会 6月8日
■午前9時からの「森のオンラインスクール」が6月から始まりました 6月4日
■港南台の通学教室を、全面的に通学オンラインクラスに 6月3日
■オンライン教育は少人数クラスと結びついて初めて効果を発揮する 6月1日
■風邪の中をプログラミング 5月31日
■「プロに聞く『子どもの作文力」劇的に上げる方法』」の記事 5月27日
■【重要連絡】6月以降の「朝のオンラインスクール」の学習について 5月18日
■【重要】Zoomのブレークアウトルームがビジー状態で使えない場合の対応 5月15日
■言葉の森が考える新しい教育の可能性 5月13日
■【至急重要】講師のZoomにパスワードが設定されていますが 5月11日
■朝のオンラインスクールが5月7日から始まります 5月6日
■鳥の村の資料室に、小1~中3、プレ受験作文の解説をいれました 5月5日
■創造発表祭(無料)、5月2日から6日まで連日開催 5月2日
■創造発表祭の参加お申し込みで、5月1日10:25以前にご送信いただいた方は再度ご送信お願いいたします 5月1日
■創造発表祭(無料)、連休中の5月2日~6日、連日開催 4月30日
■明日オン4/28で終了、4/29~5/1休み、5/2~5/6午後3時創造発表祭(無料)、5/7~新朝オン再開、その後休校解除後も午前中の朝オンは継続 4月28日
■オンライン創造発表祭(参加無料)、連休中5月2日~6日連日開催 4月23日
■一斉指導学習から個別確認学習へ――新しいオンライン学習の仕組み 4月18日
■学校や家庭で導入するパソコンは、現状ではクロームブックやiPadでないものを 4月17日
■新型コロナウイルスとこれからの社会の提案 4月15日
■明日のオンラインスクールで、平日20:00から保護者懇談室、20:30から講師懇談室を開きます 4月12日
■【重要】初めて明日オンに参加される方は、最初に初心者クラス(無料)にご参加ください 4月10日
■【重要】明日のオンラインスクールでの勉強の仕方【動画】 4月8日
■【至急】「明日オン」の4月6日(月)の登録又は取消は、お電話又は質問掲示板で 4月6日
■【至急】明日オンの19時以降の送信ができないままでしたm(_ _)m――直り次第ご連絡します 4月6日
■学校の休校対応、小1~中1の全教科の対話型学習「明日のオンラインスクール」受け付け開始 4月5日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。