ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 3796番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/6/13
幼児から小3までは日本語脳を育てる時期――英語脳は日本語の土台が確立してから as/3796.html
森川林 2019/07/20 14:46 

 「小学生のうちに身につけたい英語力。脱『日英変換』のための5つの視点」という広告記事を読みました。
 その記事には、「英語脳をさらに伸ばしていくために、幼稚園児か小学生の低学年から英語脳で味わうという習慣をつけておくことが大切だ」ということが書かれていました。

 英語を英語で理解しながら読むという「英語脳」を作ることは、一見、英語学習の近道にように見えます。
 しかし、それは、「日本語脳」が失われることと裏腹の関係にあるのです。

 小学3年生までは、日本語脳がまだ十分に形成されていない時期なので、この時期に英語の学習をすれば、たやすく英語脳にすることができるかもしれません。
 しかし、それは日本語脳が不完全にしか成長しないというリスクをおかしての上でのことなのです。

 日本語脳が確立すると言われる小学4年生以降に英語脳を鍛える練習をするならば問題はありません。
 むしろ、中学生以降に英語の学習をするよりも、英語になじむ度合いはずっと高くなるでしょう。
 中学生になると、英語を日本語のフィルターを通して、知識と理屈で理解する面が強くなります。
 小4から小6にかけては、英語を英語のまま聞き取る力が、まだ十分に発達しているからです。

 しかし、小4以降の、日本語脳がある程度形成された時期から始める英語の学習は、日本語脳が十分に形成されていない幼児や小学校低学年のころから始める英語学習よりも進度が落ちるはずです
 だからといって、幼児や小学校低学年のうちから英語の学習を始めるというのは短絡的な発想です。

 低学年のうちに英語脳をつくるということは、低学年のうちの日本語脳の発達を止めるということと同じです。
 この弊害が出てくるのは、子供たちが高学年になってからです。
 今、幼稚園や小学校低学年で英語の勉強をしている人は、英語ができるようになったというよい面しか見ていません。
 日本語の生活自体がまだ初歩的なレベルなので、日本語脳が阻害されているとは感じられません。
 だから、英語も日本語も同じようにできている気がするのです。
 しかし、学年が上がり、難しい日本語の文章を読む時期になると、日本語を実感的に読み取れないという弱点が次第に強くなってきます。

 ただし、英語で遊ぶ程度の英語教育は、こういう心配はありません。
 英語の音声をシャワーのように聞かせ、親子でも英語で話をし、英語の本を日本語の本よりも優先して読ませるというようなやりすぎの幼児英語教育の場合に、弊害が生まれてきます。

 英語教育に真剣に携わっている人は、英語の基礎となる幼児期の日本語学習の大切さを理解しています。
 私の知っている人の中にも、そういう人はたくさんいます。
 しかし、それ以上に多くの人が、幼児期や低学年の日本語の土台の大切さを理解していないようなのです。
 そのひとつが、冒頭の広告記事にあるような考え方です。

 では、なぜそのような英語教育が行われているかというと、言語というものを単なる伝達の手段として考えているからです。
 言語は、伝達の手段ではなく思考と文化の手段です。
 言語は、ものの見方や考え方を身につける枠組みであって、単に情報を人に伝えるための入れ物ではありません。

 人に伝える道具としてので言語は、これから急速に機械化されていきます。
 今でもすでに、さまざまな言語を他の言語に翻訳するソフトが、不十分ながら実用に近いレベルで開発されています。
 伝達の精度を100パーセント保証できるようになるまでは、まだ時間がかかるでしょうが、実用性のレベルでは100パーセントに近いという程度で十分です。

 そういう先のことを考えると、子供たちの学習の重点は、第一に日本語、第二に算数数学、第三に英語です。
 学習以外のことも含めれば、第一と同じところに「遊び」も入ると思います。

 英語教育を行っている人の仕事の邪魔をするわけではありませんが、こういう、ごく当然のことを書く人があまりにも少ないように思ったので、敢えて書きました。

▽参考図書
「日本語人の脳: 理性・感性・情動、時間と大地の科学」角田 忠信

「英語の早期教育・社内公用語は百害あって一利なし」 渡部 昇一

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20190720  
 人が物事を本気で考えるときは、母語でなければ考えられません。
 この本気で考えるときに、母語の充実度が重要になってくるのです。
 普通の日常会話のレベルでは、母語でも習熟した外国語でも差がありません。
 だから、多くの人は、両方同じようにできると考えてしまうのです。


nane 20190720  
 英語教育に関しては、いろいろな論議があるはずですが、コマーシャルレベルで発言する人の声が大きすぎるところに問題があります。
 英語教育は、単に英語の教育と考えるのではなく、子供の言語能力を高めるための英語教育と考える必要があります。
 基準は、子供の方にあります。
 だから、英語を話せることよりも、何を話すかということが大事です。
 英語の本を読めるのはいいことですが、どんな本を読むかということの方がもっと大事です。
 学力は、何を話し何を読むかといいう「何」の方にあるのです。


K 20200104  
私もそう思いました。しかし、何故か世の中には、まだその考え方は常識としては浸透していないようです。幼少期の英語教育の塾が見受けられます。人の能力に関わることなので、やすやすと見過ごせません。。

森川林 20200104  
 Kさん、ありがとうございます。
 幼児期から英語を詰め込めば、誰でも英語はできるようになります。
 しかし、その弊害として日本語が不確かになるのがわかるのは、学年が上がってからなのです。


森川林 20200104  
 以前投稿した英語教育の記事について、コメントを書いてくれた人がいました。
 言語の学習は、算数や理科・社会などの学習に比べるとずっと大きい影響力を持っています。
 それは、早期に始めれば効果があるが、同時に日本語の学習とぶつかるということです。
 小学校低学年のうちは、英語も日本語も両方できるような気がします。
 しかし、学年が上がると、次第に日本語が不十分になっていたことがわかってくるのです。
 この反対に、英語の勉強を全くしなかった子が、中学生や高校生になったときに英語が苦手になるかというと、そういうことはありません。
 今の大人で英語が得意な人のほとんどは、中学生から英語の勉強を始めているのです。

Alice 20200104  
以前、小学校3年か4年で英検2級を取得した生徒がいました。幼児期から英語のキャンプなどに参加していたようです。読書不足のせいもあったと思いますが、作文の方は、簡単な英語を訳したような細切れの文が多く、表現を工夫したり、細かな描写をしたり、自分らしい感想を書いたりすることが苦手でした。ぴったりの表現を探したり、思考を組み立てたりする基盤となるのは母国語なので、幼いころに外国語の習得の方に力を入れすぎると、後に問題が出てくるのでしょう。外国語で考え、表現を工夫することができるならまだしも(日本人なのにそれもどうかと思いますが)、どちらの言語も表面的にしか使えなくなってしまうのはかわいそうなことだと思います。

森川林 20200104  
 Aliceさん、コメントありがとうございます。
 そうなのです。簡単なことは、英語でも日本語でも同じように使える気がするのです。
 しかし、深く感動したり、深く考えたりするのは、もともとの母語がしっかりしていないとできません。
 英語教育に携わっている人でも、良心的な人は、早期英語教育のやりすぎの弊害というところをちゃんと押さえています。
 しかし、そうでない人やそうでない教室もかなり多いのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
英語教育(10) 日本語脳(15) 

記事 3795番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/6/13
保護者懇談交流会7月のお知らせ as/3795.html
森川林 2019/07/19 13:06 

 7月22日(月)から7月28日(日)まで、20:15に保護者懇談交流会を行います。
 会場は、Zoom中庭です。
https://zoom.us/j/156334327

 テーマは特に設けませんので、お子様の勉強に関する質問、相談、ほか何でも自由にお話しください。
 全員がじっくり話す時間が取れるように、発言の持ち時間を1人3分以内としますので、長い説明が必要になる場合は、保護者掲示板などにあらかじめ書いておいてくださるようお願いします。
https://www.mori7.net/teraon/hkei.php

 なお、この懇談交流会は、言葉の森の生徒の保護者とともに、サマーキャンプに参加中の保護者も一緒に行います。(サマーキャンプの保護者の方は参加自由)

 参加を希望される方は、保護者掲示板参加フォームからお申し込みください。
https://www.mori7.net/jform_pre.php?f=hog201907
 なお、全員がゆっくり話す時間が取れるように、各日程の参加人数は5名までとさせていただきますので、希望される方はお早めにお申し込みください。


この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
懇談会・個人面談(0) 

記事 3794番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/6/13
勉強はたくさんやるよりも毎日やることを優先して as/3794.html
森川林 2019/07/19 09:04 

 小中学生の勉強で最も大切なのは、毎日決まったことをする習慣をつけることです。
 よく、成績が上がらないとか、成績が下がったとかいう相談を受けることがあります。
 その最も大きな原因は、能力でもなく、勉強の仕方でも、塾の選び方でもなく、教える先生の問題でもなく、ほとんどの場合その子が毎日勉強する体制になっていないことだけです。

 小中学生の勉強は、入試問題を解く勉強以外は、難しいことは何もありません。
 しかし、勉強を、毎日ではなく宿題があるときだけやったり、塾のあるときだけやったりするような勉強の仕方だと、必ず学校で習った範囲でわからなくなるところが出てきます。
 それが積み重なって成績が上がらなくなるのですが、分からないところがある程度増えてくると、自分でもどこから手をつけていいか見当がつかなくなります。
 それが、成績が上がらなくなる原因なのです。

 そのときにやりがちなのが、ある日突然思いついて急にたくさんの勉強を始めることです。
 学力は毎日の積み重ねによってできるものなので、1週間分の勉強を1日でやって、あとの6日間は何もしないというやり方では学力はつきません。
 短い時間でいいので、毎日同じ時刻に、同じ勉強をする体制を作っておくことが大事なのです。

 勉強は、たくさんさせるよりも毎日欠かさずさせることを重点とします。
 ところで、子供によっては毎日たくさんの勉強をさせられている子もいます。
 受験期に本人が納得して行う「毎日」「たくさん」の勉強は全く問題がありません。
 むしろ、毎日たくさんの勉強することによって、短期間で急速に力をつけることができます。
 しかし、小学校低中学年のころに毎日たくさんの勉強をさせると、学年が上がるにつれてその反動がやってくることがあるのです。
 その反動の最もよくある兆候は、集中力の乏しい勉強を長時間やるような勉強習慣がついてしまうことです。

 お母さんは、子供が長い時間勉強していると安心し、短い時間で勉強を終わらせると不安になるものです。
 しかし、短い時間で勉強を仕上げる姿勢の方が、集中力のある勉強の仕方につながります。

 小学校低学年で親の話をよく聞く子供は、長時間の勉強を特に苦もなくやっているように見えることがあります。
 親は、それを見て満足するのではなく、早めに、「もう勉強やめて、あとは自分の好きなことをして遊びなさい」と言ってあげる必要があります。
 子供の本当の心は、親にそう言われるのを待っているのです。

 このような毎日の勉強の習慣をつけるのに役立つものが自主学習クラスです。
 先生が、家庭における子供たちの勉強の仕方を見ているとこ、おのずからその勉強の仕方のよい点とよくない点が分かってきます。
 親が単独で子供の勉強を見るよりも、また先生が単独で子供の勉強を見るよりも、親と先生が協力し補い合って勉強の仕方を見ていくことが毎日の勉強の習慣づくりにとって大切なことになるのです。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20190719  
 子供の勉強は、毎日同じようにやることが大切です。
 大人のように、日曜日は休みなどとしない方がいいのです。
 だから、旅行に出かけたときも、毎日の勉強道具(課題フォルダ、暗唱長文、読書用の本など)は持って、たとえ短い時間であっても旅行先で同じようにやっていくといいのです。
 しかし、どうしても例外が生じる場合があります。
 そのときは、うやむやのうちに例外を認めるのではなく、子供に、今日はこういう理由だから勉強はお休みにしようと、ちゃんと言葉として言っておくことです。


nane 20190719  
 勉強の仕方でよくある間違いは、難しい問題集をやらせることです。
 難しい問題集をやって、できなかった問題が何問か残るというやり方では実力はつきません。
 できない問題が1問もなくなるまでやって初めて力がつきます。
 だから、問題集は普通の難しさで、たまに難しい問題があるぐらいがちょうどいいのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
小学校低学年(79) 自主学習クラス(0) 家庭学習(92) 勉強の仕方(119) 

記事 3793番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/6/13
暗唱の仕方のコツ――大事なのは繰り返しの音読だけ as/3793.html
森川林 2019/07/18 13:29 

 暗唱の仕方で大事なコツは三つあります。
 一つは、毎日練習をすることです。
 練習にかかる時間は10分程度です。
 毎日やるためには、朝ご飯の前などの毎日確実にできる時間帯を暗唱練習の時間と決めることです。

 もう一つは、すらすら読めるようになるまで、文章を見て読むようにすることです。
 文章を見ずに読んで、途中でつっかえたり、思い出して読んだり、読み間違えたりすると、そのつっかえたり思い出したり読み間違えたりしたところが癖になってしまうので、あとから直そうとしてもなかなか直りません。
 暗唱の初めのうちは、文章を見てゆっくり正確に読んでいくことです。
 正確に読めるようになったら、できるだけ早口読むように切り換えていきます。

 第三に、暗唱は覚えることを目標にするのではなく、回数を決めて音読を繰り返すことを目標とすることです。
 回数は30回が基準です。
大人でも、100字程度の同じ文章を30回繰り返して音読すると暗唱できるようになります。
 低学年のうちはもっと回数が少なくても暗唱できるので、その子に合った回数を決めて読むようにしてもかまいません。

 大事なことは、覚えられたからおしまいとするのではなく、決めた回数を音読したからおしまいというふうにすることです。
 なぜ、覚えることを目標にしないかというと、覚えることを目標にすると、難しい文章や長い文章になったときに、できないと言う子が出てくるからです。
 回数を繰り返すというだけなら、誰でも例外なくできます。
 覚えることが目標ではなく、音読を繰り返すことが目標とすることによって、その結果として自然に覚えていたという結果になるのです。

 ところで、低学年のうちは文章を読み取る力がないために、文章を繰り返して読むということがスムーズにできない場合があります。
 その場合は、最初から本人に読ませるのではなく、お母さんが音読するのを聴かせるだけでもいいのです。
 聴いているうちにだんだん真似をして言えるようになります。
 すると、やがて文章を目で追いながら音読もできるようになってきます。
 低学年のうちは、気長に、半分遊びのような感覚で続けていくことが大事です。

 幼稚園年長から小学2年生までは、暗唱の力が最も伸びる時期だと言われています。
 この時期に、子供が負担を感じないやり方で暗唱の力をつけておくと、学年が上がってからも暗唱のコツが分かるので、その暗唱力を語彙力や記憶力や表現力に活かしていくことができます。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20190718  
 貝原益軒は、四書五経の教材で、毎日100字分を100回読むことを勉強の基準としていました。
 しかし、今の時代に、子供に100回読ませるというのは至難の業(わざ)です。。
 そこで、言葉の森では、暗唱の回数の基準を30回としたのです。
 30回音読をすると、25回めあたりから急に頭に入ってくるようになるからです。


nane 20190718  
 今の子は、繰り返しの勉強に慣れていません。
 教材が豊富にあるので、1回やったらおしまいにして、次の教材に移るというような勉強の仕方をしている子が多いと思います。
 しかし、そのやり方では実力はつきません。
 暗唱は、繰り返しの勉強が役に立つということを実感する機会になります。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
暗唱(121) 

記事 3791番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/6/13
7.3週の授業の動画をアップロード as/3791.html
森川林 2019/07/17 11:52 

 7.3週の小1から中1までの授業の動画を、鳥の村の資料室にアップロードしました。
 小3以上は、感想文の練習ですので、動画を参考に家族に似た話を取材してきてください。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生徒父母連絡(78) 
コメント1~10件
本当の勉強は、 森川林
子供は、自然に成長していれば、みんな時期が来ればそれぞれにが 6/12
これから大学生 森川林
MMさん、ありがとうございます。 これは、10年以上前の記 6/12
これから大学生 MM
先生の書かれていることは今読んでもそのまま通じます。 10 6/11
毎週作文を書く 森川林
作文の勉強というのは、負担の大きい勉強です。 だからこそ、 6/11
読書を阻むもの 森川林
暇なときは読書をすればいいのですが、今は、スマホで情報に流さ 6/10
国語の読解検定 森川林
国語読解の問題は、適当に解いて「当たった」「外れた」と言って 6/9
デジタル教科書 森川林
デジタル教科書という考えがありますが、教科書とか自分の好きな 6/8
国語読解クラス 森川林
 国語力は、知識として身につけるのではなく、国語力を育てる生 6/7
国語力はテクニ 森川林
「国語力をつけるために、特に読書をする必要はない」という耳あ 6/6
リアルな通学教 森川林
 未来の教育は、対話型の少人数オンラインクラスの教育になりま 6/5
……次のコメント

掲示板の記事1~10件
Re: 無題 森川林
 こちらで入れ直しておきました。  ×になったところは、お 6/11
無題 笹の葉
まちがって白紙でそうしんしてしまったのでここに記載します。 6/10
岡田斗司夫さん 森川林
岡田斗司夫さんの話が面白い。 【最新動画】2025年問題っ 6/9
同調圧力と方便 森川林
 なぜ、子供を褒めることが大事かというと、子供は褒め言葉に同 6/9
Re: 読会検 森川林
お返事遅れて失礼。 しっかり、読んでいてえらい! 問 6/7
歌はいいなあ 森川林
志村けんと八代亜紀が面白い https://www.you 6/3
大事なのは、結 森川林
大事なのは、結果よりも動機だ。 自分は、日本を守るために仕 6/2
読会検定5月  あかそよ
いつもありがとうございます。 問題3 AB共に、「兄ち 5/31
臨死体験で見た 森川林
臨死体験で見た「宇宙の真実」とは?【山納銀之輔さん前編】 5/28
Re: 読解検 森川林
 いい質問です。  このように質問する人は、国語の力がつく 5/23

RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
代表プロフィール
Zoomサインイン






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習