記事 3727番  最新の記事 <一つ前の記事  2019/5/20 
未来の教育は、平均的な知識を詰め込む教育ではなく、各人の個性を伸ばす教育になる――発表学習のすすめ
森川林 2019/05/18 20:11 

 これまでの工業時代の教育は、国語算数理科社会という主要教科に見られるような平均的な知識を詰め込む教育でした。
 なぜそれが必要だったかというと、人間が機械の歯車の一部として仕事をするためには、どの部分の歯車にもなれる平均的な能力が必要だったからです。

 だから、大人になってからの実生活でほとんど使うことのなかった知識――大化の改新の年とか鎌倉幕府の年とか、植物の導管と師管の区別とか、フェノールフタレイン溶液の用途とか、そういう雑多にな知識をみんなが同じように学んできたのです。

 これは、否定的な意味で書いているのではありません。
 工業時代までは、そういう平均的な何でもひととおりできる学力が必要だったから、誰もがそれを目標にして勉強をしていたのです。
 そして、その成果が、現在のような豊かで便利な工業社会を生み出したと言えます。
(もちろん工業化の行き過ぎが、環境の破壊や文化の破壊につながった面はありますが。)

 しかし、今、その平均的な詰め込み教育の前提となる社会が、大きく変化しています。
 数年前、海外の入試で、スマホを使ったカンニングが問題になったことがありあます。
 また、これも海外の話ですが、大学生のレポートで、他人のレポートをコピーしたものが問題になったことがあります。
 大学側は、これらの対策として、試験会場にスマホ持ち込み禁止とか、レポートのコピーを見破るソフトの開発とかいうところに力を入れていったようです。

 しかし、本当の問題は、学生がカンニングやコピーをしたことではなく、カンニングやコピーで済むような問題で試験をしているところにあるのです。
 学生が社会に出て仕事を始めるとき、いろいろな情報を調べたり、ほかの人のいいところを真似したりということは当然あります。
 もちろん、そこに独自の創造性がなければ、社会から評価されることはありませんが、しかしその独自の創造性の前提としての調査や模倣は当然あるのです。

 だから、理想の試験とは、何を調べても写していいから、そこから自分らしいものを作り出す可能性があるかどうかということを見る試験です。
 しかし、それは、試験というよりも、むしろ直接的な実践そのものです。

 つまり、その人が世の中に個性的創造的なものを生み出しているかどうかということが、日々問われているのが、その人の人生なのです。
 そして、誰が問うのかといえば、それはその人自身です。
 なぜなら、自分が新しいものを創造することが、その人の生きる喜びの大きな部分を占めているからです。

 工業時代の教育と、工業時代のあとの教育の違いはここにあります。
 もちろん、世の中には、平均的な知識を満遍なく身につけることを個性とする人もいます。
 そういう役割は、どういう世の中になっても必要だからです。
 だから、平均的な知識を否定するのではなく、個性を伸ばすという大きな枠の中で平均的な知識を習得する教育も考えていくということです。

 では、個性を伸ばす教育は、具体的にどのようなやり方で行われるのでしょうか。
 その答えのひとつが、発表学習です。
 子供たちが、自分の好きなことを自由に研究し、それをみんなに教える(発表する)という勉強の仕方です。

 発表学習クラスの子供たちの発表を見ると、ほとんどの子が毎週、ユニークな面白い発表を行っています。
 これらの子供たちは、学力も十分にあります。
 だから、普段の勉強以上の独自の研究発表ができるのだと思います。

 しかし、発表学習は、自分の好きなものがある子なら、誰でも取り組めます。
 極端なことを言えば、ゲームの好きな子は、ゲームを研究し発表してもいいのです。
 好きなゲームをただやっているだけなら、あまり進歩や向上というものはありません。
 しかし、それをほかの人に発表するとなると、そこに個性や創造性を作り出さなければならなくなります。
 それは、個性的、創造的なものでなければ、ほかの人は興味を示さないからです。

 この構造は、実は、社会そのものの仕組みと同じです。
 社会では、誰でも、自分の好きなことを何でもやっていいのです。
 しかし、それが人に評価されるかどうかは、そのやっていることが個性的創造的かということに関連しています。

 人間は、自分の好きなことをやるのはうれしいものですが、それを人から評価されるのは更にうれしいものです。
 また、最初は人から評価されるのがうれしいから、個性的創造的にやっていたものが、やがてその創造の面白さが発展して、人の評価以上に創造の喜びが動機となって自分の好きなことを続けていくようになります。

 そのように、すべての人が自分の個性を創造的に伸ばしていくのが、未来の社会の人間の生き方になります。
 発表学習とは、そういう未来の社会を生きるために、第一に必要となる教育です。

 現在の入学試験は、多数の受験生を短期間で採点しなければならないという技術的な制約から、ペーパー試験が中心になっています。
 紙の試験で評価できるものは、基本的に知識の詰め込み度合いだけです。
 その生徒の思考力や表現力は、作文試験や面接試験である程度評価できますが、その生徒の個性や創造性を短期間で評価できる試験方法はありません。

 だから、近年の東大の推薦入試では、何か月も時間をかけて、受験生の個性的な創造を評価する仕組みにしたのです。

 この個性と創造性を評価する仕組みが、将来の試験の主流になります。
(ただし、将来は試験ということそのものがなくなっていくと思いますが、それは別の話なのでまたいつか。)

 会社の就職試験でも、会社が本当に採用したい人材は、学力は普通にまともにできている程度でいいから、個性と創造性と社会性のある人材です。
 同じように、将来の学校の入学試験も、学力は、センター試験なら8割、学校の成績ならオール4という普通の学力でいいとして、その学力の担保の上に、個性と創造性と社会性(コミュニケーション力)を見るものになっていきます。
 それは、大学入試そのものが変わるので、それに応じて、高校入試も、中学入試も変わっていくからです。

 発表学習クラスに参加する子供たちが、いろいろな入試に望むころは、まだそういう試験は主流にはなっていないと思いますが(笑)、しかし、将来の教育の先取りをしている気持ちでこれからも個性的な発表をしていくといいと思います。


言葉の森受講案内  無料体験学習
言葉の森サマーキャンプ   公立中高一貫校自主学習クラス

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20190518  
 いい学校を目指す理由の第一は、いい友達と出会い知的な刺激を受けることにあります。
 勉強の中身は、今はどこでも手に入るので、いい授業とかいい先生とかいうのはあまり重要ではなく、いい友達というのが最も重要です。
 寺子屋オンラインの作文クラスや発表学習クラスは、学校とは違いますが、ある程度それを実現していると思います。
 ある程度というのは、まだそのコンセプトが十分に理解されていない面もあるからですが、いずれコンセプトもみんなが共有できるようになると思います。

nane 20190518  
 発表学習は、うちの子が小学生だったら、第一にやらせたかった勉強です。
 また、寺子屋オンライン作文も、絶対にやらせたかった勉強です。
 昔は、個別電話指導しかなかったので、その方法でずっと勉強していましたが、子供は(特に学年が上がるほど)、友達どうしのやりとりの中で成長していくからです。
 その子供どうしの切磋琢磨をうまくコントールして活性化させていくのが先生の役割です。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
思考発表クラブ(0) 2020年度入試改革(0) 

記事 3726番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/5/20 
オンライン自宅学童クラス
森川林 2019/05/17 06:51 

 あるパンフレットに次のような保護者の声が紹介されていました。

□職場復帰(共働き)のため、スクールに通えなくなった……
□本当は学童で預かってもらいながら、習い事もさせたい……
□塾に通わせたいけど、子どもを塾に連れていけない……
□塾・スクールで少しの間預かってくれるサービスがあれば……

 それなら、簡単です。
 小学3年生のあーこちゃんに登場してもらいます。

====
 わたしは、あーこです。
 私はいつも、学校からまっすぐ自分の家に帰ります。
 家には、お母さんもお父さんもまだ仕事中だから、誰もいません。
 文鳥のピコがいるだけです。

 私は、パソコンをつけて、言葉の森のZoomに入ります。
 すると、先生や友達の顔が見えます。
 仲良しのけんちゃんももう入っていました。
 急いでその日の勉強の支度をします。

 最初は、自主学習で国語と算数をやる予定です。
 でも、その前に学校の宿題を済ませます。

 授業は45分ですから、学校の勉強と同じ感じです。
 学校と違うところは、途中でおやつを食べてもいいことです。
 でも、長い時間席を離れると、先生から呼ばれます。
 先生が呼んでも答えないでいると、近所の人に連絡されることがあります。
 でも、そういうことはめったにありません。
 どうしてかというと、あまり態度が悪いと、このオンライン自宅学童に行けなくなるからです。
 そうすると、歩いて通う近所の学童に行かなければならなくなります。
 私は、自宅でのんびりできるオンライン学童が好きなので、ずっとここにいたいからです。

 横浜には、教室に通学できるオンライン自宅学童があるそうですが、私の住んでいるところは東京なので、横浜までは通えません。
 でも、自宅学童に来ている子のほとんどは、自宅から参加しているようです。
 この前、みんなで自己紹介をしたら、シンガポールやベトナムから参加している子もいたので驚きました。
 それから、おかしいのは、インフルエンザで学校を休んだのにこの自宅学童に来て勉強している子がいたことです。

 自宅学習の1時間目の勉強が終わると、15分の休憩のあと、2時間目は発表学習です。
 さっきのクラスと同じ子もいるし、違う子もいます。
 私は、この火曜日の発表学習クラスの田中君の発表が好きなので、このクラスだけは欠席しないようにがんばっています。
 私の今日の発表は、日曜日にお父さんとやった理科実験の結果です。
 この発表は、画像だけでなく動画も入れているので、みんなに見せるのが楽しみです。

 この発表学習が終わると、3時間目は作文です。
 今日の課題は感想文なので、似た例をお母さんとお父さんに取材しておきました。
 授業では、最初にどんなことを書くかを発表します。
 同じ課題でほかの人がどういう似た例を言うのかを聞くのが楽しみです。

 自宅学童には、今度、そろばんとプログラミングのクラスもできるそうです。
 私はどちもらやってみたいので、今度お母さんと相談しようと思っています。
 お母さんは、「1教科3000円だから、時間的にできるなら何をしてもいいよ」と言っているので、少し勉強の時間が長くなってもいいからやってみようと思います。
 授業を受けない見学だけなら無料なので、新しいクラスができたらすぐに見学に行く予定です。

 この自宅学童のいいところは、夕方早くから始めて、夜遅くまでいられることです。
 授業を受けるのは受講料がかかるようですが、その授業のあとクラスにずっと残っていたり、又はほかの授業を見学に行くだけなら無料で何時間でもいられます。
 私は、お母さんの帰りが遅いときは、ほかのクラスの授業をずっと見ていることがあります。
 この前は、夜9時までいましたが、その時間でもまだ勉強している学年の大きい子がいました。

 3時間目の作文の授業の途中に、お母さんが仕事から帰ってきます。
 時々、お母さんと先生が保護者懇談会をすることがあります。
 先生は、いつも褒め言葉だけを言ってくれるので、お母さんは懇談会のあとはいつも優しくなります。
 私も、ときどき保護者懇談会に顔を出します。
 先生とお母さんが楽しそうに話しているのを見るのが面白いからです。

 3時間の作文の勉強が終わったあと、お母さんに、今日やった勉強を説明します。
 お母さんは、この間、笑いながらこんなことを言いました。
「このオンライン自宅学童が朝からあれば、あーこちゃんが学校に行かなくなってもも大丈夫だよね」
 私は、学校も好きですが、今の自宅学童のクラスで一緒に勉強している子も好きなので、本当にそうだなあと思いました。

 夏休みは、このオンラインの友達と那須合宿所にサマーキャンプに行きます。
 Zoomの画面でいつも顔を見て話を聞いているので、初めて会うという感じはしませんが、実際に会えるというのは楽しみです。
 サマーキャンプでは、勉強と遊びをするそうですが、私がいちばん楽しみにしているのは、夜友達と一緒に寝ることです。
 お母さんやお父さんと離れてひとりで泊まるのは初めてですが、自宅学童の友達がいるなら大丈夫です。
====


言葉の森受講案内  無料体験学習
言葉の森サマーキャンプ   公立中高一貫校自主学習クラス

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20190517  
 学校から帰ったら、子供は自宅にいるのがいちばんです。
 お母さんがまだ帰ってきていなくても、自宅に友達がいて先生がいれば安心です。
 もちろん、いるのはZoomの画面の中ですが、仕事をしているお母さんも時々子供の勉強の様子を見学にくることができます。
 また、Zoomのクラスは5、6人の少人数なので、先生の目も行き届くから安心です。
 そういうオンライン自宅学童クラスが始まります。


nane 20190517  
「オンライン自宅学童クラスが朝からあれば、学校に行けなくなっても大丈夫。勉強だけでなく、音楽や体育や図工もできるから。わたしの特に好きなのは、音楽で、みんなで踊りながら一緒に歌うクラスです。(あーこ)」
という時代になると思います。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
学童クラス(0) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
未来の教育は、 nane
 発表学習は、うちの子が小学生だったら、 5/18
未来の教育は、 森川林
 いい学校を目指す理由の第一は、いい友達 5/18
オンライン自宅 nane
「オンライン自宅学童クラスが朝からあれば 5/17
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■未来の教育は、平均的な知識を詰め込む教育ではなく、各人の個性を伸ばす教育になる――発表学習のすすめ 5月18日
■オンライン自宅学童クラス 5月17日
■おじいちゃんおばあちゃんと学ぶ、子供の創造力を育てる発表学習クラス 5月16日
■小4・5・6年生対象の公立中高一貫校の模擬試験を実施 5月15日
■サマーキャンプの読書感想文におすすめの本 5月15日
■オンラインの全教科自主学習クラスは、学校のペースを超えてひとりで勉強できる子にも、学校から離れてひとりで勉強する子にも向いた、友達と交流のあるクラス 5月14日
■サマーキャンプの小5以上の勉強に、公立中高一貫校対策問題も 5月14日
■サマーキャンプで、読書感想文指導も行います 5月13日
■公立中高一貫校対策のオンライン学習に必要な保護者のパソコン講習会(無料)――約30分でZoomとgoogleフォトの操作を習得します 5月13日
■低学年の勉強のコツは目先の面白さで引っ張らないこと 5月13日
■小学1、2年生は学校での勉強より家庭の文化 5月12日
■普通の勉強と受験のための勉強は違う 5月11日
■夏合宿の遊べる場所と勉強する内容が決まりました――スケジュール一部変更 5月10日
■作文教育の言葉の森が、公立中高一貫校対策の全教科学習クラスを始めます――中学生は公立高校入試対策。5月4週説明会 5月8日
■5.2週の授業の動画をアップロードしました(鳥の村) 5月7日
■言葉の森の夏合宿の日程を一部変更――日数と日程は自由に選択できます 5月7日
■ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ5月4日 5月5日
■ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ5月3日 5月4日
■ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ5月2日 5月3日
■ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ5月1日 5月1日
■ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ4月29~30日 5月1日
■夏休み読書作文勉強キャンプ――朝夕は勉強、昼は自然の中で友達と遊び 4月28日
■那須家族キャンプに参加される皆さんへ 4月26日
■5.1週の授業の動画をアップロード 4月26日
■那須の家族キャンプ、5月2日~4日追加募集あり 4月26日
■生徒が一番、演習が二番、先生の話は三番目 4月26日
■集団の力学の中で子供は成長する 4月25日
■言葉の森が始める対話型の全教科学習 4月24日
■4.4週の動画をアップロードしました 4月23日
■4月の読書読解作文キャンプの写真 4月23日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare