記事 3878番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/4
もっと……だったら
森川林 2019/10/10 17:46 

 「もっと……だったら」と言う人がいます。
 もし、もっとそうなっても、また次の「もっと……だったら」が出てきます。
 今ある状態で自分がベストを尽くすことがすべてです。
 その姿勢を見て育つ子供も、そういう自己責任で生きる子になっていくのです。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20191010  
 子供は言うことを聞かないし、
 自分は忙しいし、
 夫は協力的でないし、
 お金もないし、時間もないし……
 というような状況は、ほとんどの人が抱えています。
 しかし、それを前提として明るく元気にやっていくのです。
 すべては自分のそういう決心です。


nane 20191010  
 子供が小さいころは、親もいちばん大変な時期です。
 しかし、それも数年の話で、いつかその大変さが懐かしい思い出になるときがきます。
 その日のために、今は明るくやっていくといいのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生き方(41) 

記事 3877番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/4
学生時代、国語の勉強法が今ひとつわからなかったお父さんお母さんも、読解検定を受けてみてください
森川林 2019/10/09 08:22 

 国語の読解問題は、感覚で解く問題ではなく、理詰めに考えて解く問題です。
 だから、算数や数学の勉強と同じように、本当は満点が取れる問題なのです。

 ところが、学校でも塾でも予備校でも、そういうことは教えていないようです。

 だから、ほとんどの生徒は、「当たった」「外れた」というレベルで国語の問題を考えてしまうのです。

 そこで、今回、10月の読解検定は、どなたにも無料で言葉の森の読解検定を体験していただけるようにしました。

 この読解検定で満点を取ることによって読解力がつき、国語の成績が上がります。

 毎年、小6,中3、高3の受験生がこの読解問題で読解のコツをつかみ、短期間で国語の成績を上げ入試に合格しています。

 この機会にぜひ読解検定を受検して、国語力を高めるコツをつかんでください。

 読解問題の解き方は、「小学生のための読解・作文力がしっかり身につく本」(中根克明 かんき出版)に詳しく書いています。

■読解検定は自宅受検で、受検の日程も選べます

 読解検定は、毎月1回実施。小1から高3までの生徒が家庭で受検できます。
(社会人で受検される方は、ひとこと欄に受検を希望する学年をお書きください。)

 10月読解検定の日時は、下記の日程の中から自由に選べます。

(1)10月25日(金)検定試験 18:00~18:45
          保護者説明会 18:45~19:15

(2)10月25日(金)検定試験 19:30~20:15
          保護者説明会 20:15~20:45

(3)10月26日(土)検定試験 18:00~18:45
          保護者説明会 18:45~19:15

(4)10月26日(土)検定試験 19:30~20:15
          保護者説明会 20:15~20:45

(5)10月27日(日)検定試験 18:00~18:45
          保護者説明会 18:45~19:15

(6)10月27日(日)検定試験 19:30~20:15
          保護者説明会 20:15~20:45

         (保護者説明会は参加自由です。)

■お申込みはウェブから、又はお電話で

 読解検定のお申し込みは、ウェブフォームからお願いします。
 お電話でお申し込みいただくこともできます。

▽10月読解検定 参加フォーム
https://www.mori7.net/jform_pre.php?f=dks201910

■通常の受検料は500円+消費税。定期的に読解力をチェックできる

 読解検定は、毎月第4週に行います。
 受検料は、小学生から高校生まで同一料金で1回500円+消費税です。
 国語力というものは、測定しにくいものですが、定期的に読解検定を受けることによって自分の国語力をチェックできます。

■国語力を高めるコツは、読書、作文、暗唱を続けること

 読解検定は、解く勉強法を学ぶための検定試験です。
 しかし、解く方法がわかっても、読む力がなければ、難しい問題になると解けなくなります。
 解き方がわかると同時に、読み取る力をつけることも大切です。

 国語の勉強は、算数や英語や理科や社会のように理屈で理解して知識として覚える勉強ではありません。
 音楽やスポーツのように、毎日練習することによって体が自然に覚える勉強です。

 だから、問題集やドリルを解くようなやり方では、国語力はつきません。
 それは、作文の書き方の本をいくら読んでも、作文力はつかないのと同様です。
 毎日、読み書きの練習をすることによって、読む力と書く力がつくのです。

 読む力をつける勉強法は、問題集読書と長文音読と暗唱と読書です。
 これは、オンラインの作文読解クラスや自主学習クラスで取り組んでいくといいと思います。


この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20191009  
 10月読解検定(無料)は、お父さん、お母さんも受検してみてください。
 学年は、希望する学年のどこでも結構です。
 実際に受けてみることによって、理詰めに解く読解問題のコツがわかります。
 そうすれば、子供さんにもより的確なアドバイスができると思います。


nane 20191009  
 国語の読解問題の解き方は、実は英語の読解問題にも共通しています。
 問題の作り方の発想が同じだからです。
 だから、高校生の後半になると、国語力が英語力になってくるのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読解力・読解検定(0) 

記事 3876番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/4
10.2週の解説を「鳥の村」の資料室にアップロードしました
森川林 2019/10/08 18:46 

 小1から中1までの10.2週の解説を資料室にアップロードしました。
 せいかつ文化コース、公中全科コース、プレ受検コースの資料もアップロードしてあります。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生徒父母連絡(78) 

記事 3875番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/4
これからの新しい勉強はオンラインクラスで
森川林 2019/10/08 14:12 

■オンラインクラスの勉強で、読む力と書く力が自然につく

 言葉の森では、現在、オンラインで友達と一緒に学べる、作文読解クラス、創造発表クラス(旧発表学習クラス)、自主学習クラスを開いています。

 作文読解クラスでは、毎週その週の課題の作文を書き、4週目に読解問題を解きます。
 作文は、書くことを準備してみんなの前で発表し、友達と一緒にその場で書くので、作文が書き終えられなかったり後回しになったりすることはありません。

 創造発表クラスでは、主に理科実験を中心に社会や生活の勉強も含めて、それぞれの生徒が自由に選んだテーマで研究したことを発表します。

 自主学習クラスでは、国語や算数や英語の勉強を、家庭学習として自主的に行う習慣作りを進め、密度の濃い勉強の仕方を身につけます。

 いずれのクラスも、勉強のあとに、読書紹介や暗唱発表をするので、家庭での読書や暗唱の勉強が進みます。

■費用は2科目で11,000円、3科目で14,000円。3科目受講の場合は1科目あたり4,667円という割安な料金設定

 言葉の森では、多くの人がオンラインクラスの勉強に参加できるように、料金設定を低くおさえる工夫をしています。

 例えば、作文クラスという1科目だけに取り組む場合は、8,000円で、電話通信作文の現行料金と同じです。(内訳をわかりやすくするために消費税を含まない額。以下同じ)

 これは、実は、作文クラスが8,000円なのではなく、基本料金が5000円で、作文クラスが3000円という内訳になっています。
 他のクラスの場合も、1クラスだけの受講の場合は、基本料金が含まれるので合計8,000円となります。

 この1科目の合計8,000円に追加して、他のクラスも始める場合、他のクラスは1クラスごとに3,000円の追加料金となります。
 ですから、2科目なら11,000円、3科目なら14,000円、4科目なら17,000円となります。

 作文読解、創造発表、自主学習の3科目を行う場合は、平均すると1科目4,667円ですから、少人数クラスの密度の濃い勉強が、平均的な習い事よりもずっと割安な料金で受けられるようになります。

 なぜ、このような料金設定にしたかというと、言葉の森は将来オンラインスクールとして、学校で行われる勉強をすべてカバーし、更に学校で行われる以上の勉強を行う本格的な教育を広げることを考えているからです。

■忙しい人向けに、1日に2科目以上受けることもできる

 今の子供たちは、忙しい時間の中で過ごしています。
 1日に2つ以上の習い事をかけもちで行っている子もいます。

 しかし、言葉の森は、オンラインスクールとして、1日に2つも3つもかけもちで勉強できる体制を整えています。
 それが無理なくできるのは、すべて自宅で参加できるオンラインの学習だからです。

 例えば、午後5時から作文を書き、午後6時から発表学習に参加し、午後7時から自主学習で勉強し、余った時間に読書をするというようなやり方であれば、1日に3つのクラスを受講することができます。

 また、家庭学習の習慣をつけるという理由で、自主学習クラスを月曜から金曜まで毎日決まった時間に受講するということもできます。
 既に、そのように勉強している生徒もいます。

 言葉の森では、将来は、夏休みなど、朝からオンラインクラスに参加し、学校に行っているのと同じような規則正しい生活を送れるようにすることも考えています。
 もちろん、夏休みは楽しく遊ぶことが大事だという面もあるので、その場合は、たっぷり遊んだ分の振替授業を別の日にまとめて受けるということもできます。(現在も振替授業は行っています。)

■おすすめは、作文と自学の2クラス受講、理想は作文と自学と発表の3クラス受講。更に毎日の勉強に力を入れたい人は自学を週に複数回受講することも

 作文クラスにしても、発表クラスにしても、自学クラスにしても、1クラスだけを受講するのであれば、受講料は8,000円です。

 1クラスだけ受講するのであれば、読む力と書く力をつける本質的な勉強をするという意味で、作文読解クラスを受講することをおすすめします。

 しかし、1クラスの受講だけでは、少人数の授業とは言ってもやや割高に思う方もいると思います。また、子供の持ち時間にもまだ余力があると思うので、その場合は、家庭学習の習慣をつけるという意味で自主学習クラスを追加することをおすすめします。

 更に、理想を言えば、今後必要とされる個性的、創造的な学力をつけるという意味で、創造発表クラスも追加して受講されるといいと思います。

 また、オンラインクラスの自主学習の勉強に慣れてきたら、その自学自習を毎日欠かさずにやれるように、自主学習クラスは週に1回だけでなく、週に複数回やっていくと勉強の習慣が定着します。

■オンラインクラスは、子供どうしのコミュニティになり、親どうしのコミュニティにもなる

 オンラインクラスで勉強をしていると、互いの勉強の様子が間近に見られるので、子供たちが自然に親しくなります。
 また、保護者懇談会などを通して、お母さんやお父さんどうしが親しく接することができるようになります。

 コミュニケーションの密度は、一緒に過ごした時間と過ごし方の密度に比例するので、オンラインクラスの勉強の中でできた友達は、学校のクラスの中でできた友達より親しくなる場合もあります。

 そういう親しい友達が、全国、場合によっては海外にもいるということは、将来、子供たちの支えになることもあるでしょう。

 だから、オンラインクラスは、小学生のなるべく早い時期から参加していことをおすすめします。
 小学校低中学年の無邪気な時期に親しくなった友達は、学年が上がり高学年になってからも素直に心を開いて接することのできる友達になります。

■将来、子供たちに勉強を教える仕事をしたいお母さんにも役立つ

 これからの時代は、物が余る世の中になります。
 かつてのような工業生産に経済全体が引っ張られて成長した時代は終わり、これからは豊富で廉価な物に囲まれて、人々の消費は文化的なものに向かっていきます。

 したがって、将来の仕事も、ものづくり中心の仕事から、次第に文化を広げる仕事に移っていきます。

 その文化的なものの広がりは、真っ先に子供たちの教育の中に現れてきます。
 これまでのような、主要五教科の勉強に限られた教育は範囲を狭め、これからは子供たちの個性に応じた多様な教育が広がっていきます。

 言葉の森では、これまで、森林プロジェクトという名称で、作文講師資格講座を行ってきました。
 既に多くの方が、森林プロジェクトの教材を利用して、自宅で又は近所で作文教室を開いています。

 言葉の森では、今後、この作文講師資格講座に加えて、オンラインスクールの授業を受け持つオンライン講師を募集していきます。

 将来、オンラインスクールの講師として仕事をするためには、実際に自分の子供がオンラインクラスに参加し、そのさまざまな面を知っておくことが役に立ちます。

 今のお母さん方は、何らかの仕事に携わっている人が多いと思いますが、将来多くの人が自分の生きがいとして複数の仕事を持つ副業のスタイルが増えていきます。

 子供の勉強だけでなく、将来の親の新しい働きがいのためにも、オンラインスクールという新しい形態の教育に参加しておくことは意義あることだと思います。

■■オンラインクラスへの参加は簡単です

 オンラインクラスに参加するには、Zoomのオンライン会議室に接続できるパソコン、又は、タブレット、又はスマホが必要になります。
 現在のパソコンやタブレットであれば、ほとんどがZoomに対応しているので、特別な設定は何も必要なくすぐに使える場合がほとんどです。

 オンラインクラスは、自宅にいながらにして、先生の監督のもとに友達と一緒に勉強できるので、長く続けやすい学習形態です。
 また、オンラインクラスは、それぞれの家庭とつながっているので、保護者のそのときどきの質問や相談にもすぐに対応できます。

 この新しい学習機会を、ぜひ多くのみなさんが体験されるようおすすめします。

■オンラインクラスの案内と体験学習

 オンラインクラスの案内をご希望の方、又は、オンラインクラスの体験学習を希望される方は、下記のフォームからお申し込みいただくか、お電話でお申し込みください。

https://www.mori7.net/jform_pre.php?f=tkg2019zn

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20191008  
 オンラインクラスのいいところは、自宅からの参加なのでリラックスして勉強ができることです。
 おなかがすいたからと、おにぎりを食べながら参加する子もいます。
 途中でペットの猫を連れてくる子もいます。
 同じ姿勢で退屈すると、逆立ちしながら参加する子もいます。
 いずれも、これを読んで心当たりのある人がいると思います(笑)。



nane 20191008  
 オンラインクラスでも、振替授業が簡単にできるようにしました。
 生徒又は保護者がクラス一覧表を見て、生徒数が6名未満のところに振替連絡を入れるのです。


同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンラインスクール(0) 寺子屋オンライン(101) 

記事 3874番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/4
【合格速報】日本医科大学医学部
言葉の森事務局 みやざき 2019/10/07 17:15 
日本医科大学医学部 Y.Hさん

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合格情報(27) 
新着コメント1~3件
オンライン教育 森川林
 まえ先生、ありがとうございます。ああい 6/3
オンライン教育 まえ
朝オン、子供たちの力に驚かされることばか 6/2
言葉の森が考え 森川林
 コスモス先生、ありがとうございます。 6/1
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の4~33件目を表示
……先の30件
■「プロに聞く『子どもの作文力」劇的に上げる方法』」の記事 5月27日
■【重要連絡】6月以降の「朝のオンラインスクール」の学習について 5月18日
■【重要】Zoomのブレークアウトルームがビジー状態で使えない場合の対応 5月15日
■言葉の森が考える新しい教育の可能性 5月13日
■【至急重要】講師のZoomにパスワードが設定されていますが 5月11日
■朝のオンラインスクールが5月7日から始まります 5月6日
■鳥の村の資料室に、小1~中3、プレ受験作文の解説をいれました 5月5日
■創造発表祭(無料)、5月2日から6日まで連日開催 5月2日
■創造発表祭の参加お申し込みで、5月1日10:25以前にご送信いただいた方は再度ご送信お願いいたします 5月1日
■創造発表祭(無料)、連休中の5月2日~6日、連日開催 4月30日
■明日オン4/28で終了、4/29~5/1休み、5/2~5/6午後3時創造発表祭(無料)、5/7~新朝オン再開、その後休校解除後も午前中の朝オンは継続 4月28日
■オンライン創造発表祭(参加無料)、連休中5月2日~6日連日開催 4月23日
■一斉指導学習から個別確認学習へ――新しいオンライン学習の仕組み 4月18日
■学校や家庭で導入するパソコンは、現状ではクロームブックやiPadでないものを 4月17日
■新型コロナウイルスとこれからの社会の提案 4月15日
■明日のオンラインスクールで、平日20:00から保護者懇談室、20:30から講師懇談室を開きます 4月12日
■【重要】初めて明日オンに参加される方は、最初に初心者クラス(無料)にご参加ください 4月10日
■【重要】明日のオンラインスクールでの勉強の仕方【動画】 4月8日
■【至急】「明日オン」の4月6日(月)の登録又は取消は、お電話又は質問掲示板で 4月6日
■【至急】明日オンの19時以降の送信ができないままでしたm(_ _)m――直り次第ご連絡します 4月6日
■学校の休校対応、小1~中1の全教科の対話型学習「明日のオンラインスクール」受け付け開始 4月5日
■自主学習という勉強の仕方 4月4日
■新年度からのオンラインスクールを新方式で運営――オンライン講師説明相談会を開催 4月1日
■【重要】作文画像のアップロードの仕方の変更――やりやすくなりました 3月31日
■言葉の森の目指す教育改革と新しいオンライン学習 3月30日
■プログラミングや英語は手段。目的は…… 3月30日
■作文で親子の仲が悪くなるという話 3月29日
■本日3.29の朝日新聞1面下に「小学校最後の3年間」の本。発売即重版! 現在「家庭教育」部門第4位 3月29日
■4月からの森オンラインスクールは日中のクラスも開始――朝オン、春オンのクラスを統合 3月29日
■作文だけ×の評価になった子の話 3月28日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。