記事 3785番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/10/19 
個性の発見と創造が教育の第一目標となる時代
森川林 2019/07/12 06:52 

 これれまでの教育は、あるレベルの知識や技術をすべての人が等しく身につけることを目標として行われてきました。
 それはなぜかと言うと、これまでの工業時代には多くの働く人が必要で、その仕事をする人は、機械の部品のように正確に役割を果たさなければならなかったからです。

 しかし今、正確に役割を果たせるものは、人間から機械や人工知能に取って代わられています。
 与えられた仕事を正確にやり遂げることは、これからの人間には求められなくなっていくのです。

 では、何が人間に求められてくるかと言うと、それは世の中に何らかの新しいものを生み出すことです。
 つまり創造こそが人間のできる最も重要な役割となってくるのです。

 その創造のもとになるものは個性で、その人が自分の好きなものを追求していった先に、他の人のまだ発見していないものや作り上げていないものを、見つけ出したり作り出したりしたときに新しい創造が生まれます。

 その意味で創造のもとになる第一のものは個性で、その個性を生かす手段として学力や能力があるという関係になってきます。
 これまでの社会では、学力や能力第一で、そのあとの個性は本人の問題だから特に重視しないという考えで教育が行われてきました。
 これからの教育の目的は、個性の発見と個性の創造が第一で、そのあとに個性を生かす方法として学力や能力の育成があるという関係になってきます。

 その個性の発見と創造に結びつく教育のひとつが発表学習です。
 発表学習の中では、自分の個性を学問的に深め、創造的に発展させる発表が増えています。
 ほかの子供たちの発表を見て、自分も新しい個性に気づき、その個性を生かしてみんなの前で発表することでさらに学問的に深めていくというような循環が生まれています。

 この学習を、今後、幼児のころから行えるようにすることを考えています。
 幼児の段階での発表学習は、そのまま親子作文の題材としても活かせるので、作文プラス発表学習という形が、これからの幼児教育の一つの新しいスタイルになっていくと思います。
 そして、小学校に上がるようになると、ここに自主学習が加わっていくのです。

▽発表学習の授業から(小学4年生の発表木1800)
https://youtu.be/3Bg5L26FALw

 発表学習クラスの見学を希望される方は、曜日時間などをお電話でお問い合わせください。


言葉の森の企画
国語力がつく読解検定 10月無料受検キャンペーン実施中!

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
発表学習クラス(0) 

コメント欄

森川林 2019年7月12日 7時2分  
 発表学習のいいところは、うまく行ったことも、うまく行かなかったことも、どちらもいい発表になることです。
 それは、目的としているものが、正しい答えではなく、自分らしい問題の解き方だからです。
 その発表学習で個性を伸ばす一方、自主学習は正しい答えを出す勉強と割り切って能率のよい学習を進めていきます。
 そして、作文の学習で、その個性と学力を生かすための読解力と表現力を高めていくのです。


nane 2019年7月12日 7時2分  
 これまでの教育では、学力が先で、個性はおまけのようなものでした。
 正しい答えを出すのが先で、自分らしく考えるのは後回しだったのです。
 これからは違います。
 自分らしく考えることが第一で、正しい答えは後回しになります。
 そして、その方がずっと学力がつくようになるのです。


コメントフォーム
個性の発見と創造が教育の第一目標となる時代 森川林 20190712 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
いうえお (スパム投稿を防ぐために五十音表の「いうえお」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
公立中高一貫校 森川林
 公立中高一貫校の模試をオンラインで行い 11:49
国語の得意な子 nane
 フェイスブックグループが、いちばん使い 10:21
国語の得意な子 森川林
 「国語の得意な子になる丘」は、国語、読 10:15
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~3件目を表示
■社会人のための文章講座――社会人作文クラス 7月11日
■勉強の本来の姿は自主学習――家庭で学ぶからこそ能率がよい【動画あり】 7月10日
■小学校高学年や中学生の生徒が作文の課題をためない方法 7月9日
……前の3件
RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。